将来が不安

将来が不安で気持ち悪い時はどうすればいいの?楽になる考え方

投稿日:2018年4月27日 更新日:

将来が不安で気持ち悪い時に考えること

将来が不安で気持ち悪い体験をしたことがある人は多いです。将来が不安になって頭痛がしたり、吐き気がしたりする経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

不安を抱くことは生きていて珍しいことではありません。生きていく上で誰しもが必ず壁にぶち当たります。その時に「体調を崩すほどではないけど、なんとなく気持ち悪い」経験を乗り越えて成長する人も少なくありません。

しかし、将来が不安で気持ち悪い状態が続くことは精神衛生上良くありませんし、できるだけ避けたいのは事実です。さらに気持ち悪い状態が一週間以上続いている方は危機感を持ったほうが良いかもしれません。

一週間も頭痛や吐き気を催している人は、なかなか不安を解消できていない証拠とも言えます。

今回は将来が不安で気持ち悪いことで悩んでいる方が不安を解消する方法を紹介していきましょう。

 

気持ち悪さを払拭するには不安を消す必要がある

今後ずっと頭痛や吐き気などの気持ち悪さがある場合は、将来の不安を消す必要があります。

できるだけ早く解消しないと、心まで病んでしまう危険性もあることは間違いありません。病院に行ってカウンセリングを受けることも視野に入れるべきです。

時間が解決してくれない将来の不安は、医師の力を借りるか、自分の力で解決するしかありません。なお医師の診断を受けてもなかなか解消しない人がいるように、それだけ放っておくとまずい状況だともいえます。

将来の不安から来る気持ち悪さを解消するには、原因である将来の不安を解消させることがベストです。

気分転換や休養も大事ですが、それが直接的に将来の不安を解消させてくれるわけではありません。あなたが健康な生活を贈りたいのであれば、何かしらの打開策を考える必要があります。

 

将来への不安を抱くことは悪いことじゃない

将来への不安は誰もが抱きたくないものだと考えているでしょう。

将来に不安があると夜も眠れないこともありますし、体調は悪くないはずなのに気持ち悪くなり、腹痛や頭痛、吐き気など体調に影響を及ぼすこともあります。

しかし、将来への不安はあなたを成長させる起爆剤になることもあります。

人間は不安を抱くと、その状態から脱却しようとする努力は通常の状態では出せないほどの大きな努力になる可能性が高いです。

例えばあなたが提出期限の迫ったレポートがあった時、締め切りが近づくとものすごい勢いで取り掛かることができた経験があるのではないでしょうか?提出期限が迫っているのに提出できない状態は、とても不安になります。「提出しなかったら怒られる...」これが短い先の将来の不安となり、あなたに火をつけて取り掛かれるのです。

このように人間は不安を糧にして大きくステップアップすることができます。しかし現状で将来の不安があるにも関わらず、何もできない人もいるのも事実です。

どうして何もできないのか、理由は簡単に説明できます。例えのケースと現状のケースには大きく違いがあるためです。

例えのケースでは「レポートを出せばいい」という不安を解決する手段が見えているのですが、現状のケースはどうすれば不安を解決しているのかが見えていません。

つまりあなたが今抱えている将来の不安を解消するためには「どうすれば」不安を解決できるのかを考えることが必要です。すなわち不安を解決する手段を見つけなければいけません

 

目指すべきゴールを明確にして行動する

将来の不安を解消するためには明確なゴールを立てることが必要です。

まずはあなたが何に対して将来を不安に思っているのか考えてみましょう。家庭や仕事、老後など様々な不安があると思いますが、ここでは老後について例えて考えてみましょう。

「老後に生活できるお金があるのか考えると気持ち悪くなるぐらい将来が不安...」

という方も多いと思います。最近は年金制度の破綻もよく言われていますし、最低でも年金受給額が減ることは間違いないとまで言われています。

この事実は、現在貯金できていない社会人をかなり不安にさせる事実です。将来のことを不安に感じる人も少なくないでしょう。

それではどのようなゴールを立てればこの不安は解消できるのでしょうか?
私が考える限りはお金しかありません。

老後に生活するお金があるかどうか不安だということは、お金が足りないことに不安を抱いているのと同じです。ということはどうにかして今より収入をアップさせて貯金に回す必要が出てきます。

この時点でもう明確なゴールは出ています。この例えの場合の明確なゴールは「収入をなんとかして上げる」ことです。

しかし一言で収入を上げると言ってもそれは簡単なことではありません。それと同時に「簡単なことではない」ということは不可能なことでもないのです。

かといって収入を上げる方法を漠然と考えているだけでは、そんな魅力的な方法は簡単に見つかりません。目の前の目標を達成したい時は、延々とうまい方法を考えるのではなく、その目の前の目標を達成するために小さな目標を設置することが大切です。

 

ゴールまでの道筋に小さな目標を置く

「収入を上げる」というのが大きな目標だとすると、小さな目標は「収入を上げるための手段の達成」になります。

例えば収入を上げる方法を考えてみると
・今の仕事を頑張って昇給を狙う
・仕事先に直談判して収入を上げるよう交渉する
・転職する
・副業を始める
など様々な方法があります。

しかし、この方法の中でどれが一番簡単に収入アップを狙えるかは分かりません。今の日本社会だと昇給を狙うことと仕事先に交渉するのは難しいことだと分かります。

つまり残る2つは転職か副業です。

大体の人はここで諦めます。転職や副業は難しいという先入観があるからです。転職や副業について何も知らなくても先入観があると諦めてしまいます。

ここで話を戻しますが「収入を上げる」という目標を達成するためには小さな目標を立てなければいけません。その小さな目標が「転職や副業について調べてみること」にあたります。

その目標を達成できれば、収入アップの糸口が見えてくる可能性は充分に高いです。糸口が見えてきたら次の目標が自然と見えてきます。その目標を上手く辿っていければ気づいたときにはあなたの収入が上がっているかもしれません。

つまりあなたが抱えている将来の不安を小さな目標に分けることで、取り掛かりやすくできる上に、不安に思っていた悩みを解消することができます。

レポートの提出期限の例えのときに前述しましたが、人間は不安を解消する手段が分かっていれば、勝手に体が動くように行動することが可能です。その手段を見つけるためには、目標を細かく分けて徐々に達成していくことが大切だと言えます。

それができれば将来の不安の解決に繋がり、将来が不安で気持ち悪い現状は、気づかないうちに解決していることは間違いありません。

 

気持ち悪いぐらい大きな不安は大きな成長の糧になる

気持ち悪いぐらい大きな不安は自分を大きく成長させてくれるチャンスです。

その不安が大きければ大きいほど、解決は難しくなりますが、解決できた時はかなりのスキルアップができていることは間違いありません。

将来の不安に押しつぶされてしまうのではなく、将来の不安を解消させようと行動することであなたは人として成長することができますし、何より人生から不安が1つ消えるというのは大きな収穫です。

不安を上手く利用することで、自分の成長に繋がるのは間違いありません。そのためにもまずはあなたの将来の不安を解決するゴールを明確にして、達成が難しそうであればゴールを細かく分けて、一生懸命取り組んでいくことをおすすめします。

気持ち悪い状態をプラスに考えて、行動してみましょう。

まず何をすればいいか迷っている場合は転職サイトの利用をおすすめします。

転職サイトは無料で利用できますし、様々な転職先の情報を知らせてくれるぶん、登録しているだけでも何かのきっかけになりやすいです。

転職する気がなくても、今の自分と世間の違いを感じることができるため、今を見つめ直すいいきっかけにもなります。

万が一の備えにもなりますし、無料登録しておいて損することはありません。

まずは大手の転職サイトへ無料登録しておくのが良いでしょう。

最大手の転職サイト「リクナビNEXT」の公式サイトはこちら

-将来が不安

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 AllRights Reserved.