年齢

37歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び

投稿日:2018年6月13日 更新日:

「37歳は転職厳しいかもしれないけど、転職にチャレンジしたい」

「37歳におすすめの転職サイトはあるの?」

30代後半となると年齢を重ねていますので、転職活動が不利になると考える人は多いです。

しかし大手転職サイトが実施したアンケート結果によると、転職成功した30代後半の人で転職を不利に感じた人は半数しかいません。

意外と転職活動を始めてみれば不利に感じない方も多いです。最近は転職した人の平均年齢が上がってきており、37歳でも転職を決めている人はたくさんいます。

もし少しでも転職について考えてしまうのであれば、転職サイトへ登録しておくのがおすすめです。転職をするかしないかはともかく、今の自分の転職市場における価値がどれぐらいなのかを知れますし、転職サイトは無料で利用できるサービスがほとんどとなっています。

そこで今回は37歳の人におすすめの転職支援サービスを3つランキング形式でまとめてみました。

転職支援サービスを使った口コミや体験談もまとめていますので、参考にしてみてください。

 

37歳の人におすすめの転職支援サービスランキング

1位 リクナビネクスト

ジャンル:転職サイト
運営会社:リクルートキャリア
登録者数:700万人突破
利用料金:無料

【リクナビNEXTの特徴】

リクナビネクストは最も多くの人に利用されている転職サイトです。

転職した人の8割がリクナビネクストを利用しています。転職を決めた人のほとんどが利用している転職サイトなので、まだ使っていない人は今すぐ無料会員登録しておくべきです。

37歳という年齢でも、リクナビネクストで転職活動を始めてみると、意外と余裕があると感じるでしょう。

30代後半の転職希望者、転職経験者へとったアンケートによると、転職希望者は約8割が年齢を不利だと感じているものの、転職した人が実際に不利だと感じたのは約5割しかいません。

リクナビネクストはただ求人の情報が載っているだけではなく、ガイドブックがあるので、一人でも悩むことなく転職活動できるのも魅力の1つといえるでしょう。

履歴書や職務経歴書の書き方、面接の注意点など転職者の気になるところはガイドブックさえ読めば迷うことはありません

情報豊富なガイドブックのあるリクナビネクストだからこそ、転職決定数No.1の実績を持っているのでしょう。

また企業からオファーが来るスカウト登録をしておけば、自ら求人を探しに行く暇がなくても、企業の方から面接の連絡をくれるので、求人を探すのに苦労はいりません。

ちなみに登録する際に勤務先の企業を設定すれば、登録したことが会社にばれることはありませんので安心です。

完全無料で転職活動ができますので、まずは無料会員で登録して求人を探してみるようおすすめします。

リクナビNEXTの無料会員登録はこちら

 

2位 DODA

ジャンル:転職サイト+転職エージェントのハイブリッド型
運営会社:パーソルキャリア
登録者数:約402万人
利用料金:無料

【DODA(デューダ)の特徴】

DODAは転職サイトと転職エージェントの良いところを足したような転職支援サービスとなっています。自分で求人を探すこともできれば、アドバイザーからのサポートも受けることが可能です。

またDODAは前職のスキルを生かした求人紹介に特化している傾向にありますので、これまでの経験を元に仕事を選びたいという方におすすめの転職支援サービスと言えるでしょう。

37歳という年齢はこれまでのスキルをアピールすることが転職成功の秘訣となります。DODAのアドバイザーはあなたの経歴から自分では気づけない、転職市場から見たあなたの強みを見つけてくれるでしょう。

またDODAは転職者からの満足度が最も高いことで評判のサービスでもあります。紹介される求人の数や質、アドバイザーの的確な転職活動ノウハウが聞けるなど、無料登録するだけで得られるものは大きいです。

ちなみに東京や大阪、名古屋、福岡などの都市部では転職フェアをよく開催していますので、現場の社員の話を直接聞くことができる機会もあります。

大企業から中小企業まで幅広い企業が来ていますし、現地ではガイドさんがあなたにおすすめする企業を直接アドバイスしてくれますので、行ってみて適職が見つかった転職者も珍しくありません

DODAも完全無料で利用できますので、まずは無料会員でどんな求人があるのかチェックしてみるのをおすすめします。

DODA(デューダ)の無料会員登録はこちら

 

3位 ビズリーチ

ジャンル:転職サイト
運営会社:ビズリーチ
登録者数:100万人突破
利用料金:無料会員でも転職活動は可能
年収750万円未満:30日間2,980円(税抜)
年収750万円以上:30日間4,980円(税抜)

【ビズリーチの特徴】

ビズリーチは高収入の求人が多いことで人気のある転職サイトです。

年収600~1,000万円クラスの求人が珍しくないほど高い年収の求人を取り揃えていますので、年収アップを目指して転職したい人におすすめします。

転職サイトの中でも年収600万円以上の方が支持しているNo.1の転職サイトですので、年収600万以上で転職を考えている人はビズリーチが無難です。

一般の転職サイトだと年収600万円以上の求人は限られてきますので、なかなか好みの求人は見つかりません。今よりも年収を下げたくない場合はビズリーチの登録は欠かせないです。

ビズリーチは即戦力を欲しがっている求人が多く40代や50代の人が多く転職成功させている実績があります。37歳だと企業やヘッドハンターから多くのスカウトをもらえる可能性も高いです。

他の転職サイトと比べると、有料会員の制度があるのはデメリットのように感じるかもしれませんが、お金を払うからこそのメリットもあるのはご存知でしょうか?

転職サイトの運営側は基本的に求人を出す企業側からもらうお金で経営しています。そのため企業側の要望を優先的に聞いてしまう傾向があるので、企業優先のサービスとなりがちです。

しかしビズリーチは求職者もお金を払うため、運営は求職者と企業のどちらも優先してサービス提供をしてくれますので、低い質の求人はほとんどありません

お金を払うからこそ、一生を左右する転職活動が後悔しないものになります。

有料会員の方が有利に転職できるものの、無料会員で転職活動ができないわけではありません。本格的に転職活動する際は有料会員へなればよいので、最初は無料会員として登録することをおすすめします。

ビズリーチの無料会員登録はこちら

 

「年収は下がったものの勤務時間は減ったので満足です」37歳男性Kさん

年収や職種など転職前と転職後の違い

転職前 転職後
年収 200~400万円 200~400万円(20~50万円ダウン)
職種 経理事務(準社員) オペレーター(契約社員)

転職前の会社ではどのように働いていましたか?

地元の中小企業に、26歳で就職し、事務員として働いていました。
地元では割と有名な会社でした。

総務部経理課所属でしたが、そこは、社内で一番忙しいと言われるほど、仕事が大量にある、忙しい部署でした。

営業が200人近くいるのに対して、数名の事務員で対応していたのですから忙しいのは当然です。

月に数回ある「締め日」は、朝から晩まで座る暇もないほど忙しく過ごしていました。

転職前の職場は、朝は8時30分からで、定時は17時半でした。
しかし、私に関して言えば、定時に帰れたことは、数えるほどしかありません。
早い時間に帰ることができたのは、体調が悪かったときくらいです。
朝まで勤務したこともありますし、通常でも22時くらいまでは帰宅できませんでした。
年に何度かは、深夜2時、深夜3時、ということもありました。

当時は週休2日だったので、第1、第3、第5土曜日は出勤日でした。
休日出勤はありませんでしたが、とにかく残業の多い職場でした。
ところが、17時から18時までは、なぜか「休憩」という扱いで、無給となりました。

しかしその時間は営業から電話がかかってくることが多かったために、休憩という感覚はありませんでした。
毎日最低30分はサービス残業していたようなものです。
そんなふうにして忙しく働いている割に、福利厚生も少なく、報われることもなく、
「何のために頑張っているのか分からない」
と感じる日々でした。

 

転職を考えたきっかけはなんでしたか?

・給料が安い
・正社員登用制度もなく、将来状況が良くなる見込みがない
というのが、最も大きな転職理由です。

会社は好景気であったため、正社員の待遇はかなり良かったようですが、私たち準社員は、かなり安い時給で働いていました。

毎年昇給はしていたのですが、なんと時給で「5円」ずつの昇給という悪条件。

休みは少なく、勤務時間は長く、給料は安い、という状況でした。
しかも、ある程度まで上がると、昇給もなくなるのです。
ボーナスはありましたが、月々の手取り金額は、かなり低くて生活が苦しかったです。

とはいえ、人間関係も良かったため、正直なところ、転職せず働きたかったです。
せめて「頑張ったら報われる」という状況だったら転職しなかったと思います。

 

転職活動中はどのように活動されていましたか?

まずは、インターネットで見つけた転職サイトに登録を行いました。
転職サイトは、1社だけではなく、複数登録をしました

その転職サイトで開示されている求人情報と、ハローワークで掲載されている求人情報を、毎日きっちり細かい中身までチェックしました。

そして、「どういう求人が出ているか」「いつも求人が出ている会社は」「条件が悪い会社は」などをある程度把握しました。

その後に、転職サイト、およびハローワークに出ている求人で、自分の条件に合うと感じたものに、次々と応募してみました。

転職しようと決意してから仕事が決まるまでは、約半年ほどかかったと記憶しています。
時間が掛かってでも、前より条件の良い仕事につきたかったため問題はありませんでした。
最終的には、転職サイトで見つけたIT系の企業に、オペレーターとして就職しました。

 

転職時に重視していたことは何でしたか?

私の場合は、
・給与(時給)
・年間休日数
を重視して新しい仕事を探しました。

前に勤めていたところよりも、少しでも条件が良いところで働きたいと考えたからです。
また、年間休日数を重視したのは、趣味に使う時間もそれまでよりも増やしたかったからです。

できれば人間関係も良い会社で働きたいとは思いましたが、就職前には分かりにくい部分でもあるため、考慮しようがありませんでした。

転職した先は、時給が前の職場よりは高い上に、完全週休二日制でした。

ただし、「休みが多いぶん、働く時間が短い」「ボーナスがない」ということで、前より年収は下がってしまいました。

 

転職した結果良かったことはなんですか?

年間休日数が増えて、給与が少し上がったおかげで、それまでよりは身体に掛かる負担が少なくなったと感じました。

その結果、以前と比べると、疲労やストレスで身体を壊すことも減りました

さらに、転職先が時給ではなく月給制だったことから、年末年始やGW、お盆など休日が多い月などでも、安定した収入が得られるようになりました。
時給制のときは、月によって収入が大きく違ったものでした。
1月、2月、5月、8月は、どうしても稼働日が少なくなります。
そのため、それまでは、当然ですが、その月に関しては手取りも少なくなるのが普通だったのです。
月給制になったことによって、月々の収入に関してはかなり楽になったと感じました。

残業は新しい会社でも発生しましたが、転職前と比較すると、半分以下となりました
また、新しい職場には、正社員登用制度があり、2年以上働くと、正社員になれる可能性がありました。
それにより「自分次第で成果は出るかもしれない」と思えるようになったため、働くモチベーションがかなりあがりました。
身体は楽で、ある程度休みがある上に、給料が安定したことから、「転職して良かった」と感じました。

 

他の年齢の人におすすめの転職支援サービス

【37歳以下の人におすすめの転職支援サービス】

32歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
33歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
34歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
35歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
36歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び

【37歳以上の人におすすめの転職支援サービス】

38歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
39歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
40歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
41歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
42歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び

-年齢

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 AllRights Reserved.