年齢

31歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び

投稿日:

「31歳向けにおすすめの転職サイトはあるの?」

31歳ともなると長く仕事を経験しているポジションです。

その分、仕事に対して不満を感じる人も珍しくありません。

いつまでも同じ仕事をさせられて仕事に対するモチベーションが下がってしまったり、上がらない給料に嫌気をさして転職したくなったりなど、転職する理由は様々です。

「31歳で転職活動を始めて、本当に転職できるの?」と不安に感じる人もいるかもしれません。

しかし最近は売り手市場となっているぶん、好条件の転職は成功しやすいです。特に30歳となればある程度キャリアを積んでいるため、即戦力として欲しがる企業はたくさんあります。

もし少しでも転職について考えてしまうのであれば、転職サイトへ登録しておくのがおすすめです。転職をするかしないかはともかく、今の自分の転職市場における価値がどれぐらいなのかを知れますし、転職サイトは無料で利用できるサービスがほとんどとなっています。

そこで今回は31歳の人におすすめの転職支援サービスを3つランキング形式でまとめてみました。

転職支援サービスを使った口コミや体験談もまとめていますので、参考にしてみてください。

 

31歳の人におすすめの転職支援サービスランキング

1位 リクナビネクスト

ジャンル:転職サイト
運営会社:リクルートキャリア
登録者数:700万人突破
利用料金:無料

【リクナビNEXTの特徴】

リクナビネクストは最も多くの人に利用されている転職サイトです。

転職した人の8割がリクナビネクストを利用しています。転職を決めた人のほとんどが利用している転職サイトなので、まだ使っていない人は今すぐ無料会員登録しておくべきです。

リクナビネクストを利用している30代前半の人に取ったアンケートによると、半数の人は30代という年齢が転職活動で不利になるとは感じていません。31歳であれば経験やスキルを活かした転職がまだまだできます。

またリクナビネクストはただ求人の情報が載っているだけではなく、ガイドブックがあるので、一人でも悩むことなく転職活動できるのも魅力の1つといえるでしょう。

履歴書や職務経歴書の書き方、面接の注意点など転職者の気になるところはガイドブックさえ読めば迷うことはありません

情報豊富なガイドブックのあるリクナビネクストだからこそ、転職決定数No.1の実績を持っているのでしょう。

また企業からオファーが来るスカウト登録をしておけば、自ら求人を探しに行く暇がなくても、企業の方から面接の連絡をくれるので、求人を探すのに苦労はいりません。

ちなみに登録する際に勤務先の企業を設定すれば、登録したことが会社にばれることはありませんので安心です。

完全無料で転職活動ができますので、まずは無料会員で登録して求人を探してみるようおすすめします。

リクナビNEXTの無料会員登録はこちら

 

2位 DODA

ジャンル:転職サイト+転職エージェントのハイブリッド型
運営会社:パーソルキャリア
登録者数:約402万人
利用料金:無料

【DODA(デューダ)の特徴】

DODAは転職サイトと転職エージェントの良いところを足したような転職支援サービスとなっています。自分で求人を探すこともできれば、アドバイザーからのサポートも受けることが可能です。

またDODAは前職のスキルを生かした求人紹介に特化している傾向にありますので、これまでの経験を元に仕事を選びたいという方におすすめの転職支援サービスと言えるでしょう。

31歳となるとこれまでに培った経験とスキルが転職活動の武器となります。DODAのアドバイザーは自分でも気づけない強みを見つけて求人を紹介してくれますので、一人で転職活動していたら気づけないことにも気づくことが可能です。

またDODAは転職者からの満足度が最も高いことで評判のサービスでもあります。紹介される求人の数や質、アドバイザーの的確な転職活動ノウハウが聞けるなど、無料登録するだけで得られるものは大きいです。

ちなみに東京や大阪、名古屋、福岡などの都市部では転職フェアをよく開催していますので、現場の社員の話を直接聞くことができる機会もあります。

大企業から中小企業まで幅広い企業が来ていますし、現地ではガイドさんがあなたにおすすめする企業を直接アドバイスしてくれますので、行ってみて適職が見つかった転職者も珍しくありません

DODAも完全無料で利用できますので、まずは無料会員でどんな求人があるのかチェックしてみるのをおすすめします。

DODA(デューダ)の無料会員登録はこちら

 

3位 ビズリーチ

ジャンル:転職サイト
運営会社:ビズリーチ
登録者数:100万人突破
利用料金:無料会員でも転職活動は可能
年収750万円未満:30日間2,980円(税抜)
年収750万円以上:30日間4,980円(税抜)

【ビズリーチの特徴】

ビズリーチは高収入の求人が多いことで人気のある転職サイトです。

年収600~1,000万円クラスの求人が珍しくないほど高い年収の求人を取り揃えていますので、年収アップを目指して転職したい人におすすめします。

転職サイトの中でも年収600万円以上の方が支持しているNo.1の転職サイトですので、年収600万以上で転職を考えている人はビズリーチが無難です。

一般の転職サイトだと年収600万円以上の求人は限られてきますので、なかなか好みの求人は見つかりません。今よりも年収を下げたくない場合はビズリーチの登録は欠かせないです。

31歳で年収アップを実現させて転職している人もいます。「実力に見合った収入をもらえていない」と感じる方はビズリーチをまずは無料で利用してみましょう。無料会員でもスカウトはもらえますので、自分に市場価値がどれぐらいあるのかわかります。

他の転職サイトと比べると、有料会員の制度があるのはデメリットのように感じるかもしれませんが、お金を払うからこそのメリットもあるのはご存知でしょうか?

転職サイトの運営側は基本的に求人を出す企業側からもらうお金で経営しています。そのため企業側の要望を優先的に聞いてしまう傾向があるので、企業優先のサービスとなりがちです。

しかしビズリーチは求職者もお金を払うため、運営は求職者と企業のどちらも優先してサービス提供をしてくれますので、低い質の求人はほとんどありません

お金を払うからこそ、一生を左右する転職活動が後悔しないものになります。

有料会員の方が有利に転職できるものの、無料会員で転職活動ができないわけではありません。本格的に転職活動する際は有料会員へなればよいので、最初は無料会員として登録することをおすすめします。

ビズリーチの無料会員登録はこちら

 

「仕事は楽しかったものの、スキルアップを目指して転職しました」31歳男性Sさん

年収や職種など転職前と転職後の違い

転職前 転職後
年収 400~600万円 200~400万円(50~100万円ダウン)
職種 公務員事務職 民間企業事務職

転職前の会社ではどのように働いていましたか?

新卒で入職し、経理の仕事を2年、秘書の仕事を2年、合計で4年間勤めていました。

勤務時間は平日8時30分から1時間休憩を取って17時15分まで。職場全体で500人ほど、たくさんの部や課があり、2〜3年ごとに人事異動が発令されてまったく違う仕事をすることになる職場でした。

経理の仕事をしていた際には、入金処理や未収勘定の管理等をしており、簿記や会計にも興味を持ち日商簿記2級を取得しました。

会計分野で経験を積みたかったのですが希望はかなわず、秘書部門へ異動となりました。

秘書となってからは、スケジュール管理や予算管理、伝票作成にパーティ会場やお花の手配等、雑務は何でもやりました。

会計の仕事とは全く毛色が違い戸惑いましたが、感謝されることが非常に多くやりがいのある仕事でした。

 

転職を考えたきっかけはなんでしたか?

自己研鑽の風土がある職場ではなかったからです。

労働環境、お給料共に悪くなかったのですが、安定を求めて入職した人たちが現状維持のまま働こうとしている空気感が好きではありませんでした。

同僚との飲み会も多く、定時で仕事をあがって毎日のように飲みにいくことも珍しくありませんでした。自身も飲み会は好きなので、なんて楽しい職場なんだろう、みんな良い人で本当によかったと思っていたのですが、3年が過ぎた頃に入職当時から自分があまりに成長していないことに気がついて途端に怖くなりました

資格を取ったりはしていましたが、このままこの会社の中だけで通じる規則や流れだけを学んで偉くなって、それが一体何になるのだろう、こんなことをあと40年も続けていくのかと恐ろしくなったのです。

どこに行っても通じるような実力をつけたい、もっと仕事に向き合いたいと考えて民間企業への転職を考えるようになりました。

 

転職活動中はどのように活動されていましたか?

転職経験者の友人に薦められて、リクルートエージェントやマイナビエージェントなど、複数の転職エージェントサイトに登録をしていました

最初にいくつかの質問に答えて、どういった風土の会社が向いているか診断を受けました。

その後、エージェントと面談を行い、前職で一番頑張ったことや挫折の経験、どう克服したかなど質問をされて、より深く適正を探ってくれました。

その後は、適正と自分のキャリアや希望勤務地、年収等の条件に合う仕事をエージェントが毎日のように紹介してくれるので、無数の仕事の中から自分で検索して探すよりも効率がよく、とても助かっていました。

働きながらの転職活動だったので、いかに少ない時間を効率的に使うかが転職活動の鍵となってくると思います。

エージェントはエントリーシート等のアドバイスや添削もしてくれますし、なにより話を聞いてくれるので、転職中心細いときにもとても励みになりました。

自分の目で探すことも必要だと思うので、休日には緩めに設定した条件で、複数の求人サイトで求人を検索していました。

 

転職時に重視していたことは何でしたか?

自分にとって興味のある仕事かどうかということを一番に重視していました。

公務員と比べると待遇が下がってしまうのはある程度仕方ないと割り切っていたので、待遇面は生活できる程度のお給料があればよいと考えて転職先を探していました。

また、残りの人生をその仕事と共に過ごしていくためにはマルチプレイヤーではなくスペシャリストになるほうがよいのではないかと考えていたので、経験を積んで勉強をすることのできる職場という目線で転職先を探しました

大手にするか中小企業にするか非常に悩みましたが、中小企業で人数が少ないほうがより当たれる業務が広く面白いのではないかと考え、規模が大きすぎないというのもひとつの判断基準にしていました。

 

転職した結果良かったことはなんですか?

周囲がみな自分よりもその分野に深い知識を持っているので、毎日とても勉強になることです。

業界経験者がほとんどのところにまったくの未経験で飛び込んだので、あまりの実力差に落ち込むことも多々ありますが、毎日少しでも前に進もうと必死で勉強しています。

業界に入る前は知らなかった専門書を読むことが出来たり、普通では目にすることの出来ない資料に触れることも出来るので、仕事は大変だけれど転職してみてよかったなと日々噛み締めています。

たまには気持ちがだれてしまうこともあるのですが、周囲のモチベーションがすごく高いので、自分も負けずに頑張ろうと気持ちを取り戻して仕事をしています。

転職前にはありえなかったことですが、就業後や休日に自主的に勉強をすることもまったく苦になりません。

仕事で必要なフランス語の勉強も始めました。なりたい先輩たちが周囲にいるのでとても励みになっています。

また、たまたまですが前職より勤務地が近くなり、1時間程度から30分以内に通勤時間が短くなりました。

本を読んだりスマートフォンを見たりしていたので通勤時間のことは特に何も思っていなかったのですが、実際に短くなってみるととても快適で、1日が増えたような気がします。

これから転職をされる方にも、通勤時間をひとつの目安にすることは非常にお勧めです。

 

他の年齢の人におすすめの転職支援サービス

【31歳以下の人におすすめの転職支援サービス】

26歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
27歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
28歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
29歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
30歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び

【31歳以上の人におすすめの転職支援サービス】

32歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
33歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
34歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
35歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
36歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び

-年齢

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 AllRights Reserved.