将来が不安

将来が不安になりがちな声優が知っておくべき3つのポイント

投稿日:2018年4月29日 更新日:

アニメブームをきっかけに声優を目指す若者が増えた時代になっています。

ただ声優の道が楽なものではないことも有名な話です。

今回は将来が不安になりがちな声優に向けて知っておくべきことをまとめてみました。

声優を目指している人や声優で頑張っている人は参考にしてみてください。

 

将来は不安も大きい声優

声優は一見華やかにも見える職業ですが、実はその裏で苦労が多い職業としての認知度も高いです。

昔は「声優=俳優崩れ」のように俳優を目指していた人が諦めて声優を目指す、というケースがあったものの、最近は最初から声優を目指して突き進む若い人が増えてきており、声優としての仕事の倍率は高くなっていると言っても過言ではありません。

現在声優としてトップクラスの働きを見せている人の中でも、将来に仕事があるのか不安に思いながら声優を続けている人がいます。

「専門学校に通っているけど声優としての仕事が来るのかな...」

「ずっと仕事がないまま、年齢だけ重ねて後戻りできないんじゃないか?」

という風に将来へ抱く不安は大きいです。

実際にアルバイトで食いつなぎながら声優の卵として努力し続ける人も多いですし、声優を目指すと夢見てたものの、年齢を重ねてバイト暮らしを続けていると将来の不安も大きくなります。

また最近は声優がアイドル化していることもあり、奪われがちなプライベートに対する不安もあるでしょう。

声優が抱く将来への不安はかなり大きいものであり、声優を目指すなら、不安と立ち向かわないといけないことは避けられません。

 

そもそも声優は簡単になれるものではない

声優の専門学校やプロダクションの養成所などもありますが、専門のところへ行ったとしても、声優としてやっていけるかは分かりません。

就職率100%の専門学校とは違い、専門学校や養成所に通えばとりあえず安泰ということもないのです。

声優と言っても、アニメだけではなく、洋画の吹き替えやナレーションなど様々な分野で仕事があるものの、どの作品を見ても「またこの声優さんだ」と思った経験がある人もいるでしょう。

つまり声優という仕事は限られているのです。特に主役級の役が回ってくる人はほんの1握りであり、だいたいは固定化されていきます。

まるでアイドルのようにその時ブームが来ている声優さんを常に押し出すイメージです。

一度波に乗れば、ある程度は仕事が来るのかもしれませんが、専門学校や養成所で学んだくらいではその波に乗ることができるとは限りません

専門学校や養成所で努力するのもよいのですが、同時に+αの努力をし続けなければいけないことは抑えておきましょう。

 

将来、声優を目指すなら知っておくべき3つのポイント

将来に不安の見える声優ですが、もしこれから声優を目指すのであれば知っておいて欲しい3つのポイントをまとめていました。

よく聞く話かもしれませんが、声優の現状をしっかり把握した上で声優を目指せると良いでしょう。

 

いつ仕事がなくなるか分からない声優はプロでも不安

「このまま仕事を続けていられるのか...?」

「声優としてこの先もやっていけるのか」

前述しましたが、トップクラスの声優さんでも将来を不安に考えている人が多いです。

将来への不安を抱えるのはプロも同じですので、不安を感じるからと言って諦めるべきではありません。

人気声優の中でもアルバイトしながら声優業をしている人がいるくらいですので、声優を目指す多くの人が将来を不安に感じることでしょう。

一番大切なのは声優をしたいかどうかです。

声優になりたい思いが強いのであれば、声優になりたい気持ちに嘘をつかずに覚悟を決めましょう。

将来の不安をなくすためには覚悟を決めるしかありません。

 

下積み期間はかなり苦労すると思ったほうが良い

人気声優として花が咲くまではかなり苦労することになるかもしれません。

仕事が来ない。生活できない。他の収入口を作る。
という風な流れになってしまう事が多いです。

声優としての活動をなかなかさせてもらえないせいで「本当に自分は声優なのか?」と思うくらい声優とかけ離れた生活を送ってしまう人も珍しくありません。

花が咲くまでは自分のやりたいことができずに、将来が不安になって辞めたくなってしまうかもしれないです。しかし遅咲きの声優さんもたくさんいるのは事実です。

あなたが声優を目指すのであれば、数年以上のつらい下積み期間があることを覚悟しておきましょう。

多くの声優はこの下積み期間で脱落していくことが多いです。

 

オーディションは積極的に

声優は仕事が来るのではなく、自分からオーディションを受けに行って仕事をもらいます。

これは人気のある声優さんも同じで、オーディションを受けないと仕事はやってきません

力がないうちはオーディションに落ち続けるばかりかもしれませんが、積極的にオーディションへ参加し続けましょう

オーディションは緊張しますので、何度も参加していると疲れてしまうかもしれません。

しかし人気声優さんも緊張するのは同じです。根気よくオーディションに参加し続けて、合格した仕事には全力で取り組みましょう。

一度主役が来たからと言って、その後は仕事がいっぱいになると限りませんが、チャンスはチャンスです。

少しでも多くのチャンスを掴むためにオーディションは積極的に参加していきましょう。

 

声優をしながら別の仕事をしている人は多い

声優をしながら他の仕事をしている人がいるのは珍しいことではありません。

会社員をしている人もいれば、アルバイトをしている人、劇団に所属している人など、声優によって様々です。声優業だけで生きていけるのは本当に一握りですので、何か別の仕事をしながら声優をするというのも良いと思います。

声優という仕事ともう1つの仕事のどちらかを重視するかも声優さんによって違いがあり、人それぞれです。

例えば家族を養わなければいけない人はそれなりの給料がもらえる会社で働きつつ、有給を取って声優業をしていたり、トップクラスの声優を目指したい若者は声優としての特訓を重視しながらアルバイトは最低限にしていたりなど様々なパターンがあります。

声優さんによって生活の仕方はバラバラですので、あなたも将来的にどのようなスタンスで声優をしていこうか考えて行動すると、将来の不安も少し軽減するのではないでしょうか?

「どうしても声優の夢をあきらめたくないけど、安定した収入も欲しい」

という生き方でも問題はありません。

トップクラスの人気声優になるのは難しいかもしれませんが、1つの声優の在り方としては間違いではないのです。

 

他の仕事に大事な時間を取られるのはもったいない?

「他の仕事なんてしてたら声優業に専念できないのでは?」

「声優一本でやりたいからひたむきに頑張る」

確かに声優業以外の仕事に時間を大きく割くようなことがあれば、声優としての仕事が一歩遠のくように感じるかもしれません。

ただ会社員でもアルバイトなどの声優業とは違った経験が声優という職業に活かされることも大きいのも事実です。声優は表現者ですので、あなたの人生で培った経験が演技に結びつくこともあります。

最初は声優として仕事をもらうためにひたむきな姿勢で頑張らなければいけないかもしれませんが、ゆくゆくは別の道に歩むのも悪くありません。

逆に声優として培ったスキルが別の業種で活かされることもよくあることなのです。

現在人気のある声優さんを見ても、多くの声優さんが声優業以外の経験をされています。

声優としての時間以外は全て無駄と考えるのではなく、声優としての仕事にも活かせる時間なんだと考えると、将来の不安も小さくなっていくのではないでしょうか?

 

声優という仕事を重視して将来の不安と戦う

「声優は将来が不安だからやっぱり辞めておこう」

「定年まで声優としてやっていけるのか、生活できるのか?」

確かに声優1本と考えると将来は不安かもしれませんが、声優として頑張った数年、数十年の経験が他の業種に活かされ、転職する先もたくさんあります。

声優1本で仕事すると考えると非常にリスキーな感じがしますが、後からいくらでもやり直しは効くのです。

あなたがどうしても声優をやりたいというのであれば、一度声優を目指して頑張ってみるのもいいと思います。

ただ声優1本となると不安も残りますので、別の収入口も作っておくことが大切です。声優以外の収入口があれば、将来の不安が小さくなり、比較的安心しながら夢を追いかけることが出来ます

声優として頑張るのはもちろん、他にも何か1つ頑張りたいものを見つけてみると良いかもしれません。

声優で現状に不満を感じている人は転職サイトを利用してみるのがおすすめです。

転職する気がなくても、万が一の備えになりますし、声優とは違ったあなたに合った将来の道が見つかるかもしれません。

転職サイトは無料で利用できますし、さまざまな転職の情報を知れます。将来が不安な場合は試しに転職サイトへ登録してみるのがおすすめです。

最大手の転職サイト「リクナビNEXT」の公式サイトはこちら

-将来が不安

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 AllRights Reserved.