将来が不安

将来の不安はなんとかなる?人生なんてその日暮らしぐらいで大丈夫?

投稿日:2018年4月28日 更新日:

その日暮らしでもなんとかなるものの将来が不安

将来が不安でたまらない時はどうしたらよいのでしょうか?

将来が不安なときの対処法は人によって様々です。思いっきり趣味に没頭して考えないようにしたり、不安を解消するために行動する人がいたりなどそれぞれの対処法があるでしょう。

そのような中で「将来に不安はあるけど、なんとかなるでしょ」と考える人もいます。

確かに近い将来仕事があるのかどうかを不安に思っていても、なんだかんだ新しい仕事が見つかったり、玉の輿になれたりなどなんとかなることも多いです。

ただ将来の不安がなんとかなる人がいれば、なんとかならない人もいることを忘れてはいけません

例えば、今定職についてなくても、フリーターとして生きていく自信があれば「今はなんとか生活できてるし、なんとかなるでしょ」と思うでしょう。

こういう人のほとんどは必ず数年後に失敗します。

将来がなんとかなる人は何かしらの保険を持っている人です。もし失業しても条件が悪い会社であれば再就職できるコネを持っていたり、もし老後の貯金が足りなくても、持ち家がある分細々とした生活はできたりなど万が一の備えを持っています。

ただそうでない人は注意が必要です。今の仕事がなくなったら本当に再就職が厳しい人や、賃貸暮らしが続いていてお金がなくなったら家すらなくなる人などは将来が不安でもなんとかなると考えていてはいけません。

もし将来の備えが全く無い上に、将来がなんとかなると思っているのであれば、その考えは今すぐ捨てるべきでしょう。

 

昔はその日暮らしでもなんとかなる時代だった

昔は将来のことを考えなくてもなんとかなる時代でした。

昔は家族の結びつきが強く、農業などの個人で仕事を持っていた家が多かったので、怠けない限り食いっぱぐれる事はありません。将来のことを考えなくても毎日を頑張っていれば、充分に生活できていたのです。

しかし経済が発達するにつれて、いろいろなことが便利になっていく内にほとんどの人が会社に帰属した生活を送るようになりました。

この時代が続くに連れて、個人業が減り、会社なしではお金を工面できない今の時代に突入したのです。

会社は家族ではありません。アットホームな会社という言葉もありますが、会社には用済みだと判断されれば一瞬で消されます。

今の時代はとことんリカバリーが効きにくい時代となっているため、とても生きづらく感じてしまう人も増えました。現に自殺者数が増えていたり、不登校やひきこもりが増えているのも、こういった社会の閉塞感によるものです。

このような時代になってしまったのもつい最近だと言えるでしょう。そのため将来はなんとかなるだろうと考えてしまいがちな人は要注意なのです。

努力しなければ本当になんとかならない時代はもう来ています。将来に不安を抱えているということは現在あなたに何かが足りないから、将来を不安に思ってしまうのです。

将来がなんとかならないケースを考えて、今のあなたに足りないもの、つまり不安を解消するためのプランを立てていく必要があります。

 

将来の不安に対するプランを立てなければいけない理由

なんとかならない将来の不安に対処するためには、まずプランが必要です。将来が不安になってしまう原因を見つけて、それを解消することが将来の不安を解消することに繋がります。

 

不測の事態に対応できない

ある程度の将来のプランを立てておかないと不測の事態が起きた時にどうしようもなくなってしまいます。

例えばある日突然会社を辞めないといけなくなった場合、その後はどうするのでしょうか?

ある程度プランを立てている人は次の再就職先のアテを見つけていたり、自分一人である程度の収入を得ることが出来る副業をしていたりしています。

再就職先や副業で成功するのは難しいかもしれませんが「もし今の仕事を辞めたらこんな仕事をしてみようかな」と考えておくのは大切です。これすら考えていないと、いざ辞めてしまった時に「これからどうすればよいの?」と右も左も分からない状態で放り出されてしまいます。

将来のプランは綿密であればあるほど良いかもしれませんが、軽く考えておくだけでも効果はあるでしょう。

 

数十年後の体は今のように動いてくれない

「毎日やれと言われることをやっとけばなんとかなるでしょ」と考えていると、暗い将来になってしまう可能性があります。

若いうちはバイタリティもあって良いかもしれませんが、だんだん年齢を重ねていくと若いときのように行動するのが難しくなるのです。

そもそも年齢を重ねると、体力的な差があるのはもちろん、これまで築き上げてきたものを手放すショックは大きいでしょう。

いざ新しいことに挑戦しようと思っても、若い頃ほど気力が不足しがちです。

今はその場しのぎでなんとか生活ができていても、年齢を重ねるとそれが段々難しくなります。そうならないためにもある程度の将来プランを立てておく必要があるのです。

 

将来の不安に対して何かに挑戦する

将来に不安があるのでしたら、その不安を解消するためにも何かに挑戦してみてはいかがでしょうか?

例えば今勤めている会社に不満があるのであれば、勤めながら転職先を探してみるなども良いですし、勤め先の会社が潰れそうであれば、別の収入源を作っておくことを目標に新しいことを始めてみるのも良いでしょう。

将来が不安だと何も考えたくなくて、なんとかなると思いたくもなりますが、将来の不安と向き合うことで新しい発見もあります。不安と上手く向き合って、何かに挑戦することができれば、今より良い環境になるかもしれません。

何か簡単なことでも実際に目標を持って行動するだけで、新しい道は見えてきます。その結果将来がなんとかなることもあるでしょう。

何も行動しなければ今と何も変わりません。今と変わらなければ将来が不安通りきてもおかしくないのです。人間は何かしら行動を起こして新しい価値観を作ることで環境も変わります。

まずは正解でなくても構いません。あなたがこれから何をするか決めて、予定を立てて行動してみましょう。

 

何かしら対策を打っておくだけで将来はなんとかなる

将来の不安が実際に実現すると考えると、それだけで不安になってしまいます。

しかし今のうちに何かしらの対策を打っておくだけで最低限のラインを守ることは出来るはずです。

もし将来にお金がないとしても、お金がないなりの生活の仕方を知っておくだけでも最低限の生活はできます。またお金がないなりの生活を知るのではなく、何かしらのプランを立てて、お金がない将来を変えることも出来るでしょう。

「将来の不安はなんとかなる」と考えずに、今よりも改善させるためにはどう行動すればよいのかを考えることが大切なのではないでしょうか?

将来を考えて行動するというのは簡単なことではないかもしれませんが、やればやるだけ価値のある行動だと思います。毎日同じ生活をするよりも生活にハリが出ますし、気づかぬうちに将来を好転させるヒントが見つかるかもしれません。

まずはあなたが抱えている将来の不安の原因を突き止めてみてください。その後、原因を解決するために自分に何が出来るのか、または何をしていきたいのかを考えて行動すると良いでしょう。

そこで行動することであなたの将来はなんとかなるものに変わるはずです。

自分に何ができるか考えた時に、まずやっておきたいのが転職サイトへの登録でしょう。

転職サイトに登録しておけば、さまざまな転職に関する情報を仕入れることができますし、今の待遇よりも高待遇な転職先が見つかるかも知れません。

転職サイトは完全無料で利用できますので、まずは探してみると良いでしょう。お金がかからないぶん、損することはありません。

何か新しいきっかけが見つかるかも知れませんので、早めに登録だけ済ませておいて、転職サイトを活用するようおすすめします。

最大手の転職サイト「リクナビNEXT」の公式サイトはこちら

-将来が不安

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 AllRights Reserved.