年齢

45歳の人におすすめ転職サイト4選!失敗しない転職サイト選び

更新日:

「45歳ならどの転職サイトを使うべき?」

業績を上げても会社が評価してくれなかったり、突然の経営方針の変化に納得できなかったりなど会社に対して不安な要素があるために転職を考える40代の方が増えています。

また親の介護や病気などを理由に働き方を変える転職をする45歳の方も少なくありません。はたまたベンチャー企業に興味を持つなど新しい働き方にキャリアチェンジする人もいます。

もし転職について考えている場合は、まずは転職サイトへ登録しておくのがおすすめです。転職をするかどうかはともかく、今の自分の転職市場における価値がどれぐらいなのかを知れますし、転職サイトは無料で利用できるサービスがほとんどとなっています。

そこで今回は45歳の人におすすめの転職支援サービスを3つランキング形式でまとめてみました。

転職支援サービスを使った口コミや体験談もまとめていますので、参考にしてみてください。

 

45歳の人におすすめの転職支援サービスランキング

1位 リクルートエージェント

ジャンル:転職エージェント
運営会社:リクルートキャリア
登録者数:約50万6,000人
利用料金:無料

【リクルートエージェントの特徴】

リクルートエージェントはアドバイザーと呼ばれるサポートがついている転職サイトです。

リクナビネクストと違って、アドバイザーが転職活動のすべてを行ってくれるので、ほとんど何もしなくても転職先が見つかります

登録したら、あとはアドバイザーからの連絡を待つだけです。アドバイザーから連絡があったらこれからの転職活動についての話し合いがありますので、そこで今後の転職活動の方針を固めていく流れです。

そのあとはアドバイザーが紹介してくれる求人を見ながら、気に入ったものがあれば応募していきましょう。応募する際に必要な履歴書等の書類はアドバイザーのサポート付きで作っていきますし、面接の日時調整などもアドバイザーが代わりにやってくれます。

面接終了後、内定がもらえた後もアドバイザーが入社の手続きや年収の交渉などすべてしてくれるほどサポートは厚いです。転職先で働きだすまでつきっきりでサポートしてくれるのはリクルートエージェントならではの強みと言えるでしょう。

特に45歳で初めて転職する方はアドバイザーがいるリクルートエージェントを利用するのが良いです。転職活動は自分一人でやるには思ったよりやることが多く、戸惑うことも珍しくありません。

リクルートエージェントならほぼすべての手続きをアドバイザーが代行してくれるうえに、年収アップも交渉してくれるので安心です。

サポートの厚いリクルートエージェントは完全無料で利用できます。一人で転職活動するのに不安を感じる方はリクルートエージェントで転職活動を始めてみるのがおすすめです。

リクルートエージェントの無料会員登録はこちら

 

2位 DODA

ジャンル:転職サイト+転職エージェントのハイブリッド型
運営会社:パーソルキャリア
登録者数:約402万人
利用料金:無料

【DODA(デューダ)の特徴】

DODAは転職サイトと転職エージェントの良いところを足したような転職支援サービスとなっています。自分で求人を探すこともできれば、アドバイザーからのサポートも受けることが可能です。

またDODAは前職のスキルを生かした求人紹介に特化している傾向にありますので、これまでの経験を元に仕事を選びたいという方におすすめの転職支援サービスと言えるでしょう。

45歳となると他業種への転職活動は難しくなってきます。そのため前職の強みを生かした求人紹介をしてくれるDODAは45歳の方に向いているといっても間違いではありません。

またDODAは転職者からの満足度が最も高いことで評判のサービスでもあります。紹介される求人の数や質、アドバイザーの的確な転職活動ノウハウが聞けるなど、無料登録するだけで得られるものは大きいです。

ちなみに東京や大阪、名古屋、福岡などの都市部では転職フェアをよく開催していますので、現場の社員の話を直接聞くことができる機会もあります。

大企業から中小企業まで幅広い企業が来ていますし、現地ではガイドさんがあなたにおすすめする企業を直接アドバイスしてくれますので、行ってみて適職が見つかった転職者も珍しくありません

DODAも完全無料で利用できますので、まずは無料会員でどんな求人があるのかチェックしてみるのをおすすめします。

DODA(デューダ)の無料会員登録はこちら

 

3位 ビズリーチ

ジャンル:転職サイト
運営会社:ビズリーチ
登録者数:100万人突破
利用料金:無料会員でも転職活動は可能
年収750万円未満:30日間2,980円(税抜)
年収750万円以上:30日間4,980円(税抜)

【ビズリーチの特徴】

ビズリーチは高収入の求人が多いことで人気のある転職サイトです。

年収600~1,000万円クラスの求人が珍しくないほど高い年収の求人を取り揃えていますので、年収アップを目指して転職したい人におすすめします。

転職サイトの中でも年収600万円以上の方が支持しているNo.1の転職サイトですので、年収600万以上で転職を考えている人はビズリーチが無難です。

一般の転職サイトだと年収600万円以上の求人は限られてきますので、なかなか好みの求人は見つかりません。今よりも年収を下げたくない場合はビズリーチの登録は欠かせないです。

ビズリーチで転職している半数以上は40代と50代です。年収アップを目指すならビズリーチは45歳の方におすすめの転職サイトといえます。

他の転職サイトと比べると、有料会員の制度があるのはデメリットのように感じるかもしれませんが、お金を払うからこそのメリットもあるのはご存知でしょうか?

転職サイトの運営側は基本的に求人を出す企業側からもらうお金で経営しています。そのため企業側の要望を優先的に聞いてしまう傾向があるので、企業優先のサービスとなりがちです。

しかしビズリーチは求職者もお金を払うため、運営は求職者と企業のどちらも優先してサービス提供をしてくれますので、低い質の求人はほとんどありません

お金を払うからこそ、一生を左右する転職活動が後悔しないものになります。

有料会員の方が有利に転職できるものの、無料会員で転職活動ができないわけではありません。本格的に転職活動する際は有料会員へなればよいので、最初は無料会員として登録することをおすすめします。

ビズリーチの無料会員登録はこちら

 

4位 リクナビネクスト

ジャンル:転職サイト
運営会社:リクルートキャリア
登録者数:700万人突破
利用料金:無料

【リクナビNEXTの特徴】

リクナビネクストは最も多くの人に利用されている転職サイトです。

転職した人の8割がリクナビネクストを利用しています。転職を決めた人のほとんどが利用している転職サイトなので、まだ使っていない人は今すぐ無料会員登録しておくべきです。

30代のころに比べて、45歳だとどうしても求人は少なくなってしまいます。そのため幅を広げて求人を探すのが定石です。リクナビネクストは求人数がトップクラスに多く、幅広い求人を探した転職活動ができます。

リクナビネクストはただ求人の情報が載っているだけではなく、ガイドブックがあるので、一人でも悩むことなく転職活動できるのも魅力の1つといえるでしょう。

履歴書や職務経歴書の書き方、面接の注意点など転職者の気になるところはガイドブックさえ読めば迷うことはありません

情報豊富なガイドブックのあるリクナビネクストだからこそ、転職決定数No.1の実績を持っているのでしょう。

また企業からオファーが来るスカウト登録をしておけば、自ら求人を探しに行く暇がなくても、企業の方から面接の連絡をくれるので、求人を探すのに苦労はいりません。

ちなみに登録する際に勤務先の企業を設定すれば、登録したことが会社にばれることはありませんので安心です。

完全無料で転職活動ができますので、まずは無料会員で登録して求人を探してみるようおすすめします。

リクナビNEXTの無料会員登録はこちら

 

「同じ営業への転職で年収アップしました」45歳男性Aさん

年収や職種など転職前と転職後の違い

転職前 転職後
年収 200~400万円 400~600万円(100~200万円アップ)
職種 旅行会社の営業 保険会社の営業

転職前の会社ではどのように働いていましたか?

転職前は、旅行会社の営業マンでした。旅行会社として、取引先に対して旅行のプランや企画、提案を行っていました。

取引先は、100社近くありましたし、有名企業さんの福利厚生に関する提案も行っていたので、それなりに充実感はありました。旅行のプランに関しては、団体旅行がメインであったので、忙しずぎず、なるべくメジャーなところとマイナーなところを織り交ぜながら、印象に残りやすいプランを提供していました。

旅行が好きなので、旅行の楽しさを伝える仕事として、それなりに楽しかったです。

また、営業マンとして、部下を預かる役割も担い、部下を育てるという新たな任務もそれなりに充実してました。

若さで押し切る営業も、年を取るとなかなか難しくなってきますので、若い世代にその承継というか、自分を超えてほしいという願望も出てきました。若いうちは何も知らずに、失敗ばかりしていましたので、後輩には、その失敗をしてほしくないですね。なるべく自分の失敗談を通じて、教訓を生かせるように伝えたつもりでした。

 

転職を考えたきっかけはなんでしたか?

転職を考えたきっかけは、部下のマネジメントが一息ついて、この仕事を卒業したいと思ったからです。

営業の仕事には、人との出会いがあるという良い点もありますが、若くないとできない点もあります。

だんだん年を取ってきて、自分の思うような仕事と会社の方針というか会社の仕事の取り組み方に相違が出てきたのも事実です。

自分としては、今までの能力を生かして、さらにステップアップしたいという気持ちがだんだん高まってきました。

それは、旅行業界の構造にもあります。旅行業界は、どこの業界も低賃金です。いくら業績が上がってもなかなか給与があがらないのです。それは、客単価がだんだん低くなって、収益性に乏しくなってきたため。簡単にいうと、低価格競争に陥っているということです。

そうなると、たくさん成績を取らないと、業績は低迷するばかりということになります。

旅行業界は、華やかなイメージがあるようですが、現場に入ってみると、低価格競争とサービス合戦の熾烈なパイの取り合いに陥っています。

そのため、共倒れの危険があります。そのような旅行業界の嫌な部分を見てきた私にとって、今の時期がちょうど卒業かなと思い、転職をするように考えました。ただ、会社や仕事の内容は嫌いではなかったので、転職を決意するには相当悩みました。

 

転職活動中はどのように活動されていましたか?

転職サイトは3社使いました。「DODA」をメインに、「リクナビ」、「マイナビ」です。

「DODA」は、募集している企業とのマッチングが多かったため、かなり使えると思います。企業との面接の調整も同時にDODAのサイト上でできるので、スケジュール管理をする際にとても便利でした。「DODA」は、使いやすいサイトとしてNO.1だと思います。

ほかにも「リクナビ」・「マイナビ」を使っていました。

私は、「DODA」をメインとして、リクナビ・マイナビを併用しながら、エージェント登録もしました。

エージェント登録は、「パソナキャリア」と「リクナビエージェント」を使っていました。「パソナキャリア」のエージェントは、とても対応が丁寧で好感を持てました。

ただ、「パソナエージェント」は、求人の数が少ない印象を持ちました。そのため、リクナビのエージェントも追加しました。

私は、営業職を求めていたので、その点リクナビのエージェントのほうが求人数は豊富だったと記憶しています。

転職サイトは、履歴書・職務経歴書を登録したのち、企業への求人登録しました。今の転職サイトはだいぶ便利になりました。最近では、志望動機を書かなくても、エントリーできますので、1日10社以上エントリーすることも可能です。

私は、最終的に、エージェントの件も含めて、合計すると、応募は、30社以上、面接には9社ほど受けました。

 

転職時に重視していたことは何でしたか?

営業といっても様々な業種があります。そのため、私が重視していたことは、従業員を大切にしている企業とノルマに走っていないこと、将来性の3つです。

営業職は、特に会社にとって重要な仕事であるのに、それを認識していない企業がとても多いです。営業チームが仕事を持ってこなければ、企業は成長しません。

その点を理解しているか、面接で営業担当・人事担当者に営業職の位置づけを質問しました。

営業職には、ノルマが課されている企業もあります。ノルマなんて本来あってはならないことだと考えていますので、その点も面接の際に確認しました。最後に将来性です。

旅行会社のように低価格競争に陥ると、営業がいくら頑張っても売り上げは伸びないですから、業界についていろいろと研究しました。

 

 

転職した結果良かったことはなんですか?

保険の営業職になって、給与はかなり上がりました。年収でいくと、100万円以上は確実に上がりました

その点、給与が上がると、仕事に対するモチベーションは格段に上がります。また、保険の営業職は、頑張っただけ報酬が得られるシステムになっているので、給与体系がある意味フェアな形になっています。これも転職前には考えられないことです。

保険の営業職は、年功序列ではなく、成績がすべてなので、営業としてやりがいがあります

やりがいといえば、保険の仕事は、人のライフプランに沿った商品の提供を行う仕事なので、お客様の人生に寄り添ったサービスを提供できるところです。

人の人生に寄り添う仕事は、なかなかありません。保険に入って良かったと思えるには、10年以上先だったり、将来のことなので、お客様には将来のことを含めた人生設計を提案する点においては、人の人生に関わる仕事をしているという実感が沸きます。

今の仕事は、とてもやりがいのある仕事だと思っています。

 

「周りがどんどんやめていったので、将来性を考えて転職しました」45歳女性Kさん

年収や職種など転職前と転職後の違い

転職前 転職後
年収 200~400万円 200~400万円
職種 営業 営業事務

転職前の会社ではどのように働いていましたか?

取引先へルート営業をしていました。

まず、朝から商品の受注リストを確認し、商材をピッキング、梱包し、発送業務を行います。伝票の発行管理も行っていました。運送業者へ受け渡しをしたのち、取引先の重役会議などに出席していました。

最近の業界傾向の情報交換や売り上げ促進プロジェクトの発足・運営、また毎月の業績報告などの打ち合わせでしたが、顧客先とのコミュニケーション構築として、有益と思われる情報は資料持参で提供していました。

帰社してから、報告書を作成し、顧客先や関係部署に回覧します。その間、顧客からの商品などにかんする問い合わせ対応やクレーム対応、緊急の商品追加発注に関しての速達や持参配達対応などを行っていました。

 

転職を考えたきっかけはなんでしたか?

業界全体が斜陽になり、商品が入荷されないことが多くなっているような状況でした。また、取引先の倒産も相次ぎ、それによって自社自身も業績は悪化していきました。

ライバル業者は、新商材の拡販に着手していくなか、自社は新商材に手をつけたり、経営方針をシフトチェンジできるほどの経営体力がなく、役員クラスでの自主的早期退職者を募るようになりました。

同じ業界で他社同士で、交流会なども盛んに行われていたのですが、一人減り、二人減り、最終的には私と上司と数名、というような会になり、危険性と寂しさも感じていました。

そこで、自分の尊敬する、入社当初から世話になっていた直属の上司が退職をすることになり、自身も転職を考えるようになりました

 

転職活動中はどのように活動されていましたか?

いくつかの転職サイト、転職エージェントに登録し、随時求人案件をチェックしていました。また、ハローワークにも赴き、近くの求人情報を確認していました。

転職エージェントでは、なるべく自分の希望を伝え、エージェントのほうに調整をお願いするようにし、プロにマッチングをまかせるようにしていました。

私の適正やキャリアのたな卸しを客観的にしてもらい、履歴書・職務経歴書をブラッシュアップしてもらい、より自分自身をアピールしやすいクオリティに仕上げることができました。

そして、転職サイトでは、あまり絞りすぎず、いろいろな業界業種から、自分の適性や条件にあった求人情報を探すようにして、可能性を絞りすぎないようにしていました。

 

転職時に重視していたことは何でしたか?

自分が前職でどうしても我慢できなかったこと、つらかったことを列挙し、転職するにあたって譲れない条件をリストアップしてから転職活動をしました

まずは勤務地が片道1時間以内であること。これであれば、ある程度の残業があっても、防犯面・体力面で融通がきくと前職で感じていたからです。

そして、業界自体に将来性があり、安定して働くことができるかどうか、ということも重要な条件でした。社員を大切にする会社は、社員も会社・仕事を大切に働くことができると感じていたためです。

 

転職した結果良かったことはなんですか?

まずは規則正しい生活によって、体調が良くなったことです。

前職は残業で終電で帰り、それでも仕事が終わっていないため、翌朝も始発で出社する、といった生活でした。

それによって、睡眠不足になり、電車内で倒れてしまったり、胃痛が続いても病院に行く時間もなかったため、胃潰瘍になってしまいました。治療で治療費がかかってしまい、回復するまで時間もかかりました。転職先は、残業があっても、月に10時間程度。あまり早く出社していても、残業で残っていても、先輩や上司が「手伝うよ」といって仕事の進み方を見てフォローしてくれるので、体調を崩すことがなくなりました。

そして、帰路が怖くなくなったのも安心しています。残業で遅くなると自宅までの道が怖く、前職では変質者にあってしまったことがあったので、そのような心配をしなくてもよくなったのはとても助かっています

また、業績が安定しているため、社内の雰囲気がピリピリしておらず、コミュニケーションもよく取れているのが、転職した結果良かったと思ったことです。

 

他の年齢の人におすすめの転職支援サービス

【45歳以下の人におすすめの転職支援サービス】

40歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
41歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
42歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
43歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
44歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び

【45歳以上の人におすすめの転職支援サービス】

46歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
47歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
48歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
49歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
50歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び

-年齢

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 All Rights Reserved.