将来が不安

将来の不安は大丈夫なことが多い?できることをやっていれば大丈夫

投稿日:2018年4月28日 更新日:

将来の不安は大丈夫なことが多い

どんな人でも将来の不安を大なり小なり抱えています。

解消されない将来の不安を抱えながら毎日生活しており、時には「将来は大丈夫なのか?」と心配してしまう日もあるものです。

ただ多くの人が抱えている将来の不安は、いざ将来を迎えてみると大丈夫だったこともよくあります。例えば受験する時は合格しないといけない危機感が会ったものの、いざ落ちても人生そこまで悪いことばかりじゃないです。受験に失敗する人でも社会人になって成功する人はそれなりにたくさんいます。

しかしだからと言って、あなたが抱えている将来の不安が、すべて大丈夫なのかどうかは分かりません。

今回は大丈夫か分からない将来の不安に対してどう対処していけば、将来に不安がなくなり、状況が好転するのかをまとめてみました。

 

将来の不安が大丈夫なことの多い理由

前述したように将来の不安は大丈夫な事が多いです。もちろんこれは根拠がない慰めの意味で言っているわけではありません。

将来の不安は抱えている時は暗い気持ちになり、不安自体にマイナスイメージがあります。

しかし将来の不安はあなたの生活をプラスにしてくれることもあるのは事実です。つまり将来の不安が大丈夫なことが多い理由は主に2種類あります。

 

訪れない将来に不安を感じていることもある

不安な将来は必ずやってくるわけではありません。

人間は不確定な要素があると、生き物としての防衛本能が働き、不安を回避させようと身体に脳が働きかけると言うのはよく聞く話です。

人間は将来が悪い状況になるから不安になるのではなく、将来が明確に決まっていないから不安になります。つまり明確に見えていないだけですので、意外と将来は思っていた以上に悪いことがなく、大丈夫だったということも多いのです。

今あなたが抱えている将来の不安は本当に来るのでしょうか?

ほとんどの人は来るかどうか分からない不安に悩まされていると思います。貯金が今無いことで将来が不安になっていても、将来は真っ暗とは限りません。その日暮らしで生きていくことはおもったより悪くないかもしれませんし、何か大きな収入が入ってくることも可能性の1つとしてはありえるのです。

もしかしたら外国では実験導入されているベーシックインカム制度が日本でも行われるかもしれません。国が生活費として定期的にお金をくれれば貯金がなくても生活できます。

将来や未来には常に不覚的要素がついてまわっているため、今後どうなるかは分かりません。

どうなるか分からない将来に不安を感じ続けて、今が苦しい状況になっているのは少し馬鹿らしいとも言えます。

 

不安を解消するために頑張れる

人間は切羽詰った時に、ようやく本気が垣間見れます。

誰もが経験したことのある事例で言えば、学生時代の夏休みの宿題です。前もって計画を立てて宿題をする人には関係がなかったかもしれませんが、夏休み最終日で一気に宿題を片付ける人も珍しくありませんでした。

おそらくその夏休み最終日でが頑張った労力というのはいつでも出せるものではありません。窮地に立たされたからこそできたことだと言えます。

これは将来の不安に関しても似たようなことが言えるのです。

将来に不安を感じているということは、心の何処かで「なんとかしなければいけない」と焦っている状態のため、何か行動するための原動力としては非常に強力なものだと言えます。

もしあなたが将来を不安に思っていなければ、そのままの状態で今後も暮らしていくでしょう。現状に何も不自由がなければ、人は動きません。

しかし現状のままでは将来が不安で「どうにかしないと...」と考えている人は今の生活の改善を自然と目指します。将来の不安は今のあなたの生活を改善させる起爆剤となり得るのです。

将来の不安を抱えるのは辛いかもしれませんし、将来に不安が無さそうな人を見ると羨ましく思うかもしれません。しかし人として成長できるのは間違いなく、将来に不安を感じている人です。

将来の不安で悩み過ぎもよくありませんが、今の生活をちょっと良いものに変えるためにも、将来の不安を解消する手立てや対策を何か打っておくと良いでしょう。

 

将来の不安に悩まされている人がするべきこと

将来の不安は結果的に大丈夫な事が多いですし、自分を成長させる養分にも成りえます。

ただそれが分かっていても、将来が不安で何もできないようでは、今の時間がもったいないです。

将来の不安はどちらにせよ一生抱えていきます。将来の不安が常にない人のほうが珍しいです。そのため将来の不安との上手い付き合い方を知っておくと、今後の生活が少し良いものに変わります。

 

大丈夫だと言い聞かせない

将来の不安のほとんどは起こり得ないことであり、大丈夫かもしれません。

ただ言い聞かせすぎるのも問題です。

「将来の不安は大丈夫なことが多いから考えても仕方がない、大丈夫、大丈夫。」という風に「大丈夫」と唱え続けているということは、将来の不安を意識している証拠です。

将来の不安は訪れなくても、言い聞かせているだけでは「何もしていない」状態と変わりません。

将来の不安はほとんどが訪れないとしても、それだけで不安が解消できるほど将来の不安は単純なものではないです。

「何かしらの対策」を立てることで、あなたは初めて不安に立ち向かいます。不安と向き合って行動することで「これだけ対策しているし、状況は少しずつ改善しているはずだ」と思うことができるようになるでしょう。そこで初めて将来の不安は解消していきます。

せっかく不安な気持ちになれたのですから、それをバネに何かを頑張るという気持ちを持てると良いでしょう。

 

今やれることを見つける

将来が不安なのであれば「大丈夫」と言い聞かせるだけではなく、何かしらの解決策を講じましょう。

何か今のあなたがやれることはあるはずです。

例えば将来は年金がもらえなくて貯金が心配なのであれば、今のあなたが将来の貯金のために出来ることは何でしょうか?

簡単です。収入を増やすか、支出を減らすか、またはどちらもやっていけばよいでしょう。

収入を増やすのであれば副収入を作ったり転職を試みたりするなどの方法もありますし、支出を減らすのであれば食費を制限したり、娯楽を制限したりなどやり方は様々です。

そのためにやれること、やりたいことを見つけてみましょう。副収入を作りたいのであればまずは副収入を作る方法を調べてみてもいいですし、娯楽を制限したいのであればどれか1つ選んで努力してみるのもいいと思います。

今回はお金関連の将来の不安を例にして考えてみましたが、どうして自分は不安に感じているのか?何が足りないのか?を考えれば、答えが出てくるはずです。

まずはあなたに何が必要なのかを考えて、やれることを見つけていきましょう。

 

できることをやって将来の不安に備えておく

やれること、やりたいことを見つけたらあとはもう実践してみるだけです。

前までやっていなかったことをやっているだけで、確実に前進はしています。あなたが抱えている将来の不安が来ようが来まいが、何もせずに将来の不安に悩んでいるあなたよりは進歩しているでしょう。

できることを見つけるのも、あなたが抱えている不安によっては大変かもしれませんが、じっと待って周りが変えてくれるのを待っているのは辞めたほうが良いです。

自分で不安に立ち向かって解消するための方法を考えたり、調べたりしない限りは、この先ずっと同じ不安に悩まされるかもしれません。

「将来の不安に自分はこれだけ備えたんだ」という気持ちがあるだけでも、将来への不安度は小さくなります。

何かしらの対策を自分で見つけて行動し、出来得る限りの対策をしておきましょう。

 

将来の不安が大丈夫なのは今どれだけ頑張れるかで決まる

将来の不安を抱えながら、新しいことにチャレンジするというのは少し怖いことかもしれません。

「本当にこれでいいのか?」と悩みながら行動していくのはまた新しい不安を生みます。しかしその不安は今あなたが抱えている将来の不安を解消するために必要な不安です。

不安があることで人間は次のステップに成長できます。

不安が目の前にあるからこそ、次の自分の目標が設定できるのです。

今どれだけ頑張るかであなたの将来の不安は大丈夫なものに近づいていきます。

将来の不安と向き合うことで、今のあなたに必要なこと、やらなければいけないことを見つけ出して、頑張ってみてはいかがでしょうか?

将来の不安を糧に努力するというのは、何もしない人生よりも豊かなものになるはずです。

もし今を頑張りたいのであれば、まずは現在の状況を見直してみましょう。

特に社会人であれば転職サイトの利用がおすすめです。

今すぐ転職する気はなくても、転職に関する情報を仕入れておくだけでメリットはあります。

自分の状況と他人の状況を比較できる良い機会ですので、今をもっと頑張りたい方は、まず無料登録して利用してみると良いでしょう。

最大手の転職サイト「リクナビNEXT」の公式サイトはこちら

-将来が不安

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 AllRights Reserved.