将来が不安

将来の不安を考えると緊張してしまう時に考えてほしいこと

投稿日:2018年4月27日 更新日:

将来が不安になるほどの緊張は消える?

何か大きなことに事に挑戦する時は誰でも緊張します。例えばほとんどの人が経験する受験がそうです。「試験に落ちたらどうしよう...」や「試験に落ちたことを考えると将来が不安...」などと不安と緊張が入り混じる事はよくあります。

中には全く緊張しないタイプの人もいますが、どうしても緊張してしまい、不安になってしまう人は少なくありません。何か大きなことに挑戦する時に不安と緊張に苛まれてしまうのは仕方のないことです。

かといって近い将来の不安と緊張を消すのは並大抵のことではありません。消したくても消せないことで不安と緊張が増していく人もいます。

今回は将来が不安と緊張でいっぱいになってしまった時にどうすればよいのかまとめてみました。

 

新しい環境に飛び込むことへの緊張

新しい環境に飛び込んでいくのはとても勇気のいることですし、とても緊張します。

学生生活が終わった後の社会人1年目や結婚して子どもができたばかりの生活など、新しい生活に直面する度に緊張してしまうため、人間は生きていて不安と緊張が絶えない生活を送らなければいけないと言っても過言ではありません

しかし不安と緊張を抱えてしまうからといって、何も上手く行かないわけではありません。それ相応にあなたも努力しているからこそ、万が一の不安について考えてしまうわけですし、上手くいかないときのことを考えて緊張してしまいます。

確かにあなたがやるだけやって上手くいけば、それはとても意義のあることなのでしょう。しかし上手く行かなかったからといって、あなたの人生が一気に転落するわけでもありません。

「ここで上手く行かなければ死人が出てしまう」と考えるほど大きなことに挑戦しているわけではないと思います。「新しい生活でうまくやっていけるかな」や「一度でも失敗したらもう終わりなんじゃないか」といった内容で不安と緊張に苛まれている方がほとんどだと思います。

仮に新しい生活でうまくやっていけなかったり、失敗をしてしまうことがあってもこれからの人生が駄目になるわけではありません。最初は上手く行かなくてもその後で上手にやっていくことができるかもしれません。

確かに何にも失敗することのない人生であれば、周りからも認められ、僅かながら周りの一般人よりもリードした人生を歩めるかもしれないです。

しかし、失敗した人が負け組なのかと問われればそうではありません。周りよりも一歩リードしたところにいる人達は確かに価値があると思いますが、そうでない人たちに価値が無いのかと言われるとそうではないでしょう。

もしあなたが今目の前に大きな壁があって、将来が不安と緊張ばかりになっているのでしたら「失敗してもいい」という気持ちを持ってみてはいかがでしょうか

もし失敗しても別の道はありますし、その道にしかない価値はあります。新しいことに挑戦して失敗したことにより得られない価値はたしかにあるでしょう。ただ失敗せずに上手くいかなければ、価値がないと考えるのは極論過ぎるのではないでしょうか?

 

慣れてしまえば問題ないと分かっても緊張する...

新しい生活には緊張してしまいますし、慣れてしまえば問題ないと頭では分かっている方がほとんどだと思います。でも実際に慣れるまでは緊張はほぐれませんし、頭を切り替えるのは難しいです。

慣れてしまえば大丈夫とはいいますが、その慣れるまでの生活にも不安があります。「上手くやっていけるのか」を考えていたらキリがありませんし、考えれば考えるほど不安も大きくなり、ますます緊張してしまうことでしょう。

緊張してしまう人はどうしても緊張します。将来のことを考えれば考えるだけ不安になるだけですので「失敗しても良い」という気持ちを持つことをおすすめします。「失敗はできるだけしたくない」とほとんどの人が考えると思いますが、いくら悩んでも確実に成功できるわけではありません。失敗する時は失敗します。「上手くいったらいいな」ぐらいの軽い気持ちで過ごすほうが適度にリラックスできて返って良い結果につながることも多いです。

先のことは考えすぎずに、時には一歩引いた目で自分を見てみると良いでしょう。

 

将来が不安になってしまうほどの緊張は良いステップ

将来が不安になってしまうほどの緊張は精神的に良くないものに感じますが、緊張できるというのも一つの才能です。

緊張するということは「この事態をどうにかしなければいけない」という強い危機意識があるとも言えます。この気持ちの使いようによってはあなたが成長できるステップになると言っても間違いではありません。

人間は危機意識が強ければ強いほど、解決しなければいけないと考えて行動することができます。例えばレポートの提出などと同じです。レポートの提出1週間前にやるのと1日前にやるのとでは行動力に大きな差があります。

緊張すればするほど、自分を努力できる状態に持っていけますので、緊張感がないまま物事に取り組むよりも、緊張感を持って取り組んだほうが高い成果が出るのは明白です。

新しい生活が不安になるほど緊張してしまうのであれば、ただ悩むのではなく、どうすれば不安が解消されるのか解決策を考えてみましょう。ただ不安に思うだけでは前へは進めません。不安に思っていることを解決するために少しでも考えることができれば、考えた分だけ物事はうまくいきます。

緊張してしまうのはデメリットのように感じますが、使い方によってはメリットに変えることは可能です。

 

緊張で将来が不安になった時に考えること

どうしても緊張して将来の不安が拭えないという方は、失敗した後のことを考えてみると良いです。

もし上手く行かなかった時はどうすればよいのか、対策を立てておくと「失敗しても別の道がある」という風に考えることはできます。

もちろん失敗した後の暗い様子を妄想するのではなく「失敗してしまった時はどうすればリカバリーが効くのか」を考えることが大切です。このように常に最悪の状況を考えておけば、失敗してしまった時に慌てることはありません。

失敗したときの行動を考えておくことで自然と緊張も薄れていきます。「失敗しても大丈夫なんだ」と思えるだけで緊張は和らいでいきますので「どうすればうまくいくのか」と「失敗した時はどうすればよいか」の2点を考えておけば将来が不安になるほど緊張はしなくなるでしょう。

人間は先がどうなるか分からない不安から緊張してしまいます。そこで将来を悲観しても緊張は大きくなるばかりです。緊張を解消したいのであれば「成功するために出来ること」と「失敗したときの対応策」の2つを考えてみてください。先のことがイメージできるだけで将来への不安と緊張は薄くなっていくはずです。

 

将来にはいろんな選択肢がある

人間は大きな失敗を恐れます。しかし、失敗したら別の道で歩いていけばいいのです。何も正解は一つではありません。

山道は山道の楽しさがありますし、コンクリートの道路には道路の楽しさがあるのです。あなたにとって充実した将来は1通りだけではありませんので、もし失敗してしまった時は別の生き方を考えてみるのも良いのではないでしょうか?

また様々な選択肢を見つけるためにも、まずは転職サイトへの無料登録を済ませておくのもおすすめです。

転職サイトは完全無料で利用可能であり、登録しているだけで様々な転職先の情報を知ることができます。

転職する気がなくても、様々な転職先の情報を知ることがきっかけで新しい道が見えてくるかも知れません。お金もかからず登録するだけでなにかのきっかけになりえますので、将来が不安な方は登録しておくことをおすすめします。

最大手の転職サイト「リクナビNEXT」の公式サイトはこちら

-将来が不安

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 AllRights Reserved.