将来が不安

将来が不安で手に付かないときはどうすればいいの?簡単にできる解決策

投稿日:2018年4月27日 更新日:

将来が不安で何も手に付かない理由

漠然とした将来の不安を抱えているせいで、何をやるにしても手に付かない時があります。

「10年後どうしているのかな…」

「もし仕事がだめになったらどうしよう」

「もしかしてこのままじゃ結婚できないのかな?」

このようにふんわりしたものの、大きい悩みって突然やってきます。そして思考が将来の不安でいっぱいになり、目の前の仕事や家事などのやるべきことに集中できないのです。集中できないと何をやるにしても手につきません。

将来が不安なだけならともかく、何も手に付かない生活が慢性的に続いてしまうと、日常生活にも支障をきたします。

今回は将来が不安で手に付かないとき、どうすれば何も手に付かない悩みや不安を解消できるのか説明していきましょう。

 

頭だけで考えても解決策は見えてこない

やるべきことが目の前に迫っているにも関わらず、何も手に付かないと将来が不安な気持ちだけでなく、焦りも出てきて、嫌な気分になります。

特に仕事をしなくてはいけない場面で何も手に付かない状況になってしまうと、ひどく焦ってしまいますし、気が気じゃない状態です。あなたも経験でわかると思いますが、何も手に付かない時はいくら頭で考えても、なかなか動くことができません。

何も手に付かない理由は将来の不安です。将来の不安はとても漠然としているため、不安な原因がはっきりと分かっておらず、頭で考えるだけではなかなか解決策が見えてきません。

そこで将来が不安で何も手に付かない時は紙とペンを使って解決策を見つけていくことをおすすめします。

 

紙とペンを使って将来の不安を書き出していく

頭で将来の不安について考えるより、紙に手書きで考えたことを書いていくほうが効果的です。もし何も手につかない時は、あなたが今抱えている将来の不安を紙に書き出してみましょう。

現在はインターネットが普及しており、ワードなどを使ってもいいのですが、ベストなのは紙とペンです。外国の研究でも脳を効率的に使うにはタイピングよりも手書きが良いという結果が出ています。作業面ではタイピングのほうが早く効率的ですが、考えを深めたい時は紙に書き出す方が良いです。

【参考例】
「これから生活していけるだけの収入があるか不安」
→「会社の給料低いし、やってられないよ」
→「会社の給料、どうにかして上がらないかな?」
→「仕事を頑張るか」
→「嫌だな」

まず紙にあなたが抱えている将来の不安を思いつく限り書いてみてください。思いついた気持ちをそのままストレートに書き出すことがポイントです。上の参考例のように、どんどん書きながら思いつくことを書いていきます。

そして、いつか手が止まると思います。そこで作業は終わりです。このようにただ書きなぐるだけで準備は整いました。あなたが抱えている将来の不安を解決するための方法はこの紙を見れば一目瞭然です。この紙の中に書いてある自分に足りないものを手に入れる方法を考えることで、あなたの不安を解消することができるのは間違いありません。

人間は自分に足りないものに対して負の感情を抱きます。

嫉妬は自分にないものを相手が持っていることで起きる感情ですし、悲しみや憎悪は自分が何かを失った時に出てくる感情です。これらと同じように不安という負の感情も自分に足りないものがあるからこそ出てくる感情と言えます。

ちなみに先程の参考例で言うと「会社の給料が低い」と「仕事を頑張りたくない」という負の感情が足りないものと言えるでしょう。

この2点を解決するための方法を考えれば後は簡単です。その見つけた方法に向けて行動していくことで将来の不安は小さくなっていきますので、次第に何も手に付かない悩みも消えていきます。

「会社の給料が低い」ということは、つまりお金があればいいのです。「お金を手に入れる方法」さえ見つけてしまえば、あなたの不安は小さくなります。
「仕事を頑張りたくない」ということは、今の仕事が嫌、もしくはちょっと休みたいだけなのかもしれません。

自分が本当にやってみたい仕事をしてみたり、少し休みが増える仕事に転職するなどいくらでも方法は見つかります。

 

手が付かない時は焦らずに状況を確認する

将来が不安で何も手に付かないときは、焦って答えを出そうとしてもなかなかいい方法が見つかりません。

しかし紙とペンを使って、冷静に自分と向き合うことで「今自分は何に不安を抱えているのか」「その不安を解決するためにはどうすればいいのか」の2つが簡単に見えてきます。

あとはあなたがこれだと思う解決策を見つけることができれば、行動することが可能です。人は何か目的のために行動することで一生懸命になります。特に自分の欲求を満たすための行動は一生懸命になりやすいです。人のため社会のためと考えているとなかなか手に付かないことも多いですが、自分が幸せになるために必要な方法が目の前にあるのに、実践しない人間はいません。

あなたが将来の不安を解消するためには、漠然と見えない不安を明確にして、その方法を確立させることが必要なのです。

紙とペンを使うことで「これから生活していけるだけの収入があるのかな?」という気持ちが「どうしたらお金を手に入れられるか?」という気持ちに変わります。それだけで行動してみようという気持ちになりませんか?

お金を手に入れられる方法を調べてみて、もしあなたにも月5万の収入が入るようになる方法を知ってしまったらどうなるのでしょうか?絶対に実践してみたくなります。

このように紙とペンを使って将来の不安を書き出していくことで、あなたに足りないもの、つまりあなたが欲しいものを明確にすることができれば自然と将来の不安を解決するように行動することができるようになるでしょう。

 

将来の不安は意外と単純

紙とペンを使うというだけで面倒臭がる人も多いです。確かに将来が不安で何も手につかない時はペンすら持ちたくなくなるでしょう。

しかし、紙とペンがあればやることは簡単です。ずっと頭で漠然と考え続けるだけじゃなく、紙とペンで頭の中を整理して考え直すだけで、意外と単純なものが原因で将来に不安をいだいていることが分かります。

遠回りのように思えて近道なやり方です。このやり方は私もよく自分を見つめ直す時に使います。

将来が不安になったときだけじゃなく、いろんな場面で自己分析できるので、一度試しにやってみるとよいでしょう。

 

やるべきことが見えてきたら手に付かない悩みは消える

人間が何も手に付かない時は、将来が不安でどうしたら良いかわからないためです。学生のテストで例えると、配点が20点の問題が解けていないのに、配点が1点の問題に集中できるわけがないのと同じと言えます。

紙とペンを使って、冷静に自己分析することができるので、これから何をすればいいのか見えてきます。テストでも解き方が分かれば後は簡単です。

あなたが今、将来が不安で手に付かないのであれば、まずは解決策を模索しましょう。解決策すなわちやるべきことが見えてきたら、不安は軽くなり、手に付かない悩みを消すのは可能です。

将来が不安で手に付かない悩みは紙とペンさえあれば簡単に解消できますので、一度試しにやってみることをおすすめします。

また現在の環境を変えたいのであれば、転職サイトを利用してみるのも良いでしょう。

何も手につかないほど追い詰められているというのは職場が原因かも知れません。転職サイトは無料で利用できますし、意外と今の待遇より良いところがたくさんみつかります。

今は転職する気がなくても、いざというときの備えであったり、あなた自身が現状を把握できたりなど、無料にしては得することがたくさんあるでしょう。

まずは無料登録してどんな転職先があるのかチェックしてみるのをおすすめします。

最大手の転職サイト「リクナビNEXT」の公式サイトはこちら

-将来が不安

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 AllRights Reserved.