将来が不安

専門学校は大学に劣る?専門学生の将来の不安

投稿日:2018年4月24日 更新日:

将来が不安になる専門学校

専門学校に通っていると、将来が不安になる時があるでしょう。

「就職しても給料が低い...」

「大学に行っておくべきだったかな...」

「やりたいことが変わってきた...」

高校生の頃は将来の夢があり、不安を抱えること無く専門学校に入学を決めた人も多いです。

しかし、専門学校で学んで就活が近づく頃には「どこの企業を選べばよいのか分からない」「本当にこの企業でいいのか?」と将来に不安を覚えるようになります。

 

進路を真剣に考えずに専門学校に行く人は多い

高校生の頃は真剣に進路について考えて専門学校に行かれたのだと思います。

しかし実際にやりたいことだと思ってた職種に近づいてみると「イメージと違った」と後悔する専門学生も少なくありません
専門学校に入ったのにやりたいことじゃなかったことに気づいたときにはもう手遅れだと感じている方も多いのではないでしょうか?

今更、専門学校を辞めたところで高卒じゃ仕事もありません。

あなたが専門学校に進学する前に何も考えていなかったと言うわけではありませんが、高校生のうちにその職種についてもっと調べておけば、進学前に気づくことができたのかもしれないと感じている人も多いです。

高校生の頃は気づきませんが、学生の視野はとても狭く、見えるものも見えにくいため、専門学校に入って後悔してしまいます。

しかし、視野が狭いのは今も同じです。専門学校で学んでいることに興味がなくなったとしても、これから学習していくうちにまた好きになるかもしれませんし、今のうちに将来についてもう一度考えれば見えてくるものもあるかもしれません。

 

就職口は狭い

医療系や美容系、サービス系と多くの種類の専門学校がありますが、一度そこに入ってしまうと、就職口は決められてしまいます。

もともとやりたかった職種でそのまま将来に向かって突き進める覚悟がある方は専門学校が向いているのですが、とりあえず手に職つけたいと言う気持ちだけで入学する人も多いです。他にやりたい仕事を見つけてしまった時なんかは悩みます。

そのまま専門学校で学んだことを活かして就職するのか、別の道を選択するのか将来を決める大きな選択に悩まされます。

正直な話、やりたいことでもないことをそのまま一生の仕事にしてしまうことはおすすめできません。このまま仕事としてやっていけそうと感じて上手く仕事と付き合っていくのは良いですが、嫌々仕事をしてしまうのは精神的に悪いですし、そのまま離職してしまう可能性が高いです。

新卒社員の3人に1人は3年以内に離職していると言うデータもあります。離職の理由としては、仕事にやりがいがないことや職場の人間関係が悪いことなどが挙げられます。

今通っている専門学校の職種が本当に合いそうになければ、別の道を選択した方が良いのかもしれません。

 

大卒に比べると、給料で負ける?

大学生は専門学校と違い、就職の幅は広いため、なりたい職業が変わってもなんとかなります。

さらに、日本の学歴至上主義は年々薄れてきたものの、未だに学歴を重視する会社もあるため、給料の額の大きさは専門学生より大学生のほうが高くなりがちです。

しかし、今更になって専門学校に入学したことを後悔しても事態は好転しません。もし今の状況に不安や不満があるのでしたら何かしらの行動をすることで解決策が見えてくることは間違いないでしょう。

自己分析してみて、あなたが将来どんな仕事をしたいのかもう一度考えてみることをおすすめします。そこで答えが出たのであれば、その道に進むために、最悪専門学校を辞めても良いのです。大学に行かなければいけない仕事に就きたいのであれば、専門学校を辞めて大学に入学するという手もあります。

確かに勉強は大変かもしれませんが、この先数十年辛い思いをするよりもここ1,2年にきつい思いをしてチャレンジするほうが良い状況に転ずる可能性もあるでしょう。

ただし、専門学校を辞めるということはそれ相応のリスクがありますので「辞めてでも別の道に行きたい!」という気持ちがない限りは、おすすめしません。

 

専門学校で学んだことは大卒に勝てる要素

専門学校で学んだことはとても貴重な経験です。もし、あなたが将来の仕事にしたくない場合でも、資格を持っているだけでつぶしが利くこともありますし、その経験を別の仕事に活かせることだってあります。

大学生は真面目に勉強している人もいれば、遊んでばかりの何も学んでいない大学生も多いです。そのような大学生に比べると、個人のスキルを磨けているあなたのほうがよっぽど社会からは必要とされています。

現に大学生活でしっかり学んでこなかった人は、すぐ離職してしまったり、卒業後フリーターで生計を立てている人もいるのは事実です。

専門学校で学んだことは決して無駄にはなりませんので、ゆくゆくはその資格を使った仕事に就かなくとも、卒業はしておくといいかもしれません。

専門学校卒業後に新しくできたやりたいことにチャレンジする人も多いですので、専門学校で学んだ時間を経験として、新しい場所に挑戦する道が一番無難な選択になるのではないでしょうか?

 

やりたくない仕事を無理にやるリスクは大きい

やりたくない仕事は無理にやらないほうがいいです。新卒者の離職率を見ても分かるように、やりたくない仕事をしても数十年我慢できずに離職してしまっては、数年働いた時間がもったいないと感じます。

もし将来に不安を抱いているのであればノートに書き出してみましょう。ノートに書いて視覚的に将来の不安材料を見ているだけで解決策が思い浮かぶこともあります。

不安に押し潰されている将来よりも、笑って仕事ができる将来を送れるように今の若い内によく悩んでおきましょう

 

本当にやりたいことを見つけよう

本当にやりたいことや可能性のあることを見つけたら積極的に挑戦していくことをおすすめします。真剣に取り組んだからこそ見えてくるものもありますし、将来のことを常にあれこれ考えるよりも今を一生懸命生きたほうがよっぽど充実します。

給料だけでは人生は充実しませんし、もちろん仕事のやりがいだけでも人生を充実させることはできません。

あなたが「この道なら一生懸命頑張れそうかも」と思える道を見つけて、今を一生懸命生きればお金や世間体に囚われない人生を送ることができるでしょう。

ただあなたが満足できる人生の道を簡単に見つけることはできません。

自分が何に対して後悔なく頑張れるのかを知るには、様々な情報を知ることが大切です。最近は無料で仕事に関する情報を知ることのできるサービスがあります

利用するぶんにはまったくお金がかかりませんし、仕事に関する情報を知ることが可能です。

意外とスマホに来たメールがきっかけであなたの天職が見つかることもあるかもしれません。

あなたがどんな将来を生きていくかは、事前にどれだけ情報を仕入れられるかによります。転職サイトを利用して、将来に関する情報を仕入れる態勢を作っておきましょう

最大手の転職サイト「リクナビNEXT」の公式サイトはこちら

-将来が不安

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 AllRights Reserved.