年齢

30歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び

投稿日:

「もう30歳!転職って今からでも遅くない?」

「30歳向けにおすすめの転職サイトはあるの?」

もし現状に何か不満を感じているのであれば、転職をするしないはともかく、転職サイトへ登録しておくのがおすすめです。今の自分の転職市場における価値がどれぐらいなのかを知れますし、転職サイトは無料で利用できるサービスがほとんどとなっています。

30歳という一つの節目に現状を思い直すこともあるでしょう。その時に現在の仕事について考えて、転職を決意する人も多いです。

結婚して子供ができることを考えての年収アップや、自分の時間を作るために休日をもう少し増やしたいなど、転職する理由は人それぞれのものとなっています。

また最近は売り手市場となっているぶん、好条件の転職は成功しやすいです。特に30歳となればある程度キャリアを積んでいるため、即戦力として欲しがる企業はたくさんあります。

そこで今回は30歳の人におすすめの転職支援サービスを3つランキング形式でまとめてみました。

転職支援サービスを使った口コミや体験談もまとめていますので、参考にしてみてください。

 

30歳の人におすすめの転職支援サービスランキング

1位 リクナビネクスト

ジャンル:転職サイト
運営会社:リクルートキャリア
登録者数:700万人突破
利用料金:無料

【リクナビNEXTの特徴】

リクナビネクストは最も多くの人に利用されている転職サイトです。

転職した人の8割がリクナビネクストを利用しています。転職を決めた人のほとんどが利用している転職サイトなので、まだ使っていない人は今すぐ無料会員登録しておくべきです。

リクナビネクストで転職活動をしている30代前半の方にアンケートを取ったところ、約半数が30代の年齢を不利に感じていませんでした。30歳という年齢は1つの節目であるものの、リクナビネクストでは活動しやすい年齢とも言えます。

リクナビネクストはただ求人の情報が載っているだけではなく、ガイドブックがあるので、一人でも悩むことなく転職活動できるのも魅力の1つといえるでしょう。

履歴書や職務経歴書の書き方、面接の注意点など転職者の気になるところはガイドブックさえ読めば迷うことはありません

情報豊富なガイドブックのあるリクナビネクストだからこそ、転職決定数No.1の実績を持っているのでしょう。

また企業からオファーが来るスカウト登録をしておけば、自ら求人を探しに行く暇がなくても、企業の方から面接の連絡をくれるので、求人を探すのに苦労はいりません。

ちなみに登録する際に勤務先の企業を設定すれば、登録したことが会社にばれることはありませんので安心です。

完全無料で転職活動ができますので、まずは無料会員で登録して求人を探してみるようおすすめします。

リクナビNEXTの無料会員登録はこちら

 

2位 DODA

ジャンル:転職サイト+転職エージェントのハイブリッド型
運営会社:パーソルキャリア
登録者数:約402万人
利用料金:無料

【DODA(デューダ)の特徴】

DODAは転職サイトと転職エージェントの良いところを足したような転職支援サービスとなっています。自分で求人を探すこともできれば、アドバイザーからのサポートも受けることが可能です。

またDODAは前職のスキルを生かした求人紹介に特化している傾向にありますので、これまでの経験を元に仕事を選びたいという方におすすめの転職支援サービスと言えるでしょう。

30歳といえばある程度の経験を積んでいる年齢ですので、DODAのアドバイザーがあなたにおすすめの転職先を紹介してくれます。自分では気づかなかった強みを生かした求人を紹介してくれる時もありますので、転職の幅が広がることも珍しくありません。

またDODAは転職者からの満足度が最も高いことで評判のサービスでもあります。紹介される求人の数や質、アドバイザーの的確な転職活動ノウハウが聞けるなど、無料登録するだけで得られるものは大きいです。

ちなみに東京や大阪、名古屋、福岡などの都市部では転職フェアをよく開催していますので、現場の社員の話を直接聞くことができる機会もあります。

大企業から中小企業まで幅広い企業が来ていますし、現地ではガイドさんがあなたにおすすめする企業を直接アドバイスしてくれますので、行ってみて適職が見つかった転職者も珍しくありません

DODAも完全無料で利用できますので、まずは無料会員でどんな求人があるのかチェックしてみるのをおすすめします。

DODA(デューダ)の無料会員登録はこちら

 

3位 ビズリーチ

ジャンル:転職サイト
運営会社:ビズリーチ
登録者数:100万人突破
利用料金:無料会員でも転職活動は可能
年収750万円未満:30日間2,980円(税抜)
年収750万円以上:30日間4,980円(税抜)

【ビズリーチの特徴】

ビズリーチは高収入の求人が多いことで人気のある転職サイトです。

年収600~1,000万円クラスの求人が珍しくないほど高い年収の求人を取り揃えていますので、年収アップを目指して転職したい人におすすめします。

転職サイトの中でも年収600万円以上の方が支持しているNo.1の転職サイトですので、年収600万以上で転職を考えている人はビズリーチが無難です。

一般の転職サイトだと年収600万円以上の求人は限られてきますので、なかなか好みの求人は見つかりません。今よりも年収を下げたくない場合はビズリーチの登録は欠かせないです。

最低でも年収400万円以上の求人ばかりなので、30歳で年収アップを考えた求人を探すならビズリーチへの登録は欠かせません。

他の転職サイトと比べると、有料会員の制度があるのはデメリットのように感じるかもしれませんが、お金を払うからこそのメリットもあるのはご存知でしょうか?

転職サイトの運営側は基本的に求人を出す企業側からもらうお金で経営しています。そのため企業側の要望を優先的に聞いてしまう傾向があるので、企業優先のサービスとなりがちです。

しかしビズリーチは求職者もお金を払うため、運営は求職者と企業のどちらも優先してサービス提供をしてくれますので、低い質の求人はほとんどありません

お金を払うからこそ、一生を左右する転職活動が後悔しないものになります。

有料会員の方が有利に転職できるものの、無料会員で転職活動ができないわけではありません。本格的に転職活動する際は有料会員へなればよいので、最初は無料会員として登録することをおすすめします。

ビズリーチの無料会員登録はこちら

 

「異動後の仕事の不満に耐えきれなくて転職を決めました」30歳女性Oさん

年収や職種など転職前と転職後の違い

転職前 転職後
年収 200~400万円 400~600万円(100~200万円アップ)
職種 営業 営業

転職前の会社ではどのように働いていましたか?

新卒で総合職の営業として採用され入社しました。
営業経験を一年積んだ後、経営戦略室へと異動になりました。

営業は一般的な営業職であり、ルート営業で毎月の目標に向かって働いていました

異動後は会議の議事録作成を中心とした事務作業を行っていました。
また、働いていた会社の創業記念式典が数年後に控えていたので、その企画の立案や運営を主に行っていました。

経営戦略室へは一応栄転という形で異動することになりましたが、営業経験が少ない・年齢(社会人経験も低い)・部署として初めての女性社員であるということで、プロジェクトを任されることもありましたが、基本的には先輩社員のサポートや雑用業務を主に行っている状況でした。

雑用業務にはお茶汲みやコピー・出勤してすぐの机の拭き掃除やゴミ捨てなども含まれていました。

 

転職を考えたきっかけはなんでしたか?

異動後の経営戦略室で、自分の裁量で行える仕事量が減ったのが大きな不満でした。

また、古い体質の会社だったからなのか、女性社員であるというだけでお茶汲みやコピーも回ってきて、営業として男性とと同様の条件で働いていた経験があったため、歯がゆい思いをしました。

辞令を出したのは人事であるにも関わらず、その人事から「営業経験が低いのに経営戦略を立てられるわけがない」などの言葉を投げかけられることもあり、同じ部署の先輩社員はそれに対して抗議をしてくれましたが、かなりストレスを溜めていました

人事考課の際にも「仕事で成果を出しているが、まだ若いので高い評価を付けることはできない」という判断を下されることもあり不公平だと感じました。

特にお茶汲みやコピーは総合職として入社したからには必要がないと思っていたため、異動して環境が大きく変わり、耐えられなくなりました。

営業職への配置転換を希望しましたが、プロジェクトの途中で抜けることはできないと言われ、抱えているプロジェクトが数年単位だったのもあり、転職を決意しました。

 

転職活動中はどのように活動されていましたか?

業界を変えたくなかったので、業界ごとの求人を見ることに使いました。

転職した経験者は何個も転職サイトを使う人も多いと聞きましたが、私は一件しか使っていません。

面接のスケジュール調整や、年収の交渉など自分では行いにくい交渉をしてもらいました。

また、第一志望の会社にはどうしても入りたかったので、そこの面接で過去に何を聞かれたかという情報をエージェントに集めてもらいました。

面接の過去問に対する答えもあらかじめ用意し、自分では気づかない矛盾等がないかどうかもチェックしてもらいました。

地方から関東圏への転職だったこともあり、基本的には面接を金曜日か土曜日に設定してもらいましたが、その交渉を実にうまく行っていただけました。

また、既にその会社で働いている人の口コミなども入手してもらい社風などもあらかじめ把握できました。

 

転職時に重視していたことは何でしたか?

前職のように「女性だから」「若いから」という理由で業務の幅が狭められることのない会社を選びました

年収に関しても、関東圏での一人暮らしになるので高めの年収が得られるところを厳選しました。

営業に戻りたいという思いがあったので、職種にこだわり、異動のスパンが長い会社を選択しました。

口コミなどはチェックしていましたが、社風をかなり重視したかったので、面倒ではありましたが面接の回数が多めにとられている会社を重点的にチェックしました。

しかし、転職時には前職に在籍している途中で地方在住だったこともあり、一次面接・二次面接はウェブ面接を採用している企業を優先的に受けました。

面接官に対しても、社内の人事部の人間だけではなく、様々な部署から参加している会社の方が風通しが良いと思い、面接官の所属に関してこちらから質問することも多くありました。

 

転職した結果良かったことはなんですか?

希望通りの営業職に戻れ、性差によって理不尽な思いをすることがない会社に入社できました。

エージェントを利用したおかげか、年収に関しては当初こちらが提示していた額よりもかなり多めの額を提示していただけました

面接時に様々な部署の人と顔を合わせていたおかげで新しい会社でも働きやすく、人間関係もかなり改善されました。
外資系だったので評価の基準も明確であり、半期ごとの人事考課も納得のいく結果でした。

前職は福利厚生の面で家賃補助がないなど不便な思いをすることも多かったのですが、転職後はそういった点も大幅に改善されて金銭的にだいぶ余裕ができました

転職するきっかけとなったお茶汲みやコピーに関しても、面接時にしつこいと思われるくらい確認したので、そういった作業をする必要がなくストレスなく働くことができました。

面接時に社外取締役と面識を作っていたおかげか、入社当初からかなり重要な案件も任されました。

前職の経験を職務経歴書で事細かに提示していたので、営業職ながら経営戦略のような会社の根幹部分にも携わることができました。

地方から関東圏へ出てきたことで様々な職種の人と出会う機会も増え、人脈も広がりました。

 

他の年齢の人におすすめの転職支援サービス

【30歳以下の人におすすめの転職支援サービス】

25歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
26歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
27歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
28歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
29歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び

【30歳以上の人におすすめの転職支援サービス】

31歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
32歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
33歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
34歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
35歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び

-年齢

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 AllRights Reserved.