将来が不安

将来のキャリアに対する不安を感じる社会人が多いと聞いて

投稿日:2018年4月25日 更新日:

将来のキャリアに対する不安

「自分の会社に将来性があるのか分からない」

「派遣ばかりでしっかりとした職歴がないので将来が不安」

将来のキャリアに対する不安を持っている人が増えているようです。
漠然とした不安を抱えており、どう行動すれば良いのかが分からない人が多く、何年も悩み続ける人もいます。

悩み続ける人が多いようで「キャリアノイローゼ」という呼ばれる人たちもいるようです。

自分の将来について考えることも大事ですが、悩みすぎて体調を崩してしまうこともあります。
今回は、将来のキャリアに関わる不安とどう向き合っていくのが良いのか、考えてみました。

 

一番は給料の低さ

将来のキャリアの不安と言えば、金銭面で不安な方が多いです。

現在働いている会社の給料が低いことで悩むのはもちろん転職してキャリアアップを積みたいけど給料が下がる、などと金銭面で悩んでしまう人は少なくありません。

特に収入源を会社に依存している人が多い日本では、そう考えてしまうことも仕方のないことなのでしょう。年金もあてにできない世の中とも言えるため、自分の将来は働く仕事のキャリアで生活水準が決まると言っても過言ではありません。

 

どんな仕事が良いのかわからない

次に将来のキャリアに関する不安で多くを占めるのが「どんな仕事をするのが正解なのかわからない」という漠然とした不安です。

なにか明確な目標があれば、将来の目標も絞れてくるのですが、自分がやりたい仕事を見つけることができる人は多くありません。

「今働いている仕事は自分に向いてないのは分かっている、だけどどんな仕事が向いているのかが分からない」

特に若年層に多いキャリアの不安であり、転職するにも希望する仕事がないため、転職状況も厳しく、負のスパイラルにはまってしまいます。

どんな仕事が自分に向いているのか?
これが理解できた時にようやく本当の社会人生活が始まるのかもしれません。

 

周りと比べると低い給料に不安

「やりたい仕事の希望はない」という方は、周りの友達と自分の給料を比べてしまうことが多いです。

やりたいことをしている人にとって、仕事に重視するものは給料ではなくやりがいです。そのため、給料が低かろうが気にしない傾向があります。

しかし、やりがいのある仕事が見つけられない人は、他の仕事と比べる要素が給料や労働時間などしかありません。

そのため、自分の給料が低いと「仕事選びを間違ったのではないか」と不安になる方が多いです。

最近は老後に対する不安を抱えている人も多いため、老後に直結する給料に対する不安は収まることを知りません。

仕事を給料の高さだけで判別してしまう社会人も多いですが、人によって重視するものは違います。
あなたが仕事に何を重視したいのか、今一度考えてみると良いでしょう。

 

将来への不安は良い傾向

しかし、将来のキャリアの不安を抱えることは悪いことではなく、かえって良い傾向です。

将来の不安がない人生というのは一見楽しそうに見えますし、羨ましく感じることもあるでしょう。

ただ、いざ将来に直面した時に、考えている人と何も考えていない人では大きな差が生まれます

今、抱えている将来への不安と向き合うことで、今の自分に足りないものが見えてきますし、見えてきたら将来に向かって行動することも可能です。

不安を抱えすぎるのもよくないですが、ある程度不安と向き合ってあげることで将来のステップアップに繋がることはたくさんあります。

将来の不安というのは、漠然と考えているままでは何も解決しませんが「どうして不安に思っているのか?」を突き詰めて考えるだけでも将来への不安が解消する道筋が見えて来ることも多いです。

まずは試しに不安と向き合ってみることこそが、キャリアの不安解消の第一歩になるのかもしれません。

不安を打ち消す方法については別の記事で詳しく説明しています。
将来の不安を打ち消すために20代のうちにしておきたいこと

 

安易に転職を考えてはいけない

漠然と今のキャリアに不安を持っている人は転職をしようとする傾向がありますが、安易な気持ちで転職を試みると痛い目を見る可能性が高いです

転職は人を選びます。

確かに、転職の成功体験談も多いですが、転職に向いている人と向いてない人といるため、誰もが成功するとは限りません

「転職したら給料が上がって満足しています」

「転職したことによりストレスが減り、持病も落ち着きました」

転職は良い部分もあります。しかし、良い部分を得る代わりに何かを失うのが転職です。

転職して給料が上がる場合は、労働時間が長くなり、休暇も減るというデメリットがありますし、休暇が増えストレスがなくなった場合は給料が減るなどのデメリットがあります。

転職は今働いている仕事のすべての要素を全てプラスにすることができるほど甘い話はありません。

将来のキャリアで「何が欲しくて、何を我慢できるのか」を明確に決めていないと、適した転職先が決まらないことはもちろん、今よりひどい環境で働いていることは間違いないでしょう。

 

やりたいことをしている人は将来のキャリアに不安がない傾向

自分がやりたいことをやってお金をもらっている人は、将来のキャリアに対して不安を持っていない傾向があります。

仕事が趣味になる人は、働いている感覚があまりありませんので、今を楽しく、一生懸命に生きている人が多いです。
将来に不安を感じる余裕がないと言われるほど充実した毎日を過ごしている人も少なくありません。

「週に5日我慢して働いて、2日の休日のために生きる人生」でも良いですし「毎日やりたいことを仕事にして働き続ける人生」もあります。そもそも働き方は人の数ほどありますので、1つの会社に囚われた働き方を無理にする必要はないでしょう。
嫌な仕事だけど休日を目一杯楽しむために収入の高い仕事を選んでも良いですし、最低限の生活ができるほどの収入でやりたい仕事をしても良いのです。

生活の仕方に間違いなんてありません。

自分が将来、どんなライフスタイルを送りたいのかを考えてから、将来のキャリアについて考えるとあなたらしい将来の過ごし方が見つかるのかもしれません。

 

行動する前に考えてみよう

将来のキャリアの不安を漠然と抱えたまま行動していては、いつまで経っても事態は好転しません。

まずはあなたがキャリアのどこに不満を持っているのか?
その不満を解決するためには、どのような行動をしていけばよいのか?

しっかり考えて道筋を決めてから、行動を始めなければ、あなたのキャリアが迷子になってしまうのは必至です。

将来を考えてキャリアに不安がある方は、まず転職サイトへの無料登録をおすすめします。

転職サイトは無料で登録しておくだけで、転職に関する様々な情報を得ることが可能です。

すぐに転職することがなくても、事前に登録したおくだけで様々な情報が得られますので、すぐにキャリアを考えた選択ができます。

お金はまったくかかりませんし、損することはありません。まずは実際に転職サイトへ登録してみましょう。

最大手の転職サイト「リクナビNEXT」の公式サイトはこちら

-将来が不安

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 AllRights Reserved.