将来が不安

将来が不安なプログラマーがしていくべき3つのポイント

更新日:

「プログラマーって将来大丈夫なの?」

「プログラマーで仕事してると将来が不安になる...」

プログラマーとしていざ働き始めたものの、あまり明るい話がなくて将来を不安に思う人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は将来が不安になってしまいがちなプログラマーの仕事についてやプログラマーが今後していくべきことについてまとめてみました。

 

将来が不安になるプログラマーという仕事

プログラマーにもよりますが、プログラマーという仕事は将来が不安になる職業の1つです。

プログラミング自体は高い需要があるため、仕事を見つけることができるものの、プログラマーになってしまえば定年まで安泰というわけではありません

プログラム技術は日々進化しており、プログラマーになってからも覚えていかなければいけないことはたくさんあります。

「定年までプログラマーとして生活していけるかが不安」

このように将来を不安に思うのも仕方のないことでしょう。

またプログラマーは高収入という話もありますが、すべてのプログラマーが高収入なわけでもありません。プログラマーの中でも収入はピンきりですので、高い人も入れば低いままの人も多いです。

自分でプログラマーとしてのスキルは毎日磨いていける人でないと、プログラマーとして輝いている姿は見えてきません。

プログラマーは需要があるので、仕事はあるかもしれませんが、将来を不安に思わず、プログラマーとして生活していくなら、常に勉強していかなければいけないでしょう。

 

プログラマーでよく聞く35歳定年説は間違いではない?

プログラマーなどのIT関連の職業では「35歳定年説」というのがあります。

「35歳定年説」というのは35歳になるとプログラマーとしてやっていけなくなり、実質定年扱いになることです。

この35歳定年説は間違いだという人もいれば、そのとおりだという人もいます。人によって意見の違う説ではありますが、なぜ35歳で定年してしまうかを考えると、あながち間違いではありません。

プログラマーの努力次第ではありますが、世間では35歳を目処にプログラマーとしてやっていけなくなる人もいるのは事実なのです。

どうしてプログラマーは35歳定年説と言われているかもまとめてみました。

 

体力的な限界が来る

20代の頃は連日夜更かししても大丈夫...という人も多いでしょう。

しかし人間は年齢を重ねるに連れて、だんだん無茶な体力を使うことができなくなってきます。20代後半、30代と年齢を重ねるに連れて、体力はどんどん落ちていくはずです。

プログラマーは激務でもありますので、その激務に耐えられなくなる区切りとして、35歳定年説が言われています。

ただ体力は落ちていくと言っても、もちろんそうでない人もいますので、すべてのプログラマーが体力的に35歳付近で脱落していくというわけでないです。体力的な問題を自分で解決できる人は解決していくでしょう。

しかし年齢を重ねるに連れて、同じ仕事量でもきつくなっていきますので、35歳になる頃には嫌気が差して辞めてしまう人も多いのかもしれません

 

日々進化するプログラム技術についていけなくなる

プログラム技術は日々進化しています。

そのためプログラマーは一度仕事を覚えたからといって、安心できるわけではありません。常に学び続ける姿勢が大切です。

ただプログラミングなどのIT関連の技術は若い人のほうが飲み込み早いとも言われますし、長く働いてると言っても、新人の若いプログラマーに技術で負けるということもありえます

そのようにプログラム技術へついていけなくなる節目が35歳付近と言われており、35歳定年説がささやかれることになりました。

しかし年を取ることに学習能力が衰えるということはありません。

実際に30代40代と年齢を重ねるに連れて、日々学習している社会人もいるはずです。

確かに若い頃に比べると、勉強することに難しさを感じるかもしれませんが、切羽詰まらせてやる気があるのであれば貪欲に新しい技術へも手が伸びていきます。

努力できる人間であれば、35歳でなくても50歳、60歳になってもプログラマーとして働いていくことはできるでしょう。

確実とは言えないので、将来に不安を感じてしまうかもしれませんが、プログラマーとして一生生活していきたいのであれば、それなりの努力を今後もしていくと良いです。

 

将来が不安なプログラマーが今後していくべき3つのポイント

35歳定年説というのは、そのとおりになる人もいれば、関係なくプログラマーとして続いていける人もいます。

ただプログラマーという仕事があまり自分の好みではなかったり、もう辞めたいと考えてしまったり刷る人では35歳定年説というのが間違いではなくなるかもしれません。

「プログラマーとして生活していくんだ!」という気概のある方は、そのままプログラマーとしての道を進んでいくのも良いと思いますが、そうでない場合は、今後どんどんプログラマーという仕事がきつくなってくるでしょう。

プログラマーは将来の不安が高まるばかりです。

「プログラマーじゃない道も探してみたい」

という風にプログラマー以外の道を考えてみるのも良いでしょう。

そこで今回はプログラマーという仕事に不安を感じてしまっている人向けに、今後どのようにしていけばいいのか3つのポイントをまとめてみました。

全員のプログラマーに当てはまるというわけではありませんが、今後のプログラマーとしての人生をもう一度考え直したいという方は参考にしてみてください。

 

しっかり手を抜けるところは抜く

仕事は何も一生懸命にすればよいというわけではありません。しっかり手を抜けるところは抜いていくことが大切です。

ちなみに手を抜くというのは、もちろん仕事をいい加減にしてよいというわけではありません。

仕事の効率化を図って、作業にあてる時間を短くしていくべきということです。

仕事は時間をかければよいというのものではなく、定められた時間で周りよりどれだけ早く作業を終わらせられるかが重要と言えます。

プログラマーによっては仕事が忙しすぎて「自分の時間も満足に作れない」という人もいるかもしれませんが、仕事をしている中で、何かしら効率化を図れる部分というのがあるはずです。

今現在からステップアップするためには、まず時間を作ることが大切ですので、手を抜ける部分は手を抜いて割くべきところに時間を割いていきましょう。

 

自分の時間ができたら何か別のことをする

自分の時間をなんとか捻出することができたら、娯楽に使うのではなく、なにかスキルアップにつながることをしましょう。

今後もプログラマーとして生活していくのであれば、新しいスキル習得に向けて努力すると良いです。逆に別の道を考えてみたいプログラマーはこの捻出した時間を使って、別のことに挑戦してみると良いでしょう。

現状を変えるためには、今と別のことをしなければいけません。いくら頭で考えても新しいことは思い浮かばないのです。

頭で1日中考えるよりは、実際に自分で1時間新しいことをやってみたほうが、学びは大きいのは言うまでもありません。百聞は一見にしかずとも言いますし、まずは将来を見据えてなにか新しいことを始めてみましょう。

 

お金になるスキルを磨いていく

自分で頑張って捻出した時間で何をしてもよいのですが、できればお金になるスキルを磨いていくと良いでしょう。

特にプログラマーを辞めて別のことをしたいという人は、お金になりそうなスキルを元に新しいことへ挑戦したほうが良いです。

ただ今後もプログラマーとして生活していきたい人でも、プログラミング以外のスキルを身に着けておけば、いざプログラマーとしての生活で挫折をくらっても、別のスキルを持っていることで将来に対する不安は薄まります。

プログラミング以外のスキルを持っておけば「最悪プログラマーとしてダメでも大丈夫」と思えますので、将来に対する不安はかなり小さくなるのです。

プログラマーはプログラミング以外のことをしてはいけないというルールはありません。

もちろんプログラムについて勉強する時間も大切ですが、また別のことに手を出すのも視野が広がって良い経験になるでしょう。最近はクラウドソーシングも盛んですし、空いた時間を使って、何かしらスキルを磨いて小銭を稼いでいる人も多いです。

せっかく時間を作れたのでしたら、自分がやってみたいことという条件はもちろん、なにかスキルが見いつきそうなことを始めるようおすすめします。

 

プログラマーとしての技術を高めるだけが将来の不安を解消する方法じゃない

プログラマーが将来の不安を抱くのは、現状のままじゃ良くないと思っている証拠です。

「このままだといけない」という気持ちが将来を不安にさせています。

そのため将来が不安じゃなくなるときというのは「プログラマーとして自信がつくほどプログラミング技術を身につけた時」や「プログラマーとしての技術の他に別のスキルを持っている時」などが挙げられるでしょう。

プログラマーという仕事が好きなのであれば「プログラマーとして自信がつくほどプログラミング技術を身につけた時」を目指して、日々努力していけばよいです。

またプログラマーとは別の仕事をしてみたいと考えている方は、なんとか時間を捻出して別のスキルを身につける努力をすれば「プログラマーとしての技術の他に別のスキルを持っている時」が訪れます。

将来が不安なプログラマーの場合だと、プログラマーとして今後どのようにしていけばよいのか考えがちですが、何もプログラマーという道に縛られる必要はありません

特に最近は自由な働き方が認められつつある時代です。

自分が今後どのようなライフスタイルを送っていきたいのかを考えて、今後行動していくようおすすめします。

また今後のことを考えて転職エージェントへ登録しておくと良いでしょう。

転職エージェントは無料で利用できますし、プログラマーとしての転職先の情報は数多くあります。

今すぐ転職する気がなくても、今の自分の状況と他の職場の状況を比較できるいい機会とも言えるでしょう。

万が一に職がなくなっても、転職に関する情報を事前に知っていれば直ぐに行動へ移せます。

まずは転職エージェントへ無料登録しておくと良いでしょう。

最大手の転職支援サービス「リクルートエージェント」の公式サイトはこちら

転職するなら転職支援実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

転職に対してこんな悩みはありませんか?

  • 今の職場の環境が悪くて何とか抜け出したい
  • 自分に合った転職先を見つけたい
  • 今より高い年収の会社に転職したい
  • 履歴書や職務経歴書の書き方が分からない
  • 転職活動をどのように進めればいいか分からなくて不安
  • 自分が転職した方がいい状況なのかどうか分からない
  • 自分のキャリアでどの程度のレベルの転職が可能なのか知りたい
  • 転職したいけどどうやって転職先を決めればいいか分からない
  • 転職サイトに載っている求人よりもっと良い求人を探したい
  • 地方に住んでいて転職エージェントで直接面談を受けるのは難しい

1つでも当てはまるようなら無料で転職について相談できる『リクルートエージェント』を登録するのがおすすめです。

リクルートエージェントでは転職に関する悩みを解決したうえで、ワンランク上の転職活動ができます。

  • 転職支援実績No.1
  • 自分で気づけないあなたの強みを分析して転職成功までサポート
  • 申し込んだら内定が決まるまで面倒な作業を全てサポート
  • 手厚い転職支援サポートは完全無料
  • 言いづらい年収交渉は代行してくれる
  • 満足度99%の面接力向上セミナー
  • 公開してしまうと応募が殺到してしまうような非公開求人が約100,000件
  • 転職の無理強いはしないので、無料申し込みをして相談したうえで転職するかしないか選択できる
  • 遠方の方でも安心!電話で面談を受けられる

転職に関する悩みの解決から納得のいく転職成功までリクルートエージェントが全てサポートしてくれます。

 

転職活動を全力サポートしてくれる『リクルートエージェント』の3つの特徴

初回相談から内定入社まですべて無料でサポート

リクルートエージェントは初回相談から内定入社まですべて無料でポートしてくれます。

お金は求人を出す企業側からもらっているので、転職活動するあなたがお金を払うことは一切ありません

また一度相談したうえで、転職活動を続けるかどうか決めるので、リクルートエージェントが転職を無理強いすることはないです。

転職するかどうかの迷いがある場合は、まずプロのアドバイザーと話をしてみるところから始めてみましょう。

 

転職支援実績No.1

就職・転職の大手であるリクルートが運営しているので実績は本物です。

それぞれの業界・職種に対して専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーが約470名もいるので、あなたに合わせた転職支援をしてくれます。

大手ならではのサポート力があるからこそ、成功実績No,1を勝ち取っていると言えるでしょう。

一番頭を抱えがちな履歴書や職務経歴書の作成もリクルートエージェントならとことん添削してくれます。職務経歴書がワンランク上がるので、転職も成功しやすく、ワンランク上の条件で転職成功することも珍しくありません。

リクルートエージェントはこれまで多くの方を転職成功させてきた実績からくる経験をもとに、納得度の高い転職活動を実現させています。

 

あなたの強みを分析して、より高いキャリアへの転職を可能にする

人は意外にも自分のことをより深く分析できないものです。

一人で転職活動していたら、より良い自己アピールができずに納得できない転職をしてしまう人もたくさんいます。

しかしリクルートエージェントはこれまで多くの転職者を見てきた経験からあなたの強みを引き出し、転職活動の糧にしてくれます

これまでの経歴だけでなく、あなたの思考パターンからもあなたの魅力を引き出してくれるので、転職を優位に進めたいなら利用しない手はありません。

 

【公式サイト】リクルートエージェント

 

転職サイトと転職エージェントをあわせ持つハイブリッド型の転職支援サービス

DODA(デューダ)

 

転職サイトと転職エージェントのどちらも使える『DODA(デューダ)』の特徴

転職サイトと転職エージェントのどちらの顔も持っている

求人を自由に閲覧できて自分のペースで転職活動できる転職サイト。
アドバイザーのサポートを受けながらより良い転職活動を実現する転職エージェント。

DODAはどちらも兼ね備えた転職支援サービスです。

まだ転職活動をしたことがなくて、最初は自分のペースで転職活動したいのであればDODAへ登録するとよいでしょう。

後々アドバイザーのサポートが欲しくなったら、エージェントへの相談申し込みができますので、アドバイザーの力を借りるタイミングも自分で決められます。

「いきなりアドバイザーの方に話を聞いて、トントン拍子で転職が進んでしまうことに気持ちが追い付かない...」という方はDODAにまず無料登録して、転職サイトとして利用し、心が決まったタイミングでアドバイザーの力を借りる、といった使い方で転職活動が可能です。

 

運営歴は20年以上!安心できる長い運営歴

DODAを運営するパーソルキャリアは20年以上の運営歴を持っており、昔から転職業界に携わっています。

今ほど転職市場が活発でなかった一昔前には「デューダする=転職する」という言葉が生まれていたほど、転職市場での影響力は大きいです。

古くからの経験と実績を持っているため、エージェントのサポートはリクルートエージェントと並ぶくらい高いサポート力を持っています。

現在は転職市場が活発になったことから、発足したての転職支援サービスも目立ちますが、そのぶん実績には不安があります。
実際に転職してみて「こんなはずじゃなかった」という転職者も珍しくありません。

しかしこれまで長く20年以上も運営できているDODAには紛れもない実績があります

実績のあるDODAだからこそ、求人数もトップレベルに多く、その数は10万件以上
リクルートエージェントに負けず劣らない転職支援をしてくれますので、転職活動するにあたって自由に転職活動できる転職サイトも利用したいという方にはDODAがおすすめです。

DODAへの無料登録はこちら

年収600万円以上の方に支持される転職サイトNo.1

DODA(デューダ)

年収600万円以上で年収アップを目指すのに最適な『ビズリーチ』の特徴

高収入向けの求人に特化

ビズリーチは高いレベルを持った転職者と管理職など高いスキルを持った即戦力を欲しがっている企業を結ぶ転職支援サービスです。

年収600万円以上の人が多く利用しており、年収を100万円アップさせている人も珍しくありません。

経験の少ない20代よりも30代や40代向けの求人が多く、高い専門性やマネジメント経験を持っている人向けです。

特に「今の収入と仕事内容が一致していない」と感じる方は、高い確率で年収が上がります。

あなたのスキルと経験を欲しがる高いレベルの求人が複数あるので、適した給与額で提示されることが多いです。

経験が浅かったり、これまでの職歴に専門性がない人には向いていませんが、これまで1つの職種一筋に打ち込んできた人で、年収600万円以上を目指して転職するならビズリーチほど満足度の高い転職活動ができるところはありません

 

あなたの実績を見てヘッドハンターや企業の人事から直接スカウト

ビズリーチではヘッドハンターや企業の人事があなたのプロフィールを見て、直接スカウトします。

あなたの経歴やスキルを見てスカウトを送ってくるので、自然と高いレベルの求人を待っているだけでゲット可能です。

他の転職サイトのスカウトサービスと違って、レベルの高い求人を扱っている優良企業が多いので、高収入の求人ばかりもらえます。

またヘッドハンターはあなたの経歴やスキルだけではなく、あなたが仕事をしてきたバックグラウンドからも分析したうえで「これまでの経験を生かせば、別の分野の新しい仕事もできますがどうですか?」という風に自分では気づけない新しい転職先が見つけてくれます。

ただ高収入な求人が揃っているだけでなく、あなたの新しい将来の生き方を教えてくれるのもビズリーチの魅力です。

ビズリーチへの無料登録はこちら

-将来が不安

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 All Rights Reserved.