将来が不安

将来が不安なお金の悩みは解消できる?老後も考えるお金のプラン

投稿日:2018年4月25日 更新日:

将来が不安になるお金の悩み

国の調べによると、日本人の平均年収は約400万円です。
そこで、年収400万円以上もらっている人はお金に不安がないのかと言われたらそうではありません。

平均より2倍の年収800万円の人でもお金に対する不安を抱えています。

「今はお金に困ってないけど、退職後の将来が不安」

「家族が増えて、将来的にお金が足りなそうで不安」

など人によって様々なお金に関する将来の不安はあるでしょう。
今の日本人は、どんなことでお金に困っているのか調べてみました。

 

子どもの養育費

子供の養育費は、約3,000万円かかると言われています。
大学進学が当たり前の時代ですので、生まれてから大学を卒業するまでにかかるお金です。

夫婦二人で生活する分にはお金に困っていなかったものの、子どもが生まれると、共働きが難しくなります。ふとした時にお金が足りないことに気づき、将来を不安に思う家庭も多いです。

何かしらの収入口を増やせば良いのですが、子育てをしながらできる仕事がなかなか見つからず、お金に不自由な生活に我慢している人も少なくありません。

 

ローンの返済

よくあるローンと言えば、マイホームです。
少し前までは、マイホームを建ててこそ一人前の社会人という風潮もあり、少々無理してマイホームを建てた家庭も多いのではないでしょうか?

大体35年ローンが一般的かと思いますが、気づけば「ローン返済が終わる頃は定年後...」という家庭は少なくありません。

マイホームを建てた頃は、定年まで今の会社で働けると思っていたと思います。しかし、本当に定年まで働けるのかは分かりませんし、急な景気の変化でリストラというのもよくある話です。

特に2008年頃に起きたリーマンショックで、ローンが残っている中、リストラを余儀なくされた人もいます。

 

万が一の病気

病気は突然やってきます。
予防くらいはできるかもしれませんが、忙しい毎日でどれ程の効果がある病気の予防ができるのでしょうか?

健康的と思われる生活をしていても、急な病に倒れてしまう人も少なくありません。
だから多くの人は保険に入ります。「もし病気で倒れても保険に入ってるから大丈夫」と安心した顔で言う人もいますが、本当に大丈夫でしょうか?

保険についてしっかり理解できている上での考えなら良いのですが、保険によってはその場しのぎにしかならない量のお金しかもらえませんし、長い目で見た時に将来が今と変わらない生活ができているかどうかは分かりません。

 

老後の生活費

金融広報中央委員会によると、老後の生活を心配している世帯は8割を超えています

「年金がいくら貰えるのかも分からない」

「今の生活に必至で老後資金まで考えられない」

最近は年金問題もよく取り上げられていますが、いつもらえなくなるのかは本当に予測できないです。

老後を年金に頼る生活をする予定の方は、考え方を改めたほうが良いのかもしれません。年金に頼らずとも生活できる貯蓄や収入口を確保していかなければ、将来の生活は不安ばかりです。

さらには、自分のもらえる年金の額を把握していない人は注意が必要です。ただ漠然と「将来は年金があるから不安はないし、なんとかなるでしょ」と考えてくれる人もいますが、いくらもらえるかきちんと把握しておきましょう。

国民年金は満額払っても、将来的にもらえるのは月に7万円ほどです。7万円で生活ができるとは思えません。昔は持ち家が当たり前で、家賃がかからないことを考慮しても、7万円でギリギリ生活ができたかもしれませんが、最近は家を持つ人も少ないです。

 

もしものために貯金をする

将来の生活でお金に関する不安は尽きません。
定年までしか働かないと考えると貯金をしておくのも1つの手です。

毎日の生活を節制すれば、なんとか将来の老後は生活できるようになるのではないでしょうか?

外食を減らしたり、スーパーの特売に並んだりなどいろいろな方法があります。

 

将来使うお金は貯金だけでは足りない

しかし、貯金だけで将来を充分に生活できるだけのお金がある人はなかなかいません。

街を歩いていると、おじいちゃんおばあちゃんがよく散歩をしています。
好きで散歩をしているのであればいいのですが、中には生活できる分のお金しか無くて、お金のかかる趣味はできない方も多いです。
だからといってやることもないため、散歩をしているようです。

ちなみに人生で一番長い時間は老後だと言われています。

年数的には長い社会人生活は、仕事や家庭、育児などのやらなければいけないことがたくさんあって、毎日が忙しいでしょう。
しかし、老後の生活は仕事もなければ子どもの面倒を見る必要もありません。
忙しい時は時間の進みが早いですが、暇な時は時間の進みが遅く感じます。

そんな老後に貯金だけで満足した生活ができるでしょうか?
かなりの額を貯金しておけば大丈夫でしょうが、最低限の生活レベルでしか貯金を考えていない場合は、老後にどんな生活を送りたいか考えて、貯蓄を増やす必要がありそうです。

 

収入口を増やしておけば万が一でも食いつなげる

将来のお金に関する不安は、並大抵のことでは解消されません。不慮の事故で貯金がなくなることもありますし、予想以上にお金が足りないと言う事態が起きることもあるでしょう。

お金の不安を解消する方法といえば、もっと収入を増やせば良いのですが、今働いている会社の給料がいきなり上がるなんてことはなかなかありません。

他に収入口を作っておけば、総収入が増えることはもちろん、万が一退職しなければいけない事態になっても、別の収入口があれば、生活の手助けになります。

 

誰でもできる簡単な副業

会社の給料以外にもらうお金と言えば、副業があります。
副業と聞くと、なんだか怪しい雰囲気がありますが、現在では副業をしながら会社勤めしている人も少なくありません。

最近の若い世代は、将来に希望を見いだせない考えの方が多いため、会社の給料だけでは不安に思い、副業をしている人も多いです。

少し前までは、副業というと難しいレベルのものもありましたが、今ではインターネットが普及し、誰でも簡単にできる副業がたくさんあることをご存知でしょうか?

例えば、ただ指定された文章をコピペする単純作業のものもありますし、文章を作成する仕事もあります。

仕事場があるわけでもなく、家で仕事をすることが出来ますので、育児の片手間にする主婦層の方も多いです。

 

投資の勉強

よくお金を稼ぐ方法として騒がれるのが投資です。
株やFX、投資信託など様々な種類のものもあり、最近では仮想通貨やソーシャルレンディングなど投資の種類がかなり増えてきました。

投資は儲かる時はかなり儲かるのですが、株やFXなんかは特にゼロサムゲームですので、勝つ人がいれば必ず負ける人がいます。

株取引をしている投資家の中で損している人は8割だと言われており、勝つ人はかなり儲かるのですが、勝ちに行くのが難しいのが株取引です。

投資は確かに儲かるのですが、お金を儲けるためにはそれ相応の勉強が必要になります。
負債を抱えてしまう人も多いため、あまりおすすめはできませんが、収入口を増やす1つの方法だと言えるでしょう。

 

興味のあることから始める

収入を増やす方法は他にもたくさんあります。
ブログを書くだけでお金が貰える人もいるほどです。

調べてみると、お金の稼ぎ方は数え切れないほどあります。
株やFXもそうですし、クラウドソーシングやせどりなどたくさんありますので、それぞれ興味のあるものを調べて、できそうなものから挑戦してみてはいかがでしょうか?

中には資本がいらないものもありますし、これまで経験してきたことを活かせる働き方もあります。

このまま給料だけの収入で満足できない方は何かしら行動してみると、将来の不安が解消されるきっかけになるでしょう。

ただ現在やっている仕事の他に新しいことをするのも大変だと感じる人も多いでしょう。

「仕事以外に新しいことをやる暇がない!」というかたは、まず転職サイトを利用してみるようおすすめします。

転職サイトは無料で利用できますし、自分の今置かれている状況と、他の職場の状況を簡単に比較することが可能です。

また転職する気がなくても、他の仕事の情報を事前にキャッチしておくことで、今よりいい環境の職場へ転職するきっかけになるかもしれません。

意外と転職経験のない人は、自分が仕事に見合わない給料をもらっていることに気づいていないことが多いです。

転職サイトを利用するだけで、自分が損していないかどうか簡単にチェックできます。無料で出来ますので、まずはどんな転職先があるのか簡単にチェックしてみるのがおすすめです。

最大手の転職サイト「リクナビNEXT」の公式サイトはこちら

-将来が不安

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 AllRights Reserved.