年齢

15歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び

投稿日:2018年6月11日 更新日:

「15歳でも正社員として雇ってくれる求人はどこで探せばよいの?」

「15歳の人向けにおすすめの転職サイトってどれ?」

日本はまだまだ学歴に対する偏見が強く、ある程度の学歴がないと仕事を見つけるのも難しくなっています。

身の回りで転職先を見つけようと思っても見つけるのは難しいですし、アルバイトやパートの募集は見つかっても正社員や契約社員の求人は本当に少ないです。

しかし転職サイトを使えば、いつでもスマホで15歳の方が応募できる求人をチェックできます。

転職サイトによってはプロのアドバイザーが求人を見つけてくれますので、意外と早く転職活動が終わるかもしれません。

そこで今回は15歳の人におすすめの転職支援サービスを3つランキング形式でまとめてみました

転職支援サービスを使った口コミや体験談もまとめていますので、参考にしてみてください。

 

15歳の人におすすめの転職支援サービスランキング

1位 リクナビネクスト

ジャンル:転職サイト
運営会社:リクルートキャリア
登録者数:700万人突破
利用料金:無料

【リクナビNEXTの特徴】

リクナビネクストは最も多くの人に利用されている転職サイトです。

転職した人の8割がリクナビネクストを利用しています。転職を決めた人のほとんどが利用している転職サイトなので、まだ使っていない人は今すぐ無料会員登録しておくべきです。

15歳だと学歴が中卒になりますので、他の人に比べるとどうしても求人数は少なくなってしまいます。そのためできるだけリクナビネクストのような大手に登録しておかないと、なかなか気に入る求人を見つけるのは難しいです。

リクナビネクストは未経験可の求人が多いので、他のキャリアアップ向けの転職サイトに比べると、転職先を見つけやすくなっています。正社員向けの求人が9割なので、正社員を目指す15歳の方には特におすすめです。

さらにリクナビネクストはただ求人の情報が載っているだけではなく、ガイドブックがあるので、一人でも悩むことなく転職活動できるのも魅力の1つといえるでしょう。

履歴書や職務経歴書の書き方、面接の注意点など転職者の気になるところはガイドブックさえ読めば迷うことはありません

情報豊富なガイドブックのあるリクナビネクストだからこそ、転職決定数No.1の実績を持っているのでしょう。

また企業からオファーが来るスカウト登録をしておけば、自ら求人を探しに行く暇がなくても、企業の方から面接の連絡をくれるので、求人を探すのに苦労はいりません。

ちなみに登録する際に勤務先の企業を設定すれば、登録したことが会社にばれることはありませんので安心です。

完全無料で転職活動ができますので、まずは無料会員で登録して求人を探してみるようおすすめします。

リクナビNEXTの無料会員登録はこちら

 

2位 リクルートエージェント

ジャンル:転職エージェント
運営会社:リクルートキャリア
登録者数:約50万6,000人
利用料金:無料

【リクルートエージェントの特徴】

リクルートエージェントはアドバイザーと呼ばれるサポートがついている転職サイトです。

リクナビネクストと違って、アドバイザーが転職活動のすべてを行ってくれるので、ほとんど何もしなくても転職先が見つかります

登録したら、あとはアドバイザーからの連絡を待つだけです。アドバイザーから連絡があったらこれからの転職活動についての話し合いがありますので、そこで今後の転職活動の方針を固めていく流れです。

そのあとはアドバイザーが紹介してくれる求人を見ながら、気に入ったものがあれば応募していきましょう。応募する際に必要な履歴書等の書類はアドバイザーのサポート付きで作っていきますし、面接の日時調整などもアドバイザーが代わりにやってくれます。

面接終了後、内定がもらえた後もアドバイザーが入社の手続きや年収の交渉などすべてしてくれるほどサポートは厚いです。転職先で働きだすまでつきっきりでサポートしてくれるのはリクルートエージェントならではの強みと言えるでしょう。

15歳だと転職活動が初めてになるのではないでしょうか?

転職はやり方がわかってないと、思うように満足のいく転職先を見つけることが難しいです。しかしリクルートエージェントなら最初から最後まですべてサポートしてくれますので、一人で苦労するよりも安心して転職活動できます

サポートの厚いリクルートエージェントは完全無料で利用できます。一人で転職活動するのに不安を感じる方はリクルートエージェントで転職活動を始めてみるのがおすすめです。

リクルートエージェントの無料会員登録はこちら

 

3位 DODA

ジャンル:転職サイト+転職エージェントのハイブリッド型
運営会社:パーソルキャリア
登録者数:約402万人
利用料金:無料

【DODA(デューダ)の特徴】

DODAは転職サイトと転職エージェントの良いところを足したような転職支援サービスとなっています。自分で求人を探すこともできれば、アドバイザーからのサポートも受けることが可能です。

またDODAは前職のスキルを生かした求人紹介に特化している傾向にありますので、これまでの経験を元に仕事を選びたいという方におすすめの転職支援サービスと言えるでしょう。

15歳以下の方向けに「学歴不問」で求人を検索することも可能ですので、中卒で応募できる求人を見つけるのは難しくありません。

またDODAは転職者からの満足度が最も高いことで評判のサービスでもあります。紹介される求人の数や質、アドバイザーの的確な転職活動ノウハウが聞けるなど、無料登録するだけで得られるものは大きいです。

ちなみに東京や大阪、名古屋、福岡などの都市部では転職フェアをよく開催していますので、現場の社員の話を直接聞くことができる機会もあります。

大企業から中小企業まで幅広い企業が来ていますし、現地ではガイドさんがあなたにおすすめする企業を直接アドバイスしてくれますので、行ってみて適職が見つかった転職者も珍しくありません

DODAも完全無料で利用できますので、まずは無料会員でどんな求人があるのかチェックしてみるのをおすすめします。

DODA(デューダ)の無料会員登録はこちら

 

「やりがいはあったものの体力がもたなかったので転職を決意しました」15歳女性Mさん

年収や職種など転職前と転職後の違い

転職前 転職後
年収 200万円未満 200万円未満(20~50万円ダウン)
職種 貿易事務 医療事務

 

転職前の会社ではどのように働いていましたか?

貿易事務担当として、非常に忙しい毎日を送っていました。定時に帰宅することは殆ど無く、帰宅するのは日付が変わってからが殆どでした。業務自体は非常にやりがいがあり、自分の成長を肌で感じることが出来たので、天職とすら感じることも少なからずありました

しかし段々体力が追いつかなくなっていき、熱を出したり朝起きられずに遅刻するようになってしまいました

それでも私の担当業務は他の従業員に共有されておらず誰もフォローを行うことが出来ないので、ボロボロの身体を引き摺って毎日出勤していました。

常に寝不足で、最後の方は精神も不安定になっていたかと思います。担当業務以外にも女性ということもありお茶汲みなどの雑用も多々任されていたので、それらが本来の業務の妨害になっていた点も、ストレスの一部だったと思います。

男所帯だったこともあり、セクハラまがいの発言や行動は日常茶飯事でした。それでも貿易事務という仕事に魅力とやりがいを感じていたので、何とか業務を続けていた、という感じです。

今振り返ると、二度とあの労働環境では働けないな、と思うほどなので第三者から見るとかなり厳しい労働環境だったかと思います。

 

転職を考えたきっかけはなんでしたか?

運送業界で長時間労働が問題視されてはじめた頃に、例に漏れず私の勤めていた会社も業務改善を行うことになっていました。

残業時間削減が大きな課題とされていましたが、業務量が変わらないのに労働時間を減らすことは難しく、業務改善の指示が出てから数ヶ月経っても労働環境は一切改善されませんでした

それでもギリギリ業務は回っていたので何とか耐えていましたが、ある日朝礼で他支店の管理職が過労死したと報告がありました。

今までドライバーの過労死は数件あったそうですが、事務員の過労死は今回が初めてでした。特に管理職は残業時間が100時間を越えるのが常であったため、いつか過労死が出るのではないかという労働環境ではありました。

今まで何とか踏ん張っていましたが、事務員の過労死を耳にし、ついに転職を決意しました。

 

転職活動中はどのように活動されていましたか?

リクナビ、マイナビなどの大手転職サイトの他に、海外への転職も考えていたためReeracoenなども利用していました。

どちらもレスポンスや情報の更新が早いため情報収集に非常に役立ちました。

リクナビ、マイナビは希望職種を入力し暇があれば新着求人を確認し、希望とマッチしていれば面接を予約していました。

Reeracoenは海外の現地採用を主な目的として利用していましたが、事前にReeracoenの担当者から連絡がありSkypeで希望職種や年収の聞き取りの他、英語力・その他外国語の能力チェックも行っていただくなど非常に細かい対応をしていただきました。
とくにSkypeで直接顔を見て相談できたのは海外に転職するうえでの不安等を解消するうえで非常に役立ったと思います。

 

転職時に重視していたことは何でしたか?

前職の労働環境が転職の大きな要因だったため、勤務時間、残業時間、休日日数は非常に重視していました。

欲を言えば給与にもこだわりを持ちたかったのですが、転職活動同時は心身共にボロボロだったため、まず労働環境の改善を重視することにしました。

給与に目をつぶれば労働環境の良い職場は多々あったので、むしろどこを選ぶか迷ってしまったほどです。

とくに残業時間は自分の実生活に大きく影響するため、一番重視していた点です。労働環境がよければ給与は気にしない、といえば嘘になりますがそれでも己の命を天秤にかけたときより重要だったのは確実に休息が取れる程度の労働時間でした。

当時はずいぶんと追い込まれていたので、もう少し冷静に考えてもよかったかもしれません。

 

転職した結果良かったことはなんですか?

結局海外現地採用の道を選びましたが、結果として転職は成功したと思います。お国柄かのんびりとした職場のため、以前のように常に時間に追われた労働環境ではなくなりました。

殆ど定時で帰宅するため、身体が全く疲れていないことにとても驚いています。以前は日付が変わってから帰宅し、家事もままならずベッドにすぐ倒れる毎日でしたが、現在は当時悩まされていた睡眠不足とも無縁となりました。

自分の時間が増えたこともあり、心の余裕も出てきたように感じています。以前は全く時間がありませんでしたが、今は自分の趣味の時間を持てるほど充実しています。

給与の面で目をつぶったので以前より年収は減ってしまいましたが、健康面を考えると転職してよかったと感じる毎日です。

自由時間が増えたので、今後は時間を有効活用し己のステップアップに磨きをかけていこうと考えています。資格を取るも良し、新しい言語を覚えるのも良し、せっかく転職で得たアドバンテージを十二分に活かしていこうと思います。

前職に入社した際、大手だったこともあり長期同じ会社で働くつもりでしたが、一度転職を経験した現在、今度はステップアップという意味で転職を考えています。

次の職が何になるかはまだ検討もつきませんが、充実した毎日を送る中で新しいスキルを身につけていければと思います。

 

他の年齢の人におすすめな転職支援サービス

【15歳以上の人におすすめの転職支援サービス】

16歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
17歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
18歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
19歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
20歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び

-年齢

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 AllRights Reserved.