年齢

32歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び

投稿日:

「仕事に対する不満がありすぎて転職をしたい」

「32歳向けにおすすめの転職サイトはあるの?」

32歳で転職を考える人は珍しくありませんし、転職理由は人によって様々です。

毎年1,000円しか昇給しなくなった低給与な仕事に限界を感じたり、いつまでも同じ仕事しかさせてもらえなくて嫌になったりなど、転職理由を聞くと、様々な問題が見えてきます。

もし少しでも転職について考えてしまうのであれば、転職サイトへ登録しておくのがおすすめです。転職をするかしないかはともかく、今の自分の転職市場における価値がどれぐらいなのかを知れますし、転職サイトは無料で利用できるサービスがほとんどとなっています。

また最近は売り手市場となっているぶん、好条件の転職は成功しやすいです。特に32歳となればある程度キャリアを積んでいるため、即戦力として欲しがる企業はたくさんあります。

そこで今回は32歳の人におすすめの転職支援サービスを3つランキング形式でまとめてみました。

転職支援サービスを使った口コミや体験談もまとめていますので、参考にしてみてください。

 

32歳の人におすすめの転職支援サービスランキング

1位 リクナビネクスト

ジャンル:転職サイト
運営会社:リクルートキャリア
登録者数:700万人突破
利用料金:無料

【リクナビNEXTの特徴】

リクナビネクストは最も多くの人に利用されている転職サイトです。

転職した人の8割がリクナビネクストを利用しています。転職を決めた人のほとんどが利用している転職サイトなので、まだ使っていない人は今すぐ無料会員登録しておくべきです。

リクナビネクストでは30代前半の方の6割が3か月以内に転職を成功させています。32歳という年齢だと長くかかってしまうのではないかと感じるかもしれませんが、リクナビネクストなら3か月を目途に考えるとよいです。

リクナビネクストはただ求人の情報が載っているだけではなく、ガイドブックがあるので、一人でも悩むことなく転職活動できるのも魅力の1つといえるでしょう。

履歴書や職務経歴書の書き方、面接の注意点など転職者の気になるところはガイドブックさえ読めば迷うことはありません

情報豊富なガイドブックのあるリクナビネクストだからこそ、転職決定数No.1の実績を持っているのでしょう。

また企業からオファーが来るスカウト登録をしておけば、自ら求人を探しに行く暇がなくても、企業の方から面接の連絡をくれるので、求人を探すのに苦労はいりません。

ちなみに登録する際に勤務先の企業を設定すれば、登録したことが会社にばれることはありませんので安心です。

完全無料で転職活動ができますので、まずは無料会員で登録して求人を探してみるようおすすめします。

リクナビNEXTの無料会員登録はこちら

 

2位 DODA

ジャンル:転職サイト+転職エージェントのハイブリッド型
運営会社:パーソルキャリア
登録者数:約402万人
利用料金:無料

【DODA(デューダ)の特徴】

DODAは転職サイトと転職エージェントの良いところを足したような転職支援サービスとなっています。自分で求人を探すこともできれば、アドバイザーからのサポートも受けることが可能です。

またDODAは前職のスキルを生かした求人紹介に特化している傾向にありますので、これまでの経験を元に仕事を選びたいという方におすすめの転職支援サービスと言えるでしょう。

32歳となると、求人を出す企業は即戦力を探して求人を出します。そのため経験やスキルをもとに求人を探してくれるDODAは32歳の方からすると転職成功しやすい求人ばかり紹介してくれるといっても過言ではありません。

またDODAは転職者からの満足度が最も高いことで評判のサービスでもあります。紹介される求人の数や質、アドバイザーの的確な転職活動ノウハウが聞けるなど、無料登録するだけで得られるものは大きいです。

ちなみに東京や大阪、名古屋、福岡などの都市部では転職フェアをよく開催していますので、現場の社員の話を直接聞くことができる機会もあります。

大企業から中小企業まで幅広い企業が来ていますし、現地ではガイドさんがあなたにおすすめする企業を直接アドバイスしてくれますので、行ってみて適職が見つかった転職者も珍しくありません

DODAも完全無料で利用できますので、まずは無料会員でどんな求人があるのかチェックしてみるのをおすすめします。

DODA(デューダ)の無料会員登録はこちら

 

3位 ビズリーチ

ジャンル:転職サイト
運営会社:ビズリーチ
登録者数:100万人突破
利用料金:無料会員でも転職活動は可能
年収750万円未満:30日間2,980円(税抜)
年収750万円以上:30日間4,980円(税抜)

【ビズリーチの特徴】

ビズリーチは高収入の求人が多いことで人気のある転職サイトです。

年収600~1,000万円クラスの求人が珍しくないほど高い年収の求人を取り揃えていますので、年収アップを目指して転職したい人におすすめします。

転職サイトの中でも年収600万円以上の方が支持しているNo.1の転職サイトですので、年収600万以上で転職を考えている人はビズリーチが無難です。

一般の転職サイトだと年収600万円以上の求人は限られてきますので、なかなか好みの求人は見つかりません。今よりも年収を下げたくない場合はビズリーチの登録は欠かせないです。または年収をアップさせたい32歳の方向けとも言えます。

他の転職サイトと比べると、有料会員の制度があるのはデメリットのように感じるかもしれませんが、お金を払うからこそのメリットもあるのはご存知でしょうか?

転職サイトの運営側は基本的に求人を出す企業側からもらうお金で経営しています。そのため企業側の要望を優先的に聞いてしまう傾向があるので、企業優先のサービスとなりがちです。

しかしビズリーチは求職者もお金を払うため、運営は求職者と企業のどちらも優先してサービス提供をしてくれますので、低い質の求人はほとんどありません

お金を払うからこそ、一生を左右する転職活動が後悔しないものになります。

有料会員の方が有利に転職できるものの、無料会員で転職活動ができないわけではありません。本格的に転職活動する際は有料会員へなればよいので、最初は無料会員として登録することをおすすめします。

ビズリーチの無料会員登録はこちら

 

「前職に不満はありませんでしたが、さらなる成長を目指して転職しました」32歳男性Rさん

年収や職種など転職前と転職後の違い

転職前 転職後
年収 400~600万円 600~800万円(100~200万円アップ)
職種 総合商社の経理担当 メガバンクの経理担当

転職前の会社ではどのように働いていましたか?

大学卒業後、新卒として某総合商社に入社し経理部員として勤務していました。入社以来5年間、経理部で勤務しており、配属からの2年半程度は国内経理のGに所属しており、国内の出納業務、資金繰、銀行折衝窓口を担当していました。

その後1年間は為替関係のGに所属し、海外からの入金管理、貿易書類の整備に従事。

その後の2年間は決算関係のGに所属。主な担当業務としては、単体・連結決算の整備、国内の税務申告実務、海外税務の情報収集などが挙げられます。

5年間という期間ではありましたが、会計システムの入れ替えや会社の合併、大型の投資案件などこれまでになかったイベントが多くあり幅広い業務を経験しながら濃密な時間を過ごすことが出来ました

 

転職を考えたきっかけはなんでしたか?

私が転職を考えたきっかけは主に2つあります。

1つ目は、5年間で培ったスキルを活かしてより広いフィールドで力を試したいと思ったからです。

私は、準大手の総合商社で経理職を担当しておりましたが、個人の担当領域が異常に幅広かったため、同世代の人間よりはいろいろなことを知っている自負がありました。その経験を活かして転職することで報酬アップも見込め、より一層のスキルアップも目指せると考えたため転職活動をすると決めました。

2つ目は現在の会社の経営方針に疑問を持ったからです。

私は一般的に、攻めの経営方針を貫いている企業に魅力を感じています。変化を恐れず世の中の変化に柔軟に対応できる企業でないと生き残っていないと考えているので、そういった方針が見えなかった前職に見切りをつけることを決意しました。

 

転職活動中はどのように活動されていましたか?

転職活動をするうえで、転職サイトは複数登録するのが一般的と言われています。

ただ、私は転職サイトの登録は1つに絞り、最低限の情報と日程調整をやってもらうことにしました

実際に私が登録した転職サイトはDODAです。

DODAに登録すると面談カウンセリングか電話でのカウンセリングを受けてほしいと打診されるので、私は面談でのカウンセリングを選択し担当のエージェントと会うことに。

私の経歴を話し希望の業界などを伝えると、翌日からおすすめ求人を毎日配信してくれるようになるのでそこから何社か選択して応募。

書類選考が通れば面談に進むという流れでした。

面接方法などもアドバイスするサービスはあるようですが、私は凝り固まった回答をするのが嫌いだったのでそこは使いませんでした

複数社に対して応募を行うので日程調整をしてくれるエージェントは非常に便利です。

また、選考前には注意点などをメールで連絡して貰えたので、ある程度の傾向をつかみつつ面接に臨むことが出来ました

一方で、面接後、エージェントに対して電話でフィードバックをしなければならない点は若干面倒に感じました。

それを聞いて企業に対して後押しをしてくれるのだとは思うのですが、フィードバックの時間が20分程度取られるのは少し無駄な気がしていたのも事実です。

最終的に何社か内定をいただけたのでそういった無駄と思うことも必要だったのかなと今は納得しています。

 

転職時に重視していたことは何でしたか?

私が転職活動をするうえで重視していた点は主に2点です。

1点目は前職での経験を活かせるということです。

全く異なる業界にチャレンジするという選択肢もありました。ただ、それではこれまで培ってきたスキルが無駄になるような気がして嫌だったので前職と同様に経理関係の業務を担当することが出来る事業会社を中心に転職活動をすすめました。

2つ目に私が重視していたことは、給料および手当の増加です。

新卒で仕事を始めた頃は経験こそ第一であり、報酬は二の次と思っていました。ただ、自分のスキルがどんどん上がっていくともっと報酬がもらえる企業があるのではないかという興味が出てきました。転職活動をしていた頃は、報酬面で妥協をせず、前職よりも報酬が上がることを最低条件としていました。

 

転職した結果良かったことはなんですか?

転職した結果良かったことは主に3つあります。

1つは単純にスキルアップしたということです。

前職よりも大きな規模の企業に転職したのでより大きなプロジェクトに関わるようになり責任も大きくなりました。そういった環境でいろいろな業務を経験することで加速度的に自分が成長していることを感じました。

2つ目は人脈が増えたということです。

私は前職を円満退社することが出来たので、前職での人間関係も保ちつつ新しい会社での人脈も広げることが出来ました。そうすることで幅広い人と触れ合うことが出来るようになったので自分の経験も増しますし、今までなかった視野を持って仕事を出来るようになった実感があります。

3つ目は収入面の安定です。

私は転職前、結婚を前提に付き合っている彼女がいたのですが、結婚するには収入面で不安があったのでそこに踏み切れずにいました。ただ、転職後は残業時間が減少したにも関わらず収入は大きく増加し住居手当なども出るようになったため収入面での余裕が生まれ結婚に踏み切ることが出来ました。

 

他の年齢の人におすすめの転職支援サービス

【32歳以下の人におすすめの転職支援サービス】

27歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
28歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
29歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
30歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
31歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び

【32歳以上の人におすすめの転職支援サービス】

33歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
34歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
35歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
36歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
37歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び

-年齢

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 AllRights Reserved.