将来が不安

将来が不安で消えたいと思ってしまっているあなたへ

投稿日:2018年4月27日 更新日:

将来が不安で消えたい気持ち

将来が不安になってしまう時は誰にでもあります。特に何をやっても上手くいかないことで将来が不安になってしまう人も多いのではないでしょうか?

仕事をしていてもできないことばかりで怒られていると「自分は必要ないんじゃないか?」と思い、消えたい気持ちになってしまう人は少なくありません。

このまま何もできないことで自分に自信を無くしてしまうことで「将来も同じような生活を送っているのかな?」と考えると不安で消えたい気持ちになるのも不思議ではないです。

今回は将来が不安で消えたいと思っているあなたに伝えたいことを思うがままに書いてみました。私も一時期将来が不安で消えてしまいたいと思っていたことがありましたので、その時のことを思い出しながら書き連ねていきます。

 

将来が不安で消えたいと思うのはどうして?

そもそも将来が不安で消えたいと思ってしまうのはどうしてなのでしょうか?

人によって悩みは違いますので、消えてしまいたい理由も変わってきます。しかし将来が不安で消えたいと考えてしまう人には一つ共通点があるのです。

「他人に必要とされないこと」

人間は一人では生きていけないと言われるように、集団で生活することで人生を過ごしています。私たちは日頃の生活でも常に他人に必要とされることで満足のできる生活ができているのです。

例えば子どもの時は本当に何もできませんが、親が愛してくれるだけで子どもの気持ちは満たされます。それは子どもが親に必要とされているからでしょう。親はあなたに利己的なことは望みません。親からすると子どもはいるだけで嬉しい存在です。その気持ちを自分では気づかぬ内に感じ取っている子どもは自分が必要とされていることを実感しています。つまり子どものうちは他人から必要とされている状態にあるのです。

もちろんそんな子どももいる中で、親の愛情を受けられない子どもも存在しています。その子どもたちは家族の他に自分を必要としてくれる人がいれば「消えたい」なんて思いません。友達であったり、知り合いであったり、自分を必要としてくれている人がいれば親の愛がなくても消えたいとまでは思いません。

また社会人になると多くの人は一人暮らしを始めます。一人暮らしを始めたばかりの社会人は「会社の世界」にしか身を置くことができません。そこで仕事に慣れないうちは叱られてばかりで、だんだん「自分は必要ないのではないか?」と感じるようになってしまいます。

「家庭の世界」にいるうちは何もしなくても自分の存在価値を認めることができますが「会社の世界」にのみ生活している状況の方は将来が不安で消えたいという気持ちになってしまいがちです。

人間は「他人に必要とされない限り生きていくのは難しい生き物」といっても過言ではありません。

 

何をしても上手くいかないことに嫌悪感

また何をしても上手くいかないときは自分に嫌悪感を抱いてしまいます。つらい気持ちは積もり積もってしまうと、それだけ将来の不安は大きくなります。

「こんな自分でもいいのか」「社会で満足に生活できない自分は必要ないんじゃないか」など考えている時に周りが上手くいっているのを見たら、なおさら不安は大きくなるでしょう。

「周りは出来るのに自分はできない」「なんで自分はうまくいかないんだ」と自己嫌悪に走ってしまう人も珍しくありません。できないことは誰にでもあるって言葉がありますし、実際にそうなのでしょう。しかし、他に突出した部分がある人はいいかもしれませんが、本当に自分が何もできないときはとても将来が不安になります。

「もうこのまま生きていても仕方がない」

消えたい、死にたいとさえ思ってしまうのは仕方ありません。できないことに対しての改善策も思い浮かばなければ、どうようもありませんし、打つ手がないと本当に消えたいとしか思うことしかできないです。

こんなに辛い思いをしていても楽になれないなら消えてしまったほうがマシだと考えてしまいます。

 

できないことは悪じゃない

将来が不安で消えたいと思っている人が、自分ができないことに対して嫌悪感を持ってしまう気持ちは分かります。しかしできないことは悪いことではありません。

確かにできないことができるようになればあなたを認めてくれる人も多くいますし、強く悩むこともないでしょう。できないことができるようになることで現状は回復するかもしれません。でも本当にできないことってあります。

人間は努力だけで何でも出来るわけではないです。持って生まれた才能がないとできないことって世の中には数多くあります。今あなたが何かできないことで将来を不安に思ってしまっているのなら、できないことを認めてあげると良いでしょう。できなくても良いんです

「他人事だからそんなこと言えるんだ」って思う方も多いかもしれませんが、私は実際にこれまでできないことから逃げてきています。将来が不安で消えたいと思ってしまうぐらい悩んでしまうのであれば距離を置くことは大切です。逃げることは悪いことではありません。今は頑張れなくても逃げた先で一生懸命頑張れば良いだけです。

日本人は目の前に壁があると何とかして登ろうとします。その壁を乗り越えれば、たしかに素晴らしい風景が見えるかもしれません。しかし壁って今あなたの目の前にあるものだけではないはずです。その壁から逃げた先に新しい壁にぶつかります。その壁は前の壁より登りやすいかもしれません。その壁を登りきったらまた別の素晴らしい風景を見ることはできます。

目の前に登れ無さそうな大きい壁があって何度も挑戦してそこで歩みを止めるのではなく、別の壁を探しに行きましょう。

今の環境を変えること新しい発見は必ずあります。ここで登れない壁に何度も挑戦して歩みを止めてしまうほうが大きなデメリットです。

 

消えたいと思うほどの将来の不安なら問題ない

将来が不安で消えたいと思っている方は「死んだほうが楽だ」と思っているかもしれません。何をやってもうまくいかないストレスが大きすぎて生きることに高いハードルを抱えてしまっています。

そんな時は思い切って今の環境を変えてみましょう。仕事がキツイのであれば、仕事を辞めてしまっても良いと思います。確かに給与面などで苦労してしまうこともあるかもしれません。

しかし生きていることにストレスを感じている今を過ごすよりはよっぽど有意義かと思います。惰性とかではなく本当に将来が不安で消えたいと思っている方は思い切って逃げましょう。

環境を変えてしまえば、新しい気持ちで頑張れます。少なくとも生きていることにストレスを感じることはありません

 

将来が不安で消えたいと思った時に

人は他人に認められることで初めて存在意義を見出します。今の環境を変えて新しい出会いを探しに行くのも一つの手ですが、それが難しい人もいるでしょう。その場合は、空いた時間に新しい門を叩いてみることをおすすめします。

あなたが行動すれば行動するだけ新しい出会いがありますし、何より興味のあることを見つけられると「消えたい」だなんて思っている暇はありません。私も今の仕事に出会えたからこそ、生きることのストレスから解放されました。今はまた別の壁にぶつかっていますが、以前に逃げてきた壁ほど険しい壁ではないと感じています。

将来が不安で消えたいのであれば、新しい場所や環境に身をおいてみてはいかがでしょうか?

新しい場所や環境を見つけるためにもおすすめなのが転職サイトです。

転職サイトに無料登録しておけば、興味のある転職先の情報や今まで知りえなかったら分野の転職情報まで知ることができます。

登録してみて、始めて自分の職場の待遇が悪かったことに気づく人も多く、最近は転職する人のほうが多くなっているくらいです。

転職サイトは完全無料で利用できますし、何かのきっかけ作りには最適なサービスと言えます。現状に不満がある方は試しに登録してみるのがおすすめです。

最大手の転職サイト「リクナビNEXT」の公式サイトはこちら

-将来が不安

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 AllRights Reserved.