将来が不安

将来に不安しかないあなたがやってしまいがちな間違いとは?

投稿日:2018年4月28日 更新日:

将来に不安しかないとやってしまう間違い

漠然と将来に不安しかないと感じている人は多いです。お金のことはもちろん、交友関係や結婚などの生活に関する将来の不安は数え切れません。誰かしらなにか不安を抱えていることでしょう。

「今の仕事が辛い...ずっと続けたくない」

「職場の人間関係がギスギスしててもう嫌だ」

こんな不安を抱えていると、定年までの将来が不安しかなくなるのも当然です。人によって不安の種は様々ですが、いつまでも将来に不安しかない状況が続くと思わずやってしまう間違いがあります。

それは不安に思っている将来のことばかり考えてしまうことです。

将来は不確定要素が多いため、誰が考えても不安になってしまいます。将来について考えることは、打開策を見つけるためにも必要なことではありますが、考え過ぎはいけません。いくら考えても答えが出ない時はあります。

将来に不安しかない現状を解決するためにはどうしたらよいのかまとめてみました。

 

将来を考えると不安しかないこと

将来の不安しかない現状を解決するためには、まずあなたが抱えている不安がどんなものなのか冷静に分析してみることが大事です。

今がよく分かっていないのに、将来が分かるようになるはずがありません。「未来は今の連続」という言葉があるように「今」があなたの将来を作ります。

将来のことを考える前にあなたの現状をしっかり把握しましょう。

 

決めた進路が正しいのか将来が不安

一度決まった進路に対して、苦しい生活が待っているのではないかと不安しかないことがあります。

「本当にこの大学でよかったのかな?でも今更辞めれない...」

「なんとなく就職先を決めたけど、本当にここでうまくやっていけるの?新卒を逃したらもうブラックなところしか無いのかな...」

このように将来に不安しかない若者は多いです。進路は進んでみないと分からない部分も多く、いざ進路先に足を踏み入れるまで不安な気持ちは拭えないと不安を抱えながらも、半ば諦めの気持ちがある人もいます。

しかし本当にそのままでいいのでしょうか?

あなたが将来を左右する進路を決めて進むことに不安しかない気持ちは充分に分かりますが、今できることはあると思います。例えば就職先に不安があるのであれば、その就職先についてもっと調べることもできます。進学先に関しても同じことが言えるでしょう。

将来に不安しかないと思うだけでなく、その不安を解消するために今できることを考えるのが大切です。

 

仕事がうまくいくのか不安

「この仕事は成功するかな...失敗して上司に叱られたくないな...」

社会人は仕事をしていく内に、必ず失敗できない大きな仕事をする時が来ます。その時はとても不安になることでしょう。成功しなければ給料に響いてしまう人もいるかもしれません。

不安しかない状況はずっと続きます。しかしそのまま不安に思うだけでは、その仕事は成功しません。

将来に不安があることは良いことです。不安な気持ちがあるということは、今のままでは解決できない問題があるということが分かっている状態だと言えます。何か問題がある時はその解決に向かって動けば良いのです。成功するかどうか不安に思っている場合ではありません。

「どうしたらこの仕事は成功するのか?」これを問い続け、解決策を見つけていく姿勢が大切です。結局将来を不安に思ってても、物事は解決しません。その将来の不安が解決できるのは今のあなたしかいません。「この不安しかない状況から抜け出したい」と思うのであれば、今行動するしかないです。今あなたが何かしら解決に向かって動き出すことで、将来の不安は良い方向へ転じていくでしょう。逆に行動しなければ、いつまでも不安しかない状況が続きます。辛いかもしれませんが、今動き出すことが重要です。

 

将来生活できるほどのお金があるのか不安

多くの人が抱えている将来の不安といえば、お金です。

お金はいくらあっても足りません。最近は年金問題も多く取り上げられている分、将来に人並みの生活を送れているのかどうかすら不安に思ってしまう人も少なくありません。

多くの人が自分の将来について考えています。そこでこのままでは老後に生活ができないことに気づく場面も出てくるでしょう。子どもがいる場合は養育費などもかかり、老後の自分の生活を想像すると、将来に不安しかなくなります。

そこでずっと将来を想像して不安に思うのは簡単なのです。あなたは不安に思っている現状から、何かしらの行動をしているのでしょうか?

将来生活できるほどのお金が無さそうで不安しかないのであれば、今できることは、何とかしてお金を捻出することだと思います。

節約をしたり、副業をしたり、転職をしたりなどできることはたくさんあるでしょう。その中から選択して、今、行動に移さなければ、あなたが思っている不安しかない将来がそのままやってきてもおかしくありません。

 

将来に不安しかない人はもう少し今を見てみよう

将来に不安しかない人は、将来のことを考えるのではなく、今のあなたに何ができるのか考える事が大切です。

将来は考えているだけでは変わりません。ある程度、将来の見通しが立ったら、後は解決するために動いてみるしか無いのです。もしかしたらどう行動していいか分からない人もいるかもしれませんが、思いついた解決策に向かって、まずは動き出してみましょう。

人間は何かを経験することで多くのことを学びます。意外と何気ない所から不安しかない将来が晴れていくことも多いです。将来について考えているだけでは、絶対に不安しかない現状は変わりません。

将来に不安しかないのであれば、現状を見つめ直し、どう行動していけばよいかを考えましょう。

 

完璧な将来設計を立てる必要はない

将来に向かって行動することが大切であることが分かっても、道筋が見えずになかなか行動に踏み切れない人も多いです。

将来に不安しかない状況で、将来について考えすぎるのはあまりよくありません。考えすぎると更に不安が増していきますので「これやってみて成功したらこの悩み解決するんじゃ?」と思ったことに一生懸命取り組んで見ると良いでしょう。

新しいことをし始めるには、大きなエネルギーが必要です。そこで細かいことを考えてしまうと、いろんな壁が見つかってしまい、やる前から諦めてしまいがちになってしまいます。

不安しかない現状を変えるためには、とりあえず行動です。後の問題は行動した後に見つけて、その時考えれば良いのですから、後のことを考えすぎずに、まずは行動に移してみましょう。

「やっぱ違ったな」と思ったのなら、そこで辞めればよいのです。行動してみて違うということに気づけただけでも、不安な将来を変える一歩になっています。

 

今を頑張り続ければ、後悔しない将来になる

将来に不安しかないあなたは今を頑張り続けるしかありません。そのまま現状維持で不安な将来に到達してもよいのですが、どうせなら解決に向かって動いたほうが良いと思うのは私だけでしょうか?

現在、将来に不安しかない状況であるならば、それ以上悪い将来は来ません。あなたがどう動こうが、今よりひどい人生になることはないのですから、まずは何かに挑戦してみることをおすすめします。

挑戦が成功するにせよ失敗するにせよ、その挑戦は絶対に無駄にはなりません。そこで学んだことは次に必ず活きるのではないでしょうか?この「次に活かせる要素」をこれからどんどん蓄えていくことが不安しかない将来を打破する1つの方法とも言えます。

将来のことばかり考えすぎて、何も行動に移さないのは間違いです。不安というのはその状況があなたにとって問題である事が分かっているから起きる心の変化とも言えます。問題が発覚したのであれば、次に考えることは「いかに解決するか」です。

まずは今できることを見つけて、一生懸命取り組んでみましょう。

ただ今できることは簡単に見つかりません。

もしこれからどうしたら良いか分からない社会人の方は、まず転職サイトへ登録してみると良いでしょう。

転職する気がなくても、何かのきっかけ探しになるため、転職サイトを利用する人も多いです。転職サイトは無料で利用できますし、様々な転職情報について知れます。

何かのきっかけとなる機会を無料で得ることができますので、まずは無料登録しておくのはおすすめです。

最大手の転職サイト「リクナビNEXT」の公式サイトはこちら

-将来が不安

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 AllRights Reserved.