将来が不安

将来の不安を考えないようにするためには?考えるだけ無駄な将来

投稿日:2018年4月28日 更新日:

将来の不安を考えないようにするには?

人によって将来の不安は様々です。就職や結婚、老後など先のことに対して不安を感じています。

将来の不安は考えたくなくても考えてしまう時は多く、将来の不安を考えないようにしたいと思う人も多いでしょう。

ただ残念ながら将来の不安を考えないようにする方法はありません。

それは人間が生き物として持っている生存本能によって、将来を不安に思うように出来ているからです。例えば大地震が起こる前は犬や猫が激しく鳴いたり、鳥が大群で飛び回っているという話もご存知だと思います。

人間は動物のようにすぐ先のことを察知することは難しいですが、本能的に数年後や数十年後の将来について考えて、危機を回避するように動こうとします。

その危機を回避するために将来を不安に思うのです。将来を不安に考えることで体が危機を回避させようとするのでしょう。

ただ将来の危機に気づくという面では不安に思うことも良いのですが、不安ばかり考えていると、現在の生活にも支障をきたしてしまいます。将来の不安は良いことばかりではなく、不安に思うことでかえって悪影響を及ぼすことも少なくありません。

そこで今回は将来の不安と上手く付き合い、あまり考えないですむようにするためにはどうすればよいのかをまとめてみました。

 

将来の不安は考える必要がない妄想ばかり

将来の不安は様々なものがありますが、ほとんどは考える必要がないものばかりです。

例えば、老後は人並みに生活できるのかどうかという不安はあまり考える必要がないものと言えるでしょう。

老後と言えば数十年後の先の話です。私たちが老後に人並な生活がおくれるかどうかは個人の力だけではどうしようもありません。年金問題などで将来を不安に思う人も増えていますが、実際のところどうなるかは分からないのです。

確かに年金の受給額が減ってしまった場合は、将来があまり明るくないものになってしまうため、何かしらの対策をとっておく必要はあるでしょう。

ただ老後を完璧に過ごすプランというものは存在しません。と言うのも老後に国でどういう施策が行われているのか予測できないのです。

もしかしたら年金以外に高齢者を助ける施策が出るかもしれませんし、思っているほど暗い将来ではないのかもしれません。

老後に不安がある方は、ある程度の対策を打っておいて「これでダメなら周りのみんなもダメになってる」「やれるだけのことはやった」と思うことが大切です。

完璧な老後プランを求めすぎると、いつまでも手の届かない物を追っているのと同じで、将来の不安は尽きません。

生きていて何か不安に思うことがあれば、何かしらの手だけは打っておいて後は諦めるぐらいの気持ちで充分です。

 

将来の不安との付き合い方

ただ将来の不安に対して何の対策も打てないとなると、将来の不安を考えないようにすることはできません。将来の不安は、言わばあなたの本能が訴えかけている危険信号ですので、何かしらの対策を打たなければ一生消えないのです。

そこで今回は将来の不安に対してある程度の対策を打ち、考えないようにするための簡単な方法をまとめてみました。

 

将来の不安要素を見つける

将来の不安に対して何か対策を打つためには、まず「自分が何に対して不安を持っているのか」を明確にする必要があります。

例えば「老後が不安だな...」とだけ思うのではなく、なぜ老後が不安なのか、老後に何が足りないから不安なのかを考えてみましょう。

将来が不安になるということは、このまま過ごしていては足りないものがあるということです。

老後が不安な人はほとんどが「お金」に対する不安が多いでしょう。といううことはお金を用意することで、将来の不安に対策をとることになります。つまりお金を得る方法を知ればよいわけです。今ではインターネットを使えば副業で出来るビジネスはたくさんあります。資産運用も活発的ですし、どうにか対策を打とうと思えば打てるはずです。

それではもしこれが仕事面だったらどうでしょう。これも同じです。

「この仕事続けたくないな」と思うのはどうしてでしょうか?人によって理由は様々だと思います。

「労働時間が長い」「給料が低い」「やりがいがない」など様々な原因が見つかるはずです。

それではその原因を解消するためにはどうすればよいか考えればよいでしょう。最近は転職も盛んですので、自分の希望を満たす職業に転職するというのも考えてみてはいかがでしょうか?

もし転職するほどの決心がないというのであれば、転職する気がなくても、転職先に付いて調べることはできます。「自分がもし転職するのであればどこに転職できるんだろう?」と考えるのであれば、転職エージェントと相談してみるのも良いです。実際に転職の現状を知って「今のほうが自分にとっては高待遇だな」とでも気づくことができれば、将来の不安を考えないですみます。

将来の不安は体からの「行動しろ」というサインですので、何に不安を持っているのかを特定して、何かしらの行動をしてみると良いでしょう。

「実際に改善しようと動いた」という事実だけでも将来の不安は緩和されます。

 

将来の不安を踏み台として考える

将来の不安は考えれば考えるだけ不安が増しますので、考えたくないという気持ちになってしまいます。

しかし「物は考えよう」という言葉もあるように、将来の不安をプラスに変えていくことも可能です。

確かに将来の不安が訪れてしまうことを考えると、嫌な気持ちになってしまいますが、人間は不安を糧に努力することもできます

将来に何も不安がなければ、スキルアップする必要性も感じられずに、成長しないまま年齢を重ねるでしょう。

ただ将来の不安があることで「やりたくないけどやらないと!」という気持ちになることができるのです。

例えば老後にお金が必要で、資産運用をすれば良いという答えが出てきても、資産運用は難しいため、なかなか取り組めません。株やFX、投資信託、ソーシャルレンディング、仮想通貨など様々な資産運用の仕方がありますが、調べるだけでも億劫ですし、調べてもわからないことがたくさんある業界です。

ただそこで不安がなければ「別に困ってないし、必要ない」と知識を得ることに対して諦めてしまいますが、将来に不安があるおかげで「何としてでも資産運用のノウハウを掴む!」と自分の成長に繋げることができます。

不安があるということは自分が成長するために、起爆剤とも成り得るのです。そう考えると不安がないのも問題だということが分かります。

不安に怯え続けるのではなく、不安があるからこそ大きく成長できると考えられるようになれば、将来の不安を考えないというのが逆に問題だと感じれるようになるはずです。

せっかく将来に不安を感じたのですから、それを糧にスキルアップしてやるぐらいの気持ちで人生を過ごしてみましょう。

 

将来の不安を考えても何も良いことはない

将来の不安を全く考えないというのはよくありません。それではこの先に来てしまう嫌な未来に直面してしまうからです。

ただ同じように将来の不安を考えすぎるのも良くないでしょう。「この先どうなるんだ?好きなもの買えなくなるのかな?ひょっとするとホームレスになってしまうのかな?」と将来の不安から未来を予想しても何の意味もありません。

大切なのは将来を不安に感じた時に、今のあなたがどういう行動をとれるかです。

「ちょっとお金が足りないな...」⇒「それならこの方法でお金を作っていこう!」というぐらいすぐに前向きな気持ちに切り替えるようにしてみてはいかがでしょうか?

いざ何か行動を起こすとなれば、その目標を達成するために一生懸命行動しますので、将来の不安を考えている暇がなくなり、考えないで済みます。

将来の不安は考えすぎても何も良いことはありませんので、すぐに今のあなたができることをしていくようにしましょう。挑戦する気持ちが大切です。

 

人生なんとかなるくらいの気持ちが大切

今回は将来の不安を考えないで済む方法についてまとめてみました。

ただ最初のほうで述べたように将来はどうなるかも分かりません。本当にあなたが思っているような不安な将来になるのかは分からないのです。

「不安だな」⇒「これをやって不安を解消だ!」⇒「上手くいかない」

こうなっても、いざ不安に思っていた将来に直面したとき「どうしてあんなことで悩んでたんだろ」と思うこともよくあります。

ただ将来的にはそう思うだけで、今は不安が大きいでしょう。

結局のところ行動を起こすというのは、今の不安を解消するための行動に過ぎません。やるだけやってみて失敗してもあまり気落ちする必要はないです。

今は今のために、不安を糧に何かしら行動してみてください。そこで得た知識は必ずこの先役立ちます。

特にやりたいことが定まっていない場合は、まず転職サイトで情報を仕入れるようおすすめします。

転職サイトは完全無料で利用できますし、登録するだけで様々な転職先の情報を知ることが可能です。

様々な求人が載っていますので、自分がこれまで見たことのない仕事などを発見することも多く、今後の人生を左右するきっかけを見つけることも難しくありません。

無料で利用できるぶん、損することはありませんので、試しに転職サイトを利用してみると良いでしょう。

最大手の転職サイト「リクナビNEXT」の公式サイトはこちら

-将来が不安

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 AllRights Reserved.