将来が不安

日本経済の将来に不安を感じるのはいつの時代も同じ

投稿日:2018年4月25日 更新日:

将来が不安な日本の経済から

「今はいいけど将来生きていけるの?」

「経済が傾いて仕事がなくなったらどうしよう...」

日本の経済状況は最近良くなってきたとニュースでは言われていますが、ほとんどの人は経済的に生活が豊かになったと思っている人は少ないでしょう。

日本の経済状況はまだまだ不安要素も多く、それに左右される私たちは将来の不安が募るばかりです。

 

不安があるのはいつも一緒?

確かに日本の経済は良くなってきつつあるものの、現状ではまだ経済的に安定している人はごく僅かでしょう。
今は安定していると思われる会社に就職しているとしても、日本の経済が傾いて、露頭に迷うことになる可能性は誰にでもあります。

しかし、国に任せて経済状況が好転することに期待していても、あなたの将来の経済的な不安が解消されることはありません。
バブルにでもならない限り、人はいつまでも経済的な将来の不安を抱えてしまうことは想像に容易いことです。

 

将来に不安を感じなかったのはバブルくらい

経済的に不安のなかった時代と言われる、バブル経済は1980年代後半から1990年代初頭までの間だけです。

お金を吐き出すように使っても、使う以上のお金が懐に集まっていた時代であり、何も困ることがない時代でした。多くの不安はお金があれば解決できることが多いと分かります。

しかし、バブル経済の頃のような経済的に豊かな生活ができることは今後ないと思っても良いでしょう。

残念ながら、多くの人はこのバブル経済に囚われています。

「いつか景気が良くなって、バブルと呼ばれる時代が来るはずだ」

このように期待している人が多いです。

将来に経済的な不安が唯一ないバブルの時代を夢見てしまうことは仕方のないことです。しかし、今後私達が生きている内にバブルのような経済的に豊かな時代が来ることはないと言っても過言ではないでしょう。
日本は先進国の中でも遅れを取っていますし、技術力で外国に勝っていた時代も終わりを迎えようとしています。

国に頼ることは期待できないため、自分の力で将来を切り開いていく気持ちが大切でしょう。

 

将来に不安のない経済は来ない

バブルのような経済状況が当分は来ないことを考えると、あなたの将来の経済的な不安の解消は難しいと予想できます。

程度の問題もありますが、お金に不自由しない生活を送るためには、自分の力でなんとかするしかありません。
今より待遇の良い仕事に転職したり、節約などのできる範囲で貯蓄をしておかないと、老後の生活ができないと焦っている方も増えてきています。

この先、老後の収入源とも言える年金も、30代の人はもらえないと危惧している人は多く、20代の社会人たちは寄付するような感覚で年金を収めている人も多いです。

今後の日本の経済状況に期待ができないため、あなたは経済的な不安を常に抱えながら生きていかなければいけないのかもしれません。

 

経済的な将来の不安

これから先、生きている限りは経済的な不安と常に向き合わなければいけません。

もし、将来的に子どもができた場合は、子どもの養育費だけでも約3,000万円はかかると言われています。
自分の老後の生活費にすら不安を覚えるにもかかわらず、結婚するとなると更なる経済的な不安がのしかかってくるでしょう。そのせいか、現在の日本は晩婚化が進んでいる実態もありますし、少子化にも繋がっています。

しかし、経済的に将来が不安だからと悩んでいても事態は好転しません。その不安と向き合って、あなたがこれからどうしていけば、経済的に不安のない生活が送れるようになるのかを考えることが重要です。

 

経済的に余裕のある生活は送れる?

結論から言いますと、経済的に余裕のある生活を送ることはできます。

昔の日本は、一度会社に入ってしまえば、給料だけで老後も暮らしていけましたが、今はそうではありません。
時代は変わっていきますので、時代の変化に合わせて生きていくことが重要です。

インターネットが普及し始めたことで、生活できるほどのお金を稼ぐ手段はどんどん増えています。
昔は会社勤めでしか、生活費を稼ぐことができませんでしたが、今ではパソコン1つで生計を立てている人も多いです。

副業OKな会社に勤めながら、収入源を複数に広げている人もいます。昔はどれだけ大きい会社に入るかで生活レベルが変わっていましたが、今では個人の努力次第で大手企業の会社員に負けない収入を勝ち取れる時代です。

クラウドソーシングなどパソコンの簡単な操作ができれば、お金を貰える仕事もあります。
生活している中で、少し余裕のある時間を捻出するだけでも収入源と言えるほどのお金を得ることも可能です。

何も会社の給料だけで生活する必要はありません。
あなたのの働き方次第で、贅沢はできないとしても、今よりワンランク上の生活は期待できるのではないでしょうか?

 

経済的に余裕のある生活を送るために

経済的に余裕のある生活を送るために、手っ取り早くできることは空いた時間を使って働くことです。

会社以外の収入源を増やしておけば、生活費に使えるお金が増えると言うメリットだけではなく、もし経済が傾いて、会社が上手くいかなかったとしても、収入源が複数あると安心です。

会社の給料のみに依存していると、いつか痛い目を見てしまう可能性があります。

最近の例で言うと電化製品系の企業がいい例です。
SONYやPanasonicなど日本は工業系でものすごく高いレベルの技術を持っており、将来が安泰だと思われていました。
しかし、現在では外国の技術力の向上に追いつかれつつあり、電化製品系の企業は軒並み危ない位置に立たされているのが現状です。

急な荒波で今の生活が崩れてしまうということは珍しいことではないのです。急な荒波を完全に避けるということは難しいですが、被害をある程度抑えるように行動することはできます。

収入口を増やしておけば、いざ何かあった時にリカバリーが効きやすいです。いきなり何かの事業に挑戦するというのはリスクが高いですが、万が一に備えて収入源となりえるもののノウハウを知識として貯めておくことはいつでもできます。

インターネットが便利な世の中になってきましたし、副収入を作る情報山ほど眠っています。
中にはゴミのような情報もありますが、意外と調べてみると有益な情報は多いものです。将来の経済的リスクを減らすためにも、なにかしらできそうなことから始めてみるのが良いかもしれません。

ただ、中には副収入を得るほど時間を作れない人もいるでしょう。今の仕事が忙しすぎると、職を変えるぐらいでしか現状を変えれないかもしれません。

そういった選択肢を見つけるためにも、将来に不安を感じる方は転職サイトの利用も考えておくと良いでしょう。

転職サイトは無料で利用できますし、登録しているだけで、転職に関する情報を定期的にゲットできます。

今すぐに転職する気がなくとも、今後いきなりその機会が来るかも知れません。

事前に少しずつ情報をためていた人と、いきなり転職を考える人とでは大きな差があります。将来のことを考えるなら転職サイトを利用しておくのがおすすめです。

最大手の転職サイト「リクナビNEXT」の公式サイトはこちら

-将来が不安

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 AllRights Reserved.