将来が不安

将来が不安だらけに感じる中卒はどうすればいいのか

投稿日:2018年4月25日 更新日:

将来は不安ばかりの中卒

中卒で働ける仕事は本当に限られています。やりたい仕事をさせてもらうチャンスもなくて、就職口すら見つからずバイト先を見つけるのがやっとです。

高校を中退して中卒になった人や、中学生活を不登校で終えて進学しなかった人など、人によってはやむを得ない事情で中卒になってしまった人もいます。中には家庭の金銭面の事情で中学生の頃から中卒になることを決めている人も少なくありません。

中卒でどうしようもないことからくる将来への不安は計り知れないものがあるでしょう。ここで国が悪いだとかそういう問題について論じても事態は好転しません。中卒の方でも持っている能力が高い方もいます。まだまだ努力次第で成り上がれる時代ですので、中卒と言ってもその人次第で将来の明るさは変わってくるでしょう。

 

世間からの評価は低い

中卒だと世間から見下されたような評価を受けることがほとんどです。世間からの評価が低いために、低学歴というレッテルは貼られるのはもちろん、高校生活もまともに過ごすことのできない人と思われることが多いため、ほとんどの企業ではアルバイトですら雇ってくれないこともあります。

しかし、それは当たり前のことで、そこに文句を言ったところで世間が中卒の人を高く評価してくれることはほぼありません。

働けたとしても一般的には体を動かす仕事がほとんどです。
飲食業や工場ライン、建設現場など体を壊してしまったが最後、働けなくなってホームレス化してしまうことも考えてしまうと将来への不安はとてつもなく大きいでしょう。

 

何をすればよいかわからない不安

高校を中退してしまった人や家庭の事情で高校に進学できなかった人はこれからどうすればよいか分からないと不安に思っている人が多いです。

中卒は中卒なりの生活をしていくしかないと諦めてしまう人も多いですが、諦めるにはまだ早すぎます。中卒になってしまった過去を後悔していても仕方がありません。過去のことを振り返っていないでこれからどう行動すれば事態は好転するのか考えていくべきです。

世の中には中卒から成り上がった人も多いです。頑張って資格の勉強をして専門職についた人もいますし、高校に通い直して人生を再起させ流人もいます。中には、中小企業の社長になる人だっているのです。

現在中卒の方が将来真っ暗になるかどうかはこれからの行動にかかっていると言っても過言ではありません。
一度中卒になったからと言って、今後もずっと中卒のままでいる必要もないですし、人生やり直せるように国は支援してくれます。

 

将来に不安がある中卒がとるべき行動

中卒の人やこれから中卒になるであろう中学生はこれから何をしていく必要があるでしょうか?

中卒のままだと選べる仕事も限られてきますので、現在やりたいことが特にない中卒の方は、高卒と言う学歴をつけるために行動することをおすすめします。

 

高卒認定試験を受ける

高卒認定試験とは、中卒の人が高校に行かなくても高卒の学歴を得ることのできる試験です。テストを受けて合格すれば、高校に通っていなくても高卒として扱われます。

高卒という学歴は取れるものなら取っておいたほうが良いです。現時点でやりたいこともなく暇な方は進んで受けるべき試験です。

やりたい仕事が決まってから高卒認定試験を受けることを決める人もいますが、やりたい仕事を見つけてすぐに行動できるようにあらかじめ高卒認定試験を受けとくことをおすすめします。

高卒認定試験は45点以上取れれば合格するとも言われており、基礎的な内容がほとんどのため、ある程度の勉強をすれば合格することは可能です。
費用も大体1万円かからないくらいで試験をうけることが出来ますので、アルバイトで少し貯金すれば試験をうけることは不可能ではありません。

家庭の事情で高校へ進学できない中学生も、高校に行けないことが決まっていても勉強は続けましょう。高卒認定試験のテスト範囲は中学の勉強から高校2年生前半までの範囲と言われています。半分は中学生で勉強する内容ですので、しっかり基礎を抑えておくことは大事です。

高校を中退してしまった人にとっては、ある程度勉強したのであれば難しいことのない試験ですので、頭から学校の勉強が離れない内に高卒認定試験を受けときましょう。

高卒認定試験を受ける人達も「高卒の資格ぐらいは持っておこうかな」ぐらいの感覚で受ける人も多いため、尻込みすることもありません。

 

通信制の高校へ通う

高卒認定試験の他にも、通信制の高校へ通い直すことで高卒の学歴をつけることが可能です。公立の通信制高校だと、3年間通っても約10万円で卒業することができます。

費用が安い上に、自分の好きな時間で勉強できますので、働きながら高校に通うことも可能です。家庭の事情で高校に行くことのできない中学生もアルバイトでためたお金で高校に通うことができます。

通信制の高校は一般的に週に1~3回しか登校しませんので人との関わりは少ないです。また、一般の高校でいじめや不登校を経験した人が通信制の高校に通っていることも多いため、同じ悩みや不安をもつ友人もできやすいでしょう。

 

やりたい仕事を見つける

高卒認定試験もしくは通信制の高校に通う準備ができたら、高校を卒業した将来のことを考えましょう。

高卒となれば、中卒に比べて仕事も増えますし、できることが多くなります。高卒を得るまでの間に数十年後どんな自分になりたいかをイメージしながら高卒に向かって動いてみましょう。

高卒の学歴を手に入れることがゴールではありません。高卒になった跡のほうが人生は長いため、その先のことも余裕がある時に考えてみてください。

正直な話、高卒になることよりもその先をイメージすることが一番大事です。

 

義務教育は中学生までじゃない時代

義務教育は中学生までと言われていますが、高校授業料無償化制度も始まり、世間的には高校を卒業するまでが義務教育みたいなものだと認識されています。

高校授業料無償化制度により、金銭面によっぽど苦労している人でない限りは高校に通うことが難しくない時代です。

このような時代背景があるからこそ、中卒はできない人間だとレッテルが貼られてしまうのも無理はありません。

中卒のままだと、世間からの風当たりが強いだけでなく、苦労することも本当に多いため、高校卒業までは頑張るべきです。

中卒と高卒じゃ大きな違いがありますので、とりあえず高卒を目指すことを一旦の目標にして行動していくことをおすすめします。

 

学歴は関係ないと言うには努力が必要

世の中には「学歴は関係ない」という言葉があります。
現在も学歴至上主義と言われ、大卒が優遇される風潮がありますが、昔と比べるとそれほど優遇されなくなってきているのは事実です。

中卒や高卒、専門学校卒でも実力があればのし上がれる時代になってきていますし、学歴に左右されず成功している人はたくさんいます。

しかし、学歴がなくても成功している人に努力を怠っている人はいません。常に将来の理想的な自分になるために今を努力しているかたがほとんどです。

学歴は関係ないと言われてはいますが、学歴がないぶん、人一倍努力はしなければいけません。「どうせ中卒だから」と自分を卑下しないで、将来の自分をイメージして今を努力できると、将来も変わってくるかもしれません。

ただいくら努力しても、自分にどんな選択肢があるのかを知らなければ、どうしようもないです。

自分の将来の選択肢を知るためにも、世間ではどんな仕事があるのか情報を集められる環境にしておくのをおすすめします。

転職サイトを使えば、登録するだけで、仕事に関する情報を無料で受け取れますので、自分にどんな選択肢があるのか知るきっかけにもなり得るのです。

転職サイトを利用していない中卒の方は、まず転職サイトに登録して、世間の仕事の情報を集めて置ける環境にしておくようにしましょう。

最大手の転職サイト「リクナビNEXT」の公式サイトはこちら

-将来が不安

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 AllRights Reserved.