転職サイト

将来の不安を漠然と感じるのはどうして?考えておきたい3つのポイント

投稿日:2018年4月28日 更新日:

将来の不安を漠然と感じるのは1つのサイン

将来の不安を漠然と考えてしまうことは人間なら誰しもあります。

「この先自分はどうなっているんだろう...」

「職場の人間関係に不安しかまい...」

また将来を不安に考えすぎていると、最初は漠然としたものだったにも関わらず、どうしようもないくらい大きな不安に悩まされてしまうことも珍しくありません。

将来に漠然とした不安を抱えたときというのは1つのサインです。あなたが漠然とした不安を抱えた時に、必ず根底に思っているのが「これで本当にいいのかな?」という疑問だと思います。

最初は疑問程度だった漠然とした気持ちも、放っておくとだんだん悪化し、大きな不安に変わってしまうのです。

もしあなたが将来に漠然とした不安を抱えた時は、一度振り返ってみることが大切です。「本当ににこのままで良いのか?」で終わらせずに「自分はその不安に対して何が出来るのか」を考えてみましょう。

もし答えが出なくても、問題が直面した時に見逃さずに、解決策を練ることが出来るスキルは、今後のどの場面においても役立ちます。

ずっと今のままの状態で人生を過ごしていくのもゆったりしていて良いかもしれませんが、時にはステップアップの意味も含めて、真剣に考えてみると良いのではないでしょうか?

 

将来の不安を漠然と考える4つの理由

将来の不安を漠然と考えてしまうのには主に4つの理由があります。きっとあなたは漠然とした不安を抱えたことがない人生を歩んできてはいないはずです。

人間は誰しも漠然とした不安は抱えています。その不安とどのように向き合っていくのかが大切です。その漠然とした不安と向き合っていくためにも、まずは自分がどんな不安を抱えているのか、一度考え直してみましょう。

 

仕事に漠然とした不安がある

仕事に不安がある社会人はかなり多く、そのことが原因でストレスが溜まってしまう人も少なくありません。

日本の社会人はストレス社会をいかに生き抜くかがキーポイントとも言われるほどです。

「この仕事で定年まで働いていけるのかな?」

「給料が低すぎて、将来に希望もない...」

「やりがいを感じれない仕事をこれから先続けていけるのだろうか?」

「このままフリーターで大丈夫なの?」

「ニートはもう社会復帰は無理なのかな...」

このように様々な不安を多くの社会人が感じています。この時に「本当にこのままで良いのか?」を突き詰めて考えてみましょう。

「本当にこのままで良いのか?」⇒「ダメ」

これだけじゃもちろんいけません。次にどうして「ダメ」なのか考えてみてください。

例えば
「本当にフリーターのままでいいの?」
⇒「ダメ」
(どうして?)
⇒「将来に貯金ができないから」
(どうして?)
⇒「収入が少ないし、福利厚生もないから」

このように出てきた答えに「どうして?」と問いかけていきましょう。すると、どんどんあなたの漠然とした不安が、見える化します。不安の原因が見えてくると、解決策も出やすくなるはずです。

「本当にフリーターのままでいいの?」のままであれば「フリーターのままじゃダメ」という答えしか浮かんできませんが「収入が少ない」という原因が掴めると、出てくる答えも深みを帯びてきます。

収入が少なければ、お金を稼げば良いわけですから、今アルバイトで働いている他の手段を考えればいいのです。世の中には会社に勤めるだけがお金を稼ぐ選択肢ではありません。少し前に株主優待だけで暮らしている人がテレビでよく取り上げられていたように、お金の作り方は無限にあります。

それを見つければ良いのです。今の時代はインターネットで調べれば、会社勤めでお金を稼ぐ以外の生計の建て方がたくさんあります。その気になれば、その道で食べていくことも不可能ではありません。会社勤めが難しい状況ならば、他の手段でお金を稼げばよいのですから。

 

人間関係の漠然とした不安

仕事の次に多いとも言われるのが、人間関係による漠然とした不安です。

「あの言葉は言っちゃいけなかったかな?」

「どうも上司と折が合わない」

「今後もこの人と一生付き合っていけるのかな?」

このような漠然とした気持ちが原因で、将来を不安に思っている人も少なくありません。

ここでも先ほどと同じように突き詰めて考えてみましょう。

「今後もこの人と一生付き合っていけるかな?」
⇒「できそう」
⇒「相手が嫌なことをしなければいい」
⇒「作業中に声をかけると不機嫌になるから、こちらがタイミングを見よう」

あくまで一例ですが、どうして?と自分の答えに問い続けることで何かしら答えは見えてくるはずです。

ぜひ一度試しにやってみてください。ちょっとしたことで解決してしまって「なんであんなことで不安になってたんだろ?」と笑ってしまうくらいにはなれるかもしれません。

 

精神疾患に罹っている

何も考えたくない、動きたくもない。と考えてしまっている人は疲れすぎて、精神疾患に罹ってしまっている場合もあります。

なんに対してもやる気が起きなかったり、小さなことで将来を不安に感じすぎてしまったりするなど、何か自分のことで違和感を感じた場合は、病院に行ってみましょう。

「こんなことで病院?」と思ってしまうかもしれませんが、病院は何も重い病気の人だけがいくところではありません。「可能性は低いかもしれないけど病院行こうかな」ぐらいの気持ちで病院は利用しても良いのです。

もし精神疾患で無かったとしても、医者に大丈夫と言われれば「もしかしたら...」と思う漠然とした不安も消えます。せっかくあなたの漠然とした不安を消してくれる人がいるのですから利用しない手はありません。

何といっても、病院に行かなかったために、重度の鬱病になる人もいます。ガンなどの身体的な病気と一緒で、精神疾患も早期発見が大切です。

 

生活習慣が崩れている

もしあなたが生活習慣の崩れた生活サイクルを送っているのであれば、まずはそこから改善しましょう。

人間は体が疲れてくると、消極的になり、将来に対しても漠然とした不安を抱きがちになってしまいます。

心が健康だと身体も健康になるように、身体が健康だと心も健康になると学術的にも言われているのは事実です。

生活習慣の乱れは良いことがありません。改善できる内にしっかりと改善していきましょう。

 

将来の不安を漠然と感じる時に考える3つのポイント

もしあなたが将来に不安を漠然と考えてしまっているのであれば、これから紹介する3つのポイントを考えてみてください。将来の漠然とした不安は考え方1つで解消することもあります。

 

不安の8割は実際に起こらない

人間は多くのことを不安に思う生き物です。

「もしかしたら...」と考えてしまうと、どんどん不安が膨れ上がってくることだと思います。

しかし実際にその不安が来る可能性はほとんどありません。不安の8割は実際に起こらないと言われています。

人間は不安になると、どうにかしてその不安を解消しようと行動するため、結果的には実際に起こらない不安が多いのです。

もしあなたが漠然とした将来の不安を抱えているのなら、いっそ開き直ってみるのも良いかもしれません。

 

立ち止まらずに進んでいるかどうか

しかし不安に思うからこそ、行動してすることによって不安は起きなくなります。

あまりに楽観的すぎると、何も行動せずに、そのまま不安通りの将来になってしまうのもよくありません。

そのためにも、もしあなたが将来の不安を漠然と考えてしまった時は「不安を解決するために、今立ち止まらずに進めているか?」を考えてみましょう。

確実に前に進めているのであれば、そのままでも大丈夫なことが多いです。しかし「何も対策してない...」と思ってしまったのであれば、何かしら行動しましょう。

どう行動すればよいか分からないのであれば、前述したように「どうして?」を繰り返すことで、きっと今何をすればよいか見えてくるはずです。

将来の漠然とした不安は、なかなか今すぐ消し去ることはできませんが、そこに向かって、今進めているのであることを実感すると、漠然とした不安も小さくなります。

 

人生でやりたい事を見つけているかどうか

将来に漠然とした不安を抱えている人はこれが足りない人が多いです。

何か今、人生でやりたい事を1つでもできているのでしょうか?

今が仕事や家庭などの私生活が苦しくても、何か1つ人生の中でやりたいことを見つけられている人は、漠然とした不安を抱えていてもあまり問題になりません。

漠然とした不安がありつつも、本当にやりたい事ができている人生ほど充実した一生はないです。

一番まずいのは「何かやりたいことがあるわけではなく、ただ自然に身を任せて毎日を生きること」ではないでしょうか?

ただでさえ日本は、我慢やストレスを強いられる生活です。人生の目標がないと、本当に辛くなった時に、何のために生きているのか分からなくなります。

今すぐには難しくても、何かしらやりたい事を見つける努力はしておいたほうが良いでしょう。

 

将来の不安は上手く付き合っていくことでプラスになる

将来の不安は大きくなってしまうと、精神的にもよくありませんが、適度な不安はあなたを成長させてくれることも多いです。

不安があれば、その不安を解消するために行動しようとします。大きすぎる不安だと何をすればよいか分からずに、行動する前に諦めてしまいますが「何をすれば良いか」が分かっていれば、あなたも行動できないことはありません。

今回は漠然とした将来の不安に対する付き合い方をご紹介しました。

・将来の不安の原因を突き詰めて考える
・自分が不安の解消に向けて動いているか確認する
・人生でやりたいことを見つける

この3つのポイントを抑えるだけでも、あなたの漠然とした将来の不安はやわらぐ、もしくは解消されるはずです。

将来の不安はあなたが行動しなければ変わりません。何かできることから始めていきましょう。

ただ何をすればよいのか分からない社会人の方は、まず転職サイトへ登録しておくのをおすすめします。

今すぐ転職する気がなくても、何かやりたいことを見つけるきっかけにもなりえるでしょう。登録から利用まで全て無料で利用できますし、早めに登録しておいたほうが良いです。

最大手の転職サイト「リクナビNEXT」の公式サイトはこちら

-転職サイト

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 AllRights Reserved.