年齢

38歳の人におすすめ転職サイト4選!失敗しない転職サイト選び

更新日:

「38歳におすすめの転職サイトはあるの?」

「38歳でも転職先が見つかる転職サイトなんてあるのかな...」

30代後半という年齢から、転職は難しいと決めつけているのではないでしょうか?

確かに20代に比べると、転職先の幅は狭まっているかもしれませんが、最近は転職年齢が増加傾向にあり、38歳でも多くの人が転職成功させています。

20代の若手ではなく、30代後半の即戦力を欲しがっている企業は非公開の求人にたくさんあります。

意外と転職活動を始めてみれば不利に感じない方も多いです。最近は転職した人の平均年齢が上がってきており、38歳でも転職を決めている人はたくさんいます。

もし少しでも転職について考えてしまう場合は、転職サイトへ登録しておくのがおすすめです。転職をするかどうかはともかく、今の自分の転職市場における価値がどれぐらいなのかを知れますし、転職サイトは無料で利用できるサービスがほとんどとなっています。

そこで今回は38歳の人におすすめの転職支援サービスを3つランキング形式でまとめてみました。

転職支援サービスを使った口コミや体験談もまとめていますので、参考にしてみてください。

 

38歳の人におすすめの転職支援サービスランキング

1位 リクルートエージェント

ジャンル:転職エージェント
運営会社:リクルートキャリア
登録者数:約50万6,000人
利用料金:無料

【リクルートエージェントの特徴】

リクルートエージェントはアドバイザーと呼ばれるサポートがついている転職サイトです。

リクナビネクストと違って、アドバイザーが転職活動のすべてを行ってくれるので、ほとんど何もしなくても転職先が見つかります

登録したら、あとはアドバイザーからの連絡を待つだけです。アドバイザーから連絡があったらこれからの転職活動についての話し合いがありますので、そこで今後の転職活動の方針を固めていく流れです。

そのあとはアドバイザーが紹介してくれる求人を見ながら、気に入ったものがあれば応募していきましょう。応募する際に必要な履歴書等の書類はアドバイザーのサポート付きで作っていきますし、面接の日時調整などもアドバイザーが代わりにやってくれます。

面接終了後、内定がもらえた後もアドバイザーが入社の手続きや年収の交渉などすべてしてくれるほどサポートは厚いです。転職先で働きだすまでつきっきりでサポートしてくれるのはリクルートエージェントならではの強みと言えるでしょう。

特に38歳で初めて転職する方はアドバイザーがいるリクルートエージェントを利用するのが良いです。転職活動は自分一人でやるには思ったよりやることが多く、戸惑うことも珍しくありません。

リクルートエージェントならほぼすべての手続きをアドバイザーが代行してくれるうえに、年収アップも交渉してくれるので安心です。

サポートの厚いリクルートエージェントは完全無料で利用できます。一人で転職活動するのに不安を感じる方はリクルートエージェントで転職活動を始めてみるのがおすすめです。

リクルートエージェントの無料会員登録はこちら

 

2位 DODA

ジャンル:転職サイト+転職エージェントのハイブリッド型
運営会社:パーソルキャリア
登録者数:約402万人
利用料金:無料

【DODA(デューダ)の特徴】

DODAは転職サイトと転職エージェントの良いところを足したような転職支援サービスとなっています。自分で求人を探すこともできれば、アドバイザーからのサポートも受けることが可能です。

またDODAは前職のスキルを生かした求人紹介に特化している傾向にありますので、これまでの経験を元に仕事を選びたいという方におすすめの転職支援サービスと言えるでしょう。

38歳という年齢はこれまでのスキルをアピールすることが転職成功の秘訣となります。DODAのアドバイザーはあなたの経歴から自分では気づけない、転職市場から見たあなたの強みを見つけてくれるでしょう。

またDODAは転職者からの満足度が最も高いことで評判のサービスでもあります。紹介される求人の数や質、アドバイザーの的確な転職活動ノウハウが聞けるなど、無料登録するだけで得られるものは大きいです。

ちなみに東京や大阪、名古屋、福岡などの都市部では転職フェアをよく開催していますので、現場の社員の話を直接聞くことができる機会もあります。

大企業から中小企業まで幅広い企業が来ていますし、現地ではガイドさんがあなたにおすすめする企業を直接アドバイスしてくれますので、行ってみて適職が見つかった転職者も珍しくありません

DODAも完全無料で利用できますので、まずは無料会員でどんな求人があるのかチェックしてみるのをおすすめします。

DODA(デューダ)の無料会員登録はこちら

 

3位 ビズリーチ

ジャンル:転職サイト
運営会社:ビズリーチ
登録者数:100万人突破
利用料金:無料会員でも転職活動は可能
年収750万円未満:30日間2,980円(税抜)
年収750万円以上:30日間4,980円(税抜)

【ビズリーチの特徴】

ビズリーチは高収入の求人が多いことで人気のある転職サイトです。

年収600~1,000万円クラスの求人が珍しくないほど高い年収の求人を取り揃えていますので、年収アップを目指して転職したい人におすすめします。

転職サイトの中でも年収600万円以上の方が支持しているNo.1の転職サイトですので、年収600万以上で転職を考えている人はビズリーチが無難です。

一般の転職サイトだと年収600万円以上の求人は限られてきますので、なかなか好みの求人は見つかりません。今よりも年収を下げたくない場合はビズリーチの登録は欠かせないです。

ビズリーチは即戦力を欲しがっている求人が多く40代や50代の人が多く転職成功させている実績があります。38歳だと企業やヘッドハンターから多くのスカウトをもらえる可能性も高いです。

他の転職サイトと比べると、有料会員の制度があるのはデメリットのように感じるかもしれませんが、お金を払うからこそのメリットもあるのはご存知でしょうか?

転職サイトの運営側は基本的に求人を出す企業側からもらうお金で経営しています。そのため企業側の要望を優先的に聞いてしまう傾向があるので、企業優先のサービスとなりがちです。

しかしビズリーチは求職者もお金を払うため、運営は求職者と企業のどちらも優先してサービス提供をしてくれますので、低い質の求人はほとんどありません

お金を払うからこそ、一生を左右する転職活動が後悔しないものになります。

有料会員の方が有利に転職できるものの、無料会員で転職活動ができないわけではありません。本格的に転職活動する際は有料会員へなればよいので、最初は無料会員として登録することをおすすめします。

ビズリーチの無料会員登録はこちら

 

4位 リクナビネクスト

ジャンル:転職サイト
運営会社:リクルートキャリア
登録者数:700万人突破
利用料金:無料

【リクナビNEXTの特徴】

リクナビネクストは最も多くの人に利用されている転職サイトです。

転職した人の8割がリクナビネクストを利用しています。転職を決めた人のほとんどが利用している転職サイトなので、まだ使っていない人は今すぐ無料会員登録しておくべきです。

38歳という年齢でも、リクナビネクストで転職活動を始めてみると、意外と余裕があると感じるでしょう。

30代後半の転職希望者、転職経験者へとったアンケートによると、転職希望者は約8割が年齢を不利だと感じているものの、転職した人が実際に不利だと感じたのは約5割しかいません。

リクナビネクストはただ求人の情報が載っているだけではなく、ガイドブックがあるので、一人でも悩むことなく転職活動できるのも魅力の1つといえるでしょう。

履歴書や職務経歴書の書き方、面接の注意点など転職者の気になるところはガイドブックさえ読めば迷うことはありません

情報豊富なガイドブックのあるリクナビネクストだからこそ、転職決定数No.1の実績を持っているのでしょう。

また企業からオファーが来るスカウト登録をしておけば、自ら求人を探しに行く暇がなくても、企業の方から面接の連絡をくれるので、求人を探すのに苦労はいりません。

ちなみに登録する際に勤務先の企業を設定すれば、登録したことが会社にばれることはありませんので安心です。

完全無料で転職活動ができますので、まずは無料会員で登録して求人を探してみるようおすすめします。

リクナビNEXTの無料会員登録はこちら

 

「精神的にもスキル的にもレベルアップできてよかったです」38歳男性Tさん

年収や職種など転職前と転職後の違い

転職前 転職後
年収 200~400万円 200~400万円
職種 ネットワークエンジニア ネットワークエンジニア

転職前の会社ではどのように働いていましたか?

主に同じ場所でlinux系のサーバに対し、サーバとネットワーク異常が発生していないかどうかチェックする仕事を行っていました。

異常が発生している場合は、トラブル内容に合わせてマニュアルが準備されており、コマンド入力もしくはサーバやネットワークの再起動を行うという簡単な仕事内容です。

勤務時間は24時間仕事をしなくてはいけないので、早朝や深夜の時間帯に働かなくてはいけない時もありました。

体制としては基本的に3人で働く事がほとんどで休憩する時は一人ずつ休憩していくという形です。日中働いている時は、状況に合わせて休憩していき、早朝や深夜の時はそこまで忙しくなる事は多くないので各自空いている時間を利用して、休むという流れでした。

また勤務中に異常が起きてしまった時は、引き継ぎ時にきちんと報告しないといけません。ちょっとした報告も怠ってしまうと後に仕事をする方に大きな迷惑をかけてしまうので、注意しながら仕事をしていました。

 

転職を考えたきっかけはなんでしたか?

人間関係が非常に悪く、仕事をする際に日々ストレスを感じていました。

特に嫌いな人間が二人ほど存在しており、その人と一緒に仕事をする事になると精神的な苦痛を及ぼすケースが多かったです。

あまりにも酷い場合には頭痛や吐き気を起こしてしまい、仕事に影響を及ぼすので転職を検討した一つの理由です。

その他にも転職を決意した理由として、何時までも同じ作業の繰り返しでネットワークエンジニアとして成長するのが難しいと感じていました

トラブル時は多少忙しくなりますがそれでも入力するコマンドが決まっていましたし、どのようなトラブルが起こりやすいのかある程度想定できていました。

ネットワークエンジニアとして成長するためには、更なる環境にチャレンジしないといけないと感じたので、転職を考えました

給料や福利厚生に関してもあまり満足していなくて、特に残業代が一定以上支払われないという部分に対し、不満を感じていました。ちょっとでも多くのお金を稼ぎながら成長していきたいという気持ちが強かったので、当時転職を行いました。

 

転職活動中はどのように活動されていましたか?

一番良く利用したのは転職サイトです。

その理由として大手企業だけではなく、中小企業の求人を多く取り扱っており、ネットワークエンジニアとして成長しやすい求人が目立っていました。

個人的な意見として、企業の規模に関係なく、求人をチェックしていきたいという気持ちがありました。操作性も簡単でしたし、定期的に更新をしてくれる大手の転職サイトを活用していき、魅力的な求人をいくつも見つける事ができました

すぐに応募することができるようにこれまでの履歴や職務経歴を転職サイトに登録することで、気になる求人を見つける事ができた時、すぐに応募できる環境を作っていました。

エージェントサービスを利用することは無かったのですが約三ヶ月ほど使用することで、目的で合った新しい企業にネットワークエンジニアとして内定をもらえたのでよかったです。

 

転職時に重視していたことは何でしたか?

良好な人間関係が築かれているのかどうか必ずチェックをしていました。

面接時に職場を確認できる場合は、積極的に行い、怒号が聞こえるもしくは険悪なムードになっていないか確認をしていました。

その他にも実際に働いている方もしくは過去に働いていた方の体験談を確認していき、どのような人間関係が築かれているのかチェックも怠らないように細心の注意を払っていました。

次に気を付けていたのは勤務時間で、あまりにも早朝や深夜の勤務が多いと高いモチベーションを保つのが厳しくなります。

日中の仕事をできる限り希望していたので、勤務時間に関しても細かく確認していました。

後はどのような形でネットワークエンジニアとして働けるのか判断もしていました

多くの案件やプロジェクトに携わりたいという気持ちがあったので、自社で仕事をするよりも客先常駐スタイルで働きたいという気持ちが強かったです。そこで色んな職場に携わりやすい客先常駐スタイルをメインにしている企業を選択するように心がけていました。

 

転職した結果良かったことはなんですか?

精神的な苦痛によって発生していた頭痛や吐き気などの症状は、転職をすることで一切発生しなくなりました

前職は薬を飲みながら仕事をしていましたがそのようなことは一切しなくてもよくなったのでよかったです。

また新しい企業で働く事により、色んな案件やプロジェクトに携われるようになりました。linux系だけではなく、windows系やnagiosを使用した監視など色んな経験をすることができ、ネットワークエンジニアとして確実に成長している実感を持てたのがよかったです。

人間関係に関しても私が携わっていた案件やプロジェクトでは良好な人間関係が保たれているケースが多く、安心して働く事ができたのが大きかったです。

大変な状況が発生した時もお互いに協力しながら仕事をすることができ、満足しています。給料や福利厚生に関しては、そこまで大きな変化は発生しませんでしたが残業が発生した時は、全額支給をしてくれる企業に転職することができるので、残業を恐れる事は無くなりました。

 

「夫の結婚をきっかけに転職を決めました」38歳女性Rさん

年収や職種など転職前と転職後の違い

転職前 転職後
年収 200~400万円 200~400万円(20~50万円ダウン)
職種 運用保守専門のITエンジニア 学習塾の塾講師

転職前の会社ではどのように働いていましたか?

ITエンジニアとして、データセンターで保守運用の仕事をしていました。各種システムのオペレーションや、サーバールームの点検などが主な業務でした。

データセンターなので24時間365日ずっと止まらず動いており、夜勤があったりと勤務形態はシフト制で不規則でしたが、同僚は皆いい人たちなので無理なく働くことができました

通常は何事もなく保守で終わるのが常でしたが、何かトラブルがあれば上にエスカレーションしたり、あちこちに対応をお願いしたりと、人とのコミュニケーションが重視される職場であったと思います。

他のデータセンターに出張することもあり、その時はサーバーの移設の手伝いをしたりと、普段やらない業務も行いました。ITエンジニアとして、現場を知れる仕事であったと思っています。

 

転職を考えたきっかけはなんでしたか?

転職を考えるきっかけにになったのはズバリ結婚でした。

当時、結婚を予定して準備していたのですが、相手の男性が突然転勤してしまったのです。

彼は他社で営業職として働いていましたが、その会社では結婚した営業は転勤することになっているそうなのです。

しかし、私達はまだ結婚していないのに…とかなり困惑しました。が、転勤は仕方がないので、私はついて行くかしばらく別居かを決めなければなりませんでした。

出した結論は、仕事を辞めて彼について行くこと。ただし、すぐにではなく年度末までは働くことにしました。

運用・保守の仕事で、しかもシフト制だと後任の人が決まらなければ動けなかったからです。

正直、辞めたくはありませんでしたが、相手の彼が転勤したのが飛行機の距離の場所だったので、ついて行くことを決めました。

もう少し近かったら、仕事はもう少し続けたかもしれません。そういう点は、女は損かもしれないとも感じたことを覚えています。

 

転職活動中はどのように活動されていましたか?

結婚して、夫の赴任地に行ってから、まずは転職サイトを見て仕事を探しました

複数の転職サイトを使いましたが、地元密着型の転職サイトがあり、細かく地域ごとに仕事を探せるのでそれが一番使いやすかったです。

転職については、前職と同じIT系も考えたのですが、結婚して夫の分の家事もしなくてはならない今、残業や休日出勤も多いIT系では家のことがおろそかになりそうと危惧して、別の職種を探しました。

色々な条件を入れて仕事を検索するのに、転職サイトはとても便利でした。

仕事の時間や自分のやってみたいことでいろいろ検索した結果、学習塾で塾講師をしてみたいと思い、応募もその転職サイトから行いました。

応募先とのやり取りもそのサイトを介してできたので、とても助かったことを覚えています。

結果的にその時応募した塾で勤めることになったので、私の転職は転職サイトあってのものだったといえます。

 

転職時に重視していたことは何でしたか?

結婚したてだったので、転職は業務時間を重視していました。

給与面は、その学習塾はその地域では平均的な給与額ででしたし、共働きで子どももいなかったので、少々のダウンにはなりましたが納得しました。

塾講師なら授業が終われば帰れるし、残業もおそらく少ないだろうという目論見もありました。

勤務時間が、生徒さんが集まる昼すぎから夜までで、朝早く出勤しなくてよかったのも大きなポイントでした。

家事と仕事のバランスもうまくとれそうだと思ったことが転職の決め手です。

とはいえ実際は、授業の事前準備があったり、授業が終わっても教室の片づけや次の日の準備があったりと業務時間が長くなることも多かったですが、終電までの残業はなかったので安心しました。

とはいえ夏休みや冬休みの期間には特別講習が行われたり、試験期間は特別講義も入ったりと目が回るほど忙しい時期もありました。

加えて、英語検定の試験時期には一次試験の対策や二次試験の予行練習を依頼されることもあり、学習塾の仕事も多岐に渡るんだと驚きました。

それでも、家のことはどうにかできていたので、転職時に重視していた業務時間と家事の兼ね合いについてはうまくできたと思っています。

 

転職した結果良かったことはなんですか?

ITエンジニアから塾講師に転職して、いちばん違ったのはやはり生徒さんとその保護者の方とのコミュニケーションがあることでした。

同僚や上司だけでなく、外部の目があることで、自分も気を引き締めて仕事ができたのが良かった点です。

中学や高校のテキストを久しぶりに見て、自分も一緒に勉強しなおしているようで楽しかった部分もあります。

とはいえ学習塾ですから、成績が思うように上がらない生徒さんの相談を受ける時は、こういう時どう教えればいいんだろうだとか、どう言葉をかけていいのかわからず、上司から叱責を受けることもありました。

うまくいかないことも多々ありましたが、そういった経験を指導に活かして、生徒さんが志望校に受かった知らせを聞いたり、英語検定に合格したと報告を受けるのはとても嬉しいことでした。

試験や受験は毎年あっても、その年ごとに学生さんも違うし、試験にも傾向があるので、自分でも独自に研究するようにして、その予想が当たって生徒さんの力になれた時もやりがいと感じました

 

他の年齢の人におすすめの転職支援サービス

【38歳以下の人におすすめの転職支援サービス】

33歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
34歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
35歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
36歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
37歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び

【38歳以上の人におすすめの転職支援サービス】

39歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
40歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
41歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
42歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
43歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び

-年齢

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 All Rights Reserved.