年齢

63歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び

更新日:

「60代でも転職活動したい」

「63歳向けにおすすめの転職サイトはあるの?」

転職と聞くと、20代や30代がメインなイメージもありますが、最近は60代でも転職を考える人は珍しくありません。転職サイトではミドルシニアやシニア向けの求人も数多くあり、実際に60代の方の中には転職を決めている人もいます。

60代でも働く必要がある人も多いため、世間では60代向けの仕事も多くあるのは事実です。

ただ20代や30代などの若年層に比べると、求人数が多くないのが現状といえます。そのため63歳で転職を決めるには積極的に求人を探さなければいけません。

もし転職について少しでも考える機会がある場合は、まずいくつかの転職サイトへ無料登録しておくのをおすすめします。転職サイトは今すぐ転職する気がなくとも利用できますし、今の自分にどんな求人があるのかチェックするだけで転職できるかどうか知るのはすぐです。

そこで今回は63歳の人におすすめの転職支援サービスを3つランキング形式でまとめてみました。

転職支援サービスを使った口コミや体験談もまとめていますので、参考にしてみてください。

 

63歳の人におすすめの転職支援サービスランキング

1位 リクナビネクスト

ジャンル:転職サイト
運営会社:リクルートキャリア
登録者数:700万人突破
利用料金:無料

【リクナビNEXTの特徴】

リクナビネクストは最も多くの人に利用されている転職サイトです。

転職した人の8割がリクナビネクストを利用しています。転職を決めた人のほとんどが利用している転職サイトなので、まだ使っていない人は今すぐ無料会員登録しておくべきです。

63歳になると求人数が減りがちですが、最大手であるリクナビネクストなら求人は数多く見つかります。無料のスカウト機能を使えば、さらに求人数は増えますので、幅広く転職先を見つけられるはずです。シニア向けの求人が数多くあるぐらいなので、ミドルシニアの63歳でもまだまだ求人は見つかります。

リクナビネクストはただ求人の情報が載っているだけではなく、ガイドブックがあるので、一人でも悩むことなく転職活動できるのも魅力の1つといえるでしょう。

履歴書や職務経歴書の書き方、面接の注意点など転職者の気になるところはガイドブックさえ読めば迷うことはありません

情報豊富なガイドブックのあるリクナビネクストだからこそ、転職決定数No.1の実績を持っているのでしょう。

また企業からオファーが来るスカウト登録をしておけば、自ら求人を探しに行く暇がなくても、企業の方から面接の連絡をくれるので、求人を探すのに苦労はいりません。

ちなみに登録する際に勤務先の企業を設定すれば、登録したことが会社にばれることはありませんので安心です。

完全無料で転職活動ができますので、まずは無料会員で登録して求人を探してみるようおすすめします。

リクナビNEXTの無料会員登録はこちら

 

2位 DODA

ジャンル:転職サイト+転職エージェントのハイブリッド型
運営会社:パーソルキャリア
登録者数:約402万人
利用料金:無料

【DODA(デューダ)の特徴】

DODAは転職サイトと転職エージェントの良いところを足したような転職支援サービスとなっています。自分で求人を探すこともできれば、アドバイザーからのサポートも受けることが可能です。

またDODAは前職のスキルを生かした求人紹介に特化している傾向にありますので、これまでの経験を元に仕事を選びたいという方におすすめの転職支援サービスと言えるでしょう。

DODAでは「60代のベテランを採用したい」と考える企業の非公開求人を取り扱っていますので、63歳でも登録すればあなたの経験を生かした転職先をアドバイザーが紹介してくれるはずです。60代向けの公開求人もありますので、登録して探してみてはいかがでしょうか?

転職活動はだいたい2~3か月ですので早めに活動しておくと安心です。

またDODAは転職者からの満足度が最も高いことで評判のサービスでもあります。紹介される求人の数や質、アドバイザーの的確な転職活動ノウハウが聞けるなど、無料登録するだけで得られるものは大きいです。

ちなみに東京や大阪、名古屋、福岡などの都市部では転職フェアをよく開催していますので、現場の社員の話を直接聞くことができる機会もあります。

大企業から中小企業まで幅広い企業が来ていますし、現地ではガイドさんがあなたにおすすめする企業を直接アドバイスしてくれますので、行ってみて適職が見つかった転職者も珍しくありません

DODAも完全無料で利用できますので、まずは無料会員でどんな求人があるのかチェックしてみるのをおすすめします。

DODA(デューダ)の無料会員登録はこちら

 

3位 ビズリーチ

ジャンル:転職サイト
運営会社:ビズリーチ
登録者数:100万人突破
利用料金:無料会員でも転職活動は可能
年収750万円未満:30日間2,980円(税抜)
年収750万円以上:30日間4,980円(税抜)

【ビズリーチの特徴】

ビズリーチは高収入の求人が多いことで人気のある転職サイトです。

年収600~1,000万円クラスの求人が珍しくないほど高い年収の求人を取り揃えていますので、年収アップを目指して転職したい人におすすめします。

転職サイトの中でも年収600万円以上の方が支持しているNo.1の転職サイトですので、年収600万以上で転職を考えている人はビズリーチが無難です。

一般の転職サイトだと年収600万円以上の求人は限られてきますので、なかなか好みの求人は見つかりません。今よりも年収を下げたくない場合はビズリーチの登録は欠かせないです。

ビズリーチでは転職を決めている人のうち40~50代が過半数を占めています。つまりほかの若手有利な転職サイトと違って、63歳という年齢でもビズリーチならそれなりの求人を見つけられるといっても間違いではありません。

アルバイトではなく、まだまだ現役で働きたい方はビズリーチで求人を探してみるのがおすすめです。

他の転職サイトと比べると、有料会員の制度があるのはデメリットのように感じるかもしれませんが、お金を払うからこそのメリットもあるのはご存知でしょうか?

転職サイトの運営側は基本的に求人を出す企業側からもらうお金で経営しています。そのため企業側の要望を優先的に聞いてしまう傾向があるので、企業優先のサービスとなりがちです。

しかしビズリーチは求職者もお金を払うため、運営は求職者と企業のどちらも優先してサービス提供をしてくれますので、低い質の求人はほとんどありません

お金を払うからこそ、一生を左右する転職活動が後悔しないものになります。

有料会員の方が有利に転職できるものの、無料会員で転職活動ができないわけではありません。本格的に転職活動する際は有料会員へなればよいので、最初は無料会員として登録することをおすすめします。

ビズリーチの無料会員登録はこちら

 

「派遣で転職した体験談をお話しします」63歳女性Oさん

年収や職種など転職前と転職後の違い

転職前 転職後
年収 200万円未満 200万円未満
職種 コールセンター コールセンター

転職前の会社ではどのように働いていましたか?

派遣です。一般のお客様からの問い合わせ窓口ではなく、ストア様限定のヘルプ窓口でした。

仕事内容は主に新しくオークション出品を検討している業者様や、サイト内の操作方法を案内することでした。

例えば迷惑メールを設定したい、であったり、売り上げの領収書はサイト内のどこにあるか、などでした。

スクリプトはなくて完全にオリジナル、もしそれができないのなら仲間からコピーするか。

それで仕事を自分なりに完璧にこなさなければならないものでした。

一番多かったのは、サイト内や独自ツールの使い方がわからない方が特に目立って入電がありました。

一日七人で五十件ほどの電話をとっていました。

 

転職を考えたきっかけはなんでしたか?

案内する上でとくに大事なところが「独自ツール」でした。

その案内がうまくできなく困っていると、助けてくれるわけではなくあくまでもその場にいさせるだけでした。

つまり人数はこれだけいるよ、とクライアントに報告したかったからです。

原因はそれだけではありません。私自身、なかなかうまく説明が出来ず着台デビューできませんでした

着台とは、一人で電話をとることができることの意味です。

他の人はある程度できた時点でデビューしてましたが、私はできませんでした。

同期は仕事をバンバンこなす。しかし私はまだ研修が終わらず。

同期からも上司からも着台デビューできないことに嘆いてひたすらモニタリング指示。

しかしクライアントが来日することがあり、その場でモニタリングしている人を見せたくなかったので、選択を迫られました。

結果、辞めました。

 

転職活動中はどのように活動されていましたか?

時給が良い派遣を中心的にして転職サイトや紹介をして頂いていました。
一番活用したのは「リクナビ派遣」です。

ここから派遣会社に登録したり、再度自分の内容を更新しながらその都度、濃く連絡を取り合いました。

他はアルキタとanです。

時給が良いこと、そして働いていくことに関して「コールセンター業務」を、電話をして探していました。

結果、活用できたところは「リクナビ派遣」でした。

前から登録していた派遣会社でもこの「リクナビ派遣」で沢山募集していたこともあったからか、お仕事はバンバン来ました。

やはりアルキタとanは時給が低くて、生活柱の私には合いませんでした。

その点、「リクナビ派遣」はつらい仕事だけあって時給は良いです。

 

転職時に重視していたことは何でしたか?

働く時間が八時間か、週五回働けるか、駅から近いか、時給はどのくらいか、服装はどのように指定されているか、働いている人の男女の割合などを重点的に見ていました。

特に気にしていた条件はやはり、時給と活動時間でした。

月に支出がこのくらいあって、ということを考えて、計算を常にしていました。

そのため時給は1050円以上必須、なおかつ一日8時間以上、交通費を含めているかをさらに考えていました。

また、気にしていたのは職場環境です。人との距離をあまりよくつかめない私は今までうまくいくことがありませんでした。

でも今回は、次は、もしかしたら今度は、と何回も自分に活を入れて、期待していきたいと思っていました。

なのでその人間環境もかなり重要視していました。

その経験からかかなりの勢いで人間関係の構築がうまくなりました。

 

転職した結果良かったことはなんですか?

前職のころは正直行きたくなくて泣いていたこともありました。

仕事がうまくできずに着台デビューもできない、ただ同期からは同じ時給なのがあまりおもしろくないらしく、つらく当たられていました。

待ち子(オペレーターにつながるまで保留になっている件数のことを待ち子と呼びます)がたくさんついていても出られない私が悔しくて、精神的におかしくなりそうでした。

忙しくて同期がイライラしても私はそれを聞くだけ。本当に毎日心の中で謝り続けて数か月。

あまりにも耐えきれず思い切って一緒に暮らす家族に相談。

そこでようやく「もういいよ」と言ってもらえました。

そこで転職。今よりもずっと難しい、外資系のテクニカルオペレーター。しかしそれなりに時給は良かったです。

そこでは私も本領発揮でき、どんなにクレームがこようともばんばん電話をとっていました。

前はデビューもできませんでしたが、今回はむしろとってほしいということで、意見は合致。

微力ながらと一生懸命に楽しく仕事ができています。

今はもう数か月働いています。同期とも同僚とも仲良く、クレームの人の悪口が入ったり、とおもしろいです。

それに今まであまり感じたことのないやりがいを、ものすごく感じられるのです。

あま人との距離感がつかめずに、人間関係の悪さでいやになることがかなりありましたが、今のところはそれがありません。

ごはんを食べるわけでもないのに、密に連絡を取り合っているわけでもないのに、仲良くしています。

転職してきてこんなに気持ちよく仕事ができたことがなかったです。

本当に転職したおかげで地獄から天国に行けました。

転職は大切なものだと思いました。

 

「契約を切られたので諦めて転職しました」63歳男性Sさん

年収や職種など転職前と転職後の違い

転職前 転職後
年収 600~800万円 200~400万円(200~300万円ダウン)
職種 経理 IT

転職前の会社ではどのように働いていましたか?

高校卒業後、家電メーカーに35年勤務していました、主な職歴は経理とITです。

当時は非常に忙しく連日残業の毎日でした。

50歳の時に突然、関係会社への出向を命ぜられました。

仕事は、今まで経験したことが無い現場の製造職でした。

いずれは、元の職場に戻れると思っていましたが、その後もいろいろな職場を転々としました。

いずれも本来の業務とは関連のない仕事です。

54歳の時に、早期退職制度を利用して退職しました。

希望者は次の就職先も斡旋するという条件でした。

退職した一番の理由は自分がやりたくない仕事をさせられたことです。

会社をやめてほしいとは直接言われませんでしたが、自分ではリストラされたと思っています。

 

転職を考えたきっかけはなんでしたか?

退職時の再就職斡旋サービスを利用して、人材派遣会社に契約社員として、入社しました。給料は、前職から10万以上の減となりました、契約社員なので、ボーナスはありません。仕事は経理職でしたが、業務内容はそれほど難しいものではありませんでした

この仕事は自分にあっていると感じ、頑張ればいずれは正社員になれると勝手に思っていました。

実際、契約社員から正社員になった方が数名おられました。

なので、このときはもう転職することはない、この会社で頑張ろうと思っていたのです。

しかし最初の転職先に入社し、あるとき上司から突然次の契約更新は無いと言われました

頑張ればいずれは正社員になれると思っていたので、ショックでした。

貯金もほとんどなく無く、早急に次の仕事を探さなければなりませんでした。

 

転職活動中はどのように活動されていましたか?

ネットで、60代転職 というキーワードで検索し、該当したサイトからエントリーしました。

転職サイとは最初は1社だけしかエントリーしていませんでしたが、途中から1社追加し2社でエントリーしました。

前回の転職時に経理職では、なかなか採用されなかったので、今回は IT 関連に絞って応募しました。

自分のプロフィールはできるだけ詳しく記入するようにしました。

とりあえず、条件とかあまり考えずに、気になる会社はエントリーをしてみました。

その際にできるだけ60代が活躍中という会社を選びました

オファーが来た際には、返事はできるだけ早くするようにしました。

メールは外出さきでもスマホで見れるように設定しました。

 

転職時に重視していたことは何でしたか?

自分が経験した業務で応募しようと考えていたので、前回は経理で探したのですが殆ど採用されなかったので、今回は業種はITに絞ってエントリーしました。

理由は、IT業界は人材不足という記事を見て、採用される可能性が高いと思ったからです。

結果的にITで採用されました。給与の最低ラインを決めていました。
就業場所は、自宅から勤務可能な会社を選びました。
とりあえず就職したかったので、採用されそうな会社を優先しました。

 

転職した結果良かったことはなんですか?

収入面だけ見れば良かったことはありませんでした。

年収は最初の勤務先の半分以下になりました。

今まで、会社を辞めようと思ったことは何度もありました、毎日会社に行くのが嫌でしたが、勇気が無くてやめることができませんでした。

当時を思い出すと本当につらい日々でした。(今はわりと気楽です)

今思えば、もっと若い時に転職していれば、もっといい条件で転職できていたかもしれません。

最初はいい会社と思って入っても、長く勤めていると、だんだん合わなくなることもあります。

今回のITの仕事は前回からかなりブランクがあり、はたしてできるか心配でしたが、とりあえずなんとかなりました。

人生は一度切り、やはり自分がやりたいことをやるのが一番いいと思います。

後で後悔するよりとりあえずなんでもやってみることも大事です。

もう60代ですが、残りの人生まだまだ新しいことにチャレンジしたいと思います。

 

他の年齢の人におすすめの転職支援サービス

【63歳以下の人におすすめの転職支援サービス】

58歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
59歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
60歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
61歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
62歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び

【63歳以上の人におすすめの転職支援サービス】

64歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
65歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
66歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
67歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
68歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び

-年齢

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 All Rights Reserved.