将来が不安

将来の不安なパティシエが辞める前に考えておきたい3つのこと

投稿日:2018年4月29日 更新日:

「パティシエとしてやっていけるか将来が不安...」

「このままパティシエでいいのかな?」

パティシエという職業は、一見華のある職業のように感じますが、実際に働いてみるとギャップを感じることもあるのではないでしょうか?

パティシエとして働いていると将来が不安になることもあります。

そこで今回は将来の不安なパティシエが考えておきたいことについてまとめてみました。

 

将来が不安で辞めてしまうパティシエは多い

パティシエは子どもからも人気のある職業の1つで、働いていることに誇りを持っているパティシエも多いです。

ただパティシエの中には、将来が不安になって辞めてしまう人も珍しくありません

「このまま働き続けたらどうなるんだろう…」

「特に将来パティシエとしてやりたいことも決まっていない」

パティシエという仕事が好きなものの、毎日忙しくて将来のことを考えられていない状況にいることも珍しくありません。

パティシエには独立という将来の夢を持つのか、今の働き方を続けるのかで迷う人も多いのではないでしょうか?もしくはパティシエという仕事を続けていくのかを迷っている人もいるでしょう。

あまり将来のことが決まっていないと、自分が将来どうなっているか不安に思ってしまうものです。特にパティシエは多忙な時期もありますので、体力が落ちていると精神も弱ります。

ただ将来が不安でパティシエを辞めたいと思っても、すぐに辞めるのはおすすめしません。

 

パティシエは低賃金で長時間労働は将来が不安

パティシエはお菓子を作っている姿が印象的で、とても魅力のある仕事に見えますが、実態はそれほど楽しいことばかりではありません。

日によっては10時間以上の勤務になることも珍しくありません。またパティシエはサービス業ですので、ホテルや洋菓子店などの勤務場所によって変わるものの、休みも不定期です。

さらにパティシエは初任の年収が200万円にも届かないこともあります。最初は見習いから始まり、一人前になるまでかなり時間がかかる職業です。

ある程度の下積み期間がなければ、一人前になりませんので、やる気が無いと続けていくことは難しいと言えるでしょう。

パティシエは給料が多くない上に激務な時期が最初は続きますので、働き始めだと、イメージとのギャップが凄くて辞めたくなってしまうかもしれません。

ただ想いのままに辞めてしまうのも早計すぎるでしょう。

そこで今回は将来が不安でパティシエを辞める前に考えておきたい3ツノポイントについてまとめてみました。

 

将来が不安でパティシエを辞める前に考えておきたい3ポイント

何か他にやりたい仕事があるのか

パティシエをいきなり辞めてしまっても、すぐに行動できずダラダラとニート期間を過ごしてしまうというケースは珍しくありません。

辞める前に一つ考えておきたいのが、パティシエ以外の道です。

パティシエの他にやりたいことを見つけてから辞めるようにしましょう。

将来やりたいことと言うのは簡単に見つかるものではありません。パティシエを辞めて時間を作ったからと言って浮かぶものではありませんので、勢いで辞めてしまうと後悔してしまうこともあります。

パティシエを辞めるかどうかで迷っている方は、まず他になにかしたいことがあるのかを考えてみましょう

 

パティシエとしての道か別の道かを考える

パティシエが思ったよりきつくて辞めたい場合はやめても良いと思います。

ただもう一度パティシエとしてやっていくか、別の道で生きていくのかを考え直したほうが良いでしょう。

曲がりなりにも一度は目指してようやく就いた仕事がパティシエです。

「隣の芝は青く見える」ということわざがありますが、パティシエをしていたときは周りが羨ましく見えたものの、いざパティシエを辞めてから後悔する人もいます。

一度考えたからと言って正しい答えが見つかるわけではありませんが、考え直すことで新しい気づきを得ることができるかもしれません。

パティシエとして働いていると、将来が不安になって辞めたくなる気持ちもあるでしょう。ただ他の職業でも将来を不安に思って、今すぐにでも辞めてしまいたいと考える人はたくさんいます

パティシエはパティシエとしての苦労があるかもしれませんが、会社員は会社員の苦労があるのです。

本当に辞めてしまいたいほどパティシエがきつい仕事なのか、またはパティシエよりもやりたいことが他にあるのかをよく考えるようおすすめします。

 

働き方は人それぞれでやりたいことだけ選んでもいい

パティシエをやるにしても他の仕事をやるにしても、いちばん大切なのは自分が本当にやりたいかどうかです。

「これをやりたい!」

といった強い気持ちが自分を動かしますし、やっていて楽しい仕事はとても魅力的でしょう。

特に「仕事」と考えずに、働いていることが「趣味」と言えるくらい、自分のやりたいこととマッチングしてると理想的です。

世間では自由な働き方が認められつつありますし、転職が珍しいものでもありません。

パティシエをやっているものの、本当にやりたいことが見つかっているのであれば、思い切って足を踏み出してみるとよいでしょう。

 

将来の不安を解消するためにネガティブではなくポジティブを見る

パティシエとして働いていると、将来に対して様々な不安を感じてしまうかもしれません。

「労働時間が長くて嫌だな」

「給料が少なすぎる...」

など様々な理由でやめたいと思ってしまうでしょう。

ただ将来の不安を解消するためには、そういったネガティブな面ではなく、ポジティブな面で物事をみるようおすすめします。

例えばパティシエを辞めて別の仕事をするのか迷っている場合は「パティシエは給料が低いから、給料が高いところを選んで転職する」という考えも浮かぶことでしょう。

給料が低いなどのネガティブな面ではなく、ポジティブな面で比べると、今後どのように将来を考えていくか分かってくることもあります。

「パティシエはお菓子作りにやりがいがあっていいな」

「この仕事なら労働時間が短くて自分の時間が持てていいな」

将来を選択するときは、ポジティブな面を並べて考えるとよいです。

ネガティブな情報だけで将来を選択すると、気持ちも落ち込みます。ポジティブな部分を見ながら将来のことを考えると、自然と気持ちも前向きに悩めますのでおすすめです。

 

今後の生活に何を重視するかでパティシエとして生きていくか決める

将来をパティシエとして生きていくのか、別の道で生きていくのかは様々な方法で決めることができます。

ただ一番大事なのは今後の生活に何を重視するかです。

給料や短い労働時間を今後の生活に求めるのであれば、パティシエ以外の道で生きていくのも良いかもしれません。ただやりがいを重視したいのであれば、そのままパティシエとしてもう少し頑張ってみるのも良いでしょう。

パティシエとして働いていると現状に不満があって、将来を不安に考えてしまうこともあります。

ただどんな仕事でもある程度の不満はあるものです。

パティシエとして働いていて、自分が生活で一番重視しているものを満たしているのか考え直してみると良いでしょう。

パティシエが云々ではなく、将来の生活について考えた上で、今後の身の振り方を考えるようおすすめします。

将来を考えたい場合は、まず転職サイトへ登録してみると良いでしょう。

転職サイトは無料で利用できますし、今すぐ転職する気がなくても、なにか新しいことがみつかるきっかけともなりえます。

もちろんパティシエとしての転職先もあれば、そうでない転職先もありますし、自分を見つめ直すいい機会となるでしょう。

最大手の転職サイト「リクナビNEXT」の公式サイトはこちら

-将来が不安

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 AllRights Reserved.