将来が不安

将来が不安なプログラマーがしていくべき3つのポイント

投稿日:2018年4月29日 更新日:

「プログラマーって将来大丈夫なの?」

「プログラマーで仕事してると将来が不安になる...」

プログラマーとしていざ働き始めたものの、あまり明るい話がなくて将来を不安に思う人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は将来が不安になってしまいがちなプログラマーの仕事についてやプログラマーが今後していくべきことについてまとめてみました。

 

将来が不安になるプログラマーという仕事

プログラマーにもよりますが、プログラマーという仕事は将来が不安になる職業の1つです。

プログラミング自体は高い需要があるため、仕事を見つけることができるものの、プログラマーになってしまえば定年まで安泰というわけではありません

プログラム技術は日々進化しており、プログラマーになってからも覚えていかなければいけないことはたくさんあります。

「定年までプログラマーとして生活していけるかが不安」

このように将来を不安に思うのも仕方のないことでしょう。

またプログラマーは高収入という話もありますが、すべてのプログラマーが高収入なわけでもありません。プログラマーの中でも収入はピンきりですので、高い人も入れば低いままの人も多いです。

自分でプログラマーとしてのスキルは毎日磨いていける人でないと、プログラマーとして輝いている姿は見えてきません。

プログラマーは需要があるので、仕事はあるかもしれませんが、将来を不安に思わず、プログラマーとして生活していくなら、常に勉強していかなければいけないでしょう。

 

プログラマーでよく聞く35歳定年説は間違いではない?

プログラマーなどのIT関連の職業では「35歳定年説」というのがあります。

「35歳定年説」というのは35歳になるとプログラマーとしてやっていけなくなり、実質定年扱いになることです。

この35歳定年説は間違いだという人もいれば、そのとおりだという人もいます。人によって意見の違う説ではありますが、なぜ35歳で定年してしまうかを考えると、あながち間違いではありません。

プログラマーの努力次第ではありますが、世間では35歳を目処にプログラマーとしてやっていけなくなる人もいるのは事実なのです。

どうしてプログラマーは35歳定年説と言われているかもまとめてみました。

 

体力的な限界が来る

20代の頃は連日夜更かししても大丈夫...という人も多いでしょう。

しかし人間は年齢を重ねるに連れて、だんだん無茶な体力を使うことができなくなってきます。20代後半、30代と年齢を重ねるに連れて、体力はどんどん落ちていくはずです。

プログラマーは激務でもありますので、その激務に耐えられなくなる区切りとして、35歳定年説が言われています。

ただ体力は落ちていくと言っても、もちろんそうでない人もいますので、すべてのプログラマーが体力的に35歳付近で脱落していくというわけでないです。体力的な問題を自分で解決できる人は解決していくでしょう。

しかし年齢を重ねるに連れて、同じ仕事量でもきつくなっていきますので、35歳になる頃には嫌気が差して辞めてしまう人も多いのかもしれません

 

日々進化するプログラム技術についていけなくなる

プログラム技術は日々進化しています。

そのためプログラマーは一度仕事を覚えたからといって、安心できるわけではありません。常に学び続ける姿勢が大切です。

ただプログラミングなどのIT関連の技術は若い人のほうが飲み込み早いとも言われますし、長く働いてると言っても、新人の若いプログラマーに技術で負けるということもありえます

そのようにプログラム技術へついていけなくなる節目が35歳付近と言われており、35歳定年説がささやかれることになりました。

しかし年を取ることに学習能力が衰えるということはありません。

実際に30代40代と年齢を重ねるに連れて、日々学習している社会人もいるはずです。

確かに若い頃に比べると、勉強することに難しさを感じるかもしれませんが、切羽詰まらせてやる気があるのであれば貪欲に新しい技術へも手が伸びていきます。

努力できる人間であれば、35歳でなくても50歳、60歳になってもプログラマーとして働いていくことはできるでしょう。

確実とは言えないので、将来に不安を感じてしまうかもしれませんが、プログラマーとして一生生活していきたいのであれば、それなりの努力を今後もしていくと良いです。

 

将来が不安なプログラマーが今後していくべき3つのポイント

35歳定年説というのは、そのとおりになる人もいれば、関係なくプログラマーとして続いていける人もいます。

ただプログラマーという仕事があまり自分の好みではなかったり、もう辞めたいと考えてしまったり刷る人では35歳定年説というのが間違いではなくなるかもしれません。

「プログラマーとして生活していくんだ!」という気概のある方は、そのままプログラマーとしての道を進んでいくのも良いと思いますが、そうでない場合は、今後どんどんプログラマーという仕事がきつくなってくるでしょう。

プログラマーは将来の不安が高まるばかりです。

「プログラマーじゃない道も探してみたい」

という風にプログラマー以外の道を考えてみるのも良いでしょう。

そこで今回はプログラマーという仕事に不安を感じてしまっている人向けに、今後どのようにしていけばいいのか3つのポイントをまとめてみました。

全員のプログラマーに当てはまるというわけではありませんが、今後のプログラマーとしての人生をもう一度考え直したいという方は参考にしてみてください。

 

しっかり手を抜けるところは抜く

仕事は何も一生懸命にすればよいというわけではありません。しっかり手を抜けるところは抜いていくことが大切です。

ちなみに手を抜くというのは、もちろん仕事をいい加減にしてよいというわけではありません。

仕事の効率化を図って、作業にあてる時間を短くしていくべきということです。

仕事は時間をかければよいというのものではなく、定められた時間で周りよりどれだけ早く作業を終わらせられるかが重要と言えます。

プログラマーによっては仕事が忙しすぎて「自分の時間も満足に作れない」という人もいるかもしれませんが、仕事をしている中で、何かしら効率化を図れる部分というのがあるはずです。

今現在からステップアップするためには、まず時間を作ることが大切ですので、手を抜ける部分は手を抜いて割くべきところに時間を割いていきましょう。

 

自分の時間ができたら何か別のことをする

自分の時間をなんとか捻出することができたら、娯楽に使うのではなく、なにかスキルアップにつながることをしましょう。

今後もプログラマーとして生活していくのであれば、新しいスキル習得に向けて努力すると良いです。逆に別の道を考えてみたいプログラマーはこの捻出した時間を使って、別のことに挑戦してみると良いでしょう。

現状を変えるためには、今と別のことをしなければいけません。いくら頭で考えても新しいことは思い浮かばないのです。

頭で1日中考えるよりは、実際に自分で1時間新しいことをやってみたほうが、学びは大きいのは言うまでもありません。百聞は一見にしかずとも言いますし、まずは将来を見据えてなにか新しいことを始めてみましょう。

 

お金になるスキルを磨いていく

自分で頑張って捻出した時間で何をしてもよいのですが、できればお金になるスキルを磨いていくと良いでしょう。

特にプログラマーを辞めて別のことをしたいという人は、お金になりそうなスキルを元に新しいことへ挑戦したほうが良いです。

ただ今後もプログラマーとして生活していきたい人でも、プログラミング以外のスキルを身に着けておけば、いざプログラマーとしての生活で挫折をくらっても、別のスキルを持っていることで将来に対する不安は薄まります。

プログラミング以外のスキルを持っておけば「最悪プログラマーとしてダメでも大丈夫」と思えますので、将来に対する不安はかなり小さくなるのです。

プログラマーはプログラミング以外のことをしてはいけないというルールはありません。

もちろんプログラムについて勉強する時間も大切ですが、また別のことに手を出すのも視野が広がって良い経験になるでしょう。最近はクラウドソーシングも盛んですし、空いた時間を使って、何かしらスキルを磨いて小銭を稼いでいる人も多いです。

せっかく時間を作れたのでしたら、自分がやってみたいことという条件はもちろん、なにかスキルが見いつきそうなことを始めるようおすすめします。

 

プログラマーとしての技術を高めるだけが将来の不安を解消する方法じゃない

プログラマーが将来の不安を抱くのは、現状のままじゃ良くないと思っている証拠です。

「このままだといけない」という気持ちが将来を不安にさせています。

そのため将来が不安じゃなくなるときというのは「プログラマーとして自信がつくほどプログラミング技術を身につけた時」や「プログラマーとしての技術の他に別のスキルを持っている時」などが挙げられるでしょう。

プログラマーという仕事が好きなのであれば「プログラマーとして自信がつくほどプログラミング技術を身につけた時」を目指して、日々努力していけばよいです。

またプログラマーとは別の仕事をしてみたいと考えている方は、なんとか時間を捻出して別のスキルを身につける努力をすれば「プログラマーとしての技術の他に別のスキルを持っている時」が訪れます。

将来が不安なプログラマーの場合だと、プログラマーとして今後どのようにしていけばよいのか考えがちですが、何もプログラマーという道に縛られる必要はありません

特に最近は自由な働き方が認められつつある時代です。

自分が今後どのようなライフスタイルを送っていきたいのかを考えて、今後行動していくようおすすめします。

また今後のことを考えて転職サイトへ登録しておくと良いでしょう。

転職サイトは無料で利用できますし、プログラマーとしての転職先の情報は数多くあります。

今すぐ転職する気がなくても、今の自分の状況と他の職場の状況を比較できるいい機会とも言えるでしょう。

万が一に職がなくなっても、転職に関する情報を事前に知っていれば直ぐに行動へ移せます。

まずは転職サイトへ無料登録しておくと良いでしょう。

最大手の転職サイト「リクナビNEXT」の公式サイトはこちら

-将来が不安

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 AllRights Reserved.