リクルートエージェント

リクルートエージェントを退会する方法や疑問について解説!

投稿日:

「アドバイザーと相談してみたけど、あんまり合わなさそうだから退会したい」

「リクルートエージェントの退会方法を具体的に知りたい」

リクルートエージェントは最大手の転職サービスの1つです。

ただ転職が決まったり、リクルートエージェントの利用を辞めたくなったりしたときは退会を考えるのではないでしょうか?

そこで今回はリクルートエージェントを退会する方法や退会する際の注意点などをまとめてみました。

リクルートエージェントの公式サイトはこちら

 

リクルートエージェントは簡単に退会できる

リクルートエージェントは簡単に退会できます

それほど難しい操作は必要ないので、手順さえ分かれば今すぐに退会可能です。

ただ退会するにあたって気になるポイントもいくつかあるのではないでしょうか?

退会する旨をアドバイザーにどう伝えればよいのかわからなかったり、退会した後の個人情報はどうなってしまうのか気になってしまったりなど退会に関する疑問点は様々です。

これから退会する方法を説明したのちに退会に関するよくある疑問について解説していきますので、参考にしてみてください。

 

リクルートエージェントを退会する方法

リクルートエージェントを退会する方法は2種類あります。

  • 専用の退会ページから退会する
  • メールや電話で退会する

手順が変わるだけで退会するという結果は変わりませんので、好きな方で退職するとよいです。

まずは専用の退会ページから退会する方法について解説していきましょう。

 

専用の退会ページから退会する方法

退会ページはお問い合わせのFAQにありますので、そちらまで移動しましょう。

まず公式サイトのトップページの下部にある「お問い合わせ」をクリックしましょう。

 

お問い合わせの「特に参照の多いご質問」のところにある「転職支援サービスを退会(キャンセル)したい」をクリックしましょう。

 

退会する際の確認事項が表示されますが、問題なければ下部にある「退会(キャンセル)手続きへ進む」をクリックします。

 

登録内容を記入する画面が表示されますので、登録した時の情報を入力したら、下部にある「確認事項に同意して次へ」をクリックしましょう。

あとは入力内容を確認して手続きをすすめれば退会完了です。

 

メールや電話で退会する

アドバイザーと相談した経験のある方はWeb上で手続きするよりもアドバイザーに退会する旨を伝えた方が手っ取り早いです。

メールもしくは電話のどちらでも大丈夫なので、伝えられる方は伝えるとよいでしょう。

ただ退会するときは「退会します」の一言だけでなく「退会する理由」や「これまでお世話になった感謝の言葉」を用意しておくのが無難です。

リクルートエージェントのアドバイザーも退会する理由をヒアリングして今後の参考にしなければいけませんので、聞いてくるケースがほとんどだといっても過言ではありません。

無理に転職を続けるよう勧めてくることはないので、気にせず退会する旨を伝えるとよいです。

 

退会理由をしっかり伝えれば基本的に大丈夫

「退会する理由って正直に伝えれていいの?」

これまで親切にサポートしてくれたアドバイザーの方に退会するのを伝えるのは少し勇気がいるかもしれません。

退会する理由は必ずといっていいほど聞かれるものですので、電話しにくく感じてしまいます。

ただ基本的に退会する理由は正直に言っても大丈夫です。

しかし「気に入らないから」や「サポートの質が悪いから」というのは言いにくいものですし、後味が悪いので「別の転職エージェントで転職先が決まりました」や「まだ転職せずに今の仕事を頑張ってみようと思います」などといっておくのが無難といえます。

もし「どこで転職を決められたのですか?」とアドバイザーから聞かれたとしても「私個人のことですので控えさせてください」といえば、追って聞いてくることはありません。

退会を決めた方に退会を辞めるよう強くは言ってきませんので、あまり気負わずに連絡を入れてみましょう。

 

リクルートエージェントを退会したら個人情報は完全に消されるので安心

リクルートエージェントは退会したら個人情報がしっかり削除されます。

ただシステムの都合上、退会してすぐに個人情報は消えません。しかし一定期間保管したのちには、しっかり削除してくれますので安心です。

リクルートエージェントは個人情報の取り扱いがしっかりしている証拠ともいえるプライバシーマークを保持していますので、他の企業と比べても、個人情報の扱いはしっかりしています

また万が一にリクルートエージェントがサービスを終了した際も、個人情報はしっかり消してくれますので大丈夫です。

 

退会後もリクルートエージェントは再登録できる

リクルートエージェントは一度退会しても再登録することは可能です。

いざ転職を決めたものの、もう一度転職活動をする必要が出てしまったり、一度退会したものの、もう一度リクルートエージェントで活動したりしたいときが来ても再登録が可能なのは安心できます

ただ注意しておかないといけない点もあるのは事実です。

リクルートエージェントは一度退会してしまうと、個人情報をすべて削除しますので、再登録してもデータは何も戻ってきません

一緒に作成した履歴書や職務経歴書も新しく作り直さないといけませんので、再登録はあまりしない方が良いとも言えるでしょう。

 

リクルートエージェントは退会せずに休会しておくのがおすすめ

「リクルートエージェントをもう絶対に使わない」というのであれば退会してしまっても良いでしょう。

しかし「まだ転職先が決まっていない」などリクルートエージェントをもう一度使う機会があるかもしれないのであれば、退会せずに休会しておくのがおすすめです。

休会があるわけではありませんが、リクルートエージェントは退会せずに籍を残しておくのも1つの手と言えるでしょう。

リクルートエージェントは転職する気がない人でも登録することは可能となっています。

「少し転職活動を休みたい」とアドバイザーに一言告げておくとよいでしょう。

 

リクルートエージェントに満足いかなかった方はこちら

もしリクルートエージェントに満足できなかった方は、転職サイトのリクナビネクストを使ってみるようおすすめします。

リクルートエージェントは求人をどんどん紹介してくれますので、おもったより忙しい転職活動となるケースも珍しくありません。

しかしリクナビネクストならアドバイザーはつきませんので、自分のペースで転職することが可能です。

リクルートエージェントと同じ運営ですが、電話対応などをする必要がなくなりますので、人によってはリクナビネクストの方が活動しやすいかもしれません。

またリクナビネクストは転職を決めた人の約8割が利用経験のある転職サイトです。一度も利用したことがない方は、まず無料で登録してみましょう。

リクルートエージェントと同じように完全無料で転職活動が可能です。

リクナビネクストの無料会員登録はこちら

この記事が気に入ったらフォローしよう

-リクルートエージェント

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 All Rights Reserved.