年齢

66歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び

更新日:

「66歳向けに仕事が見つかるおすすめの転職サイトはあるの?」

66歳になったものの、暇を持て余すのも嫌だと考えて働き続ける人は珍しくありません。

現に世間ではもっと働きたい60代を必要とする企業もあります。

ただ20代や30代などの若年層に比べると、求人数が多くないのが現状です。そのため66歳で転職を決めるには積極的に求人を探さなければいけません。

もし転職について少しでも考える機会がある場合は、まずいくつかの転職サイトへ無料登録しておくのをおすすめします。転職サイトは今すぐ転職する気がなくとも利用できますし、今の自分にどんな求人があるのかチェックするだけで転職できるかどうか知るのはすぐです。

そこで今回は66歳の人におすすめの転職支援サービスを3つランキング形式でまとめてみました。

転職支援サービスを使った口コミや体験談もまとめていますので、参考にしてみてください。

 

66歳の人におすすめの転職支援サービスランキング

1位 リクナビネクスト

ジャンル:転職サイト
運営会社:リクルートキャリア
登録者数:700万人突破
利用料金:無料

【リクナビNEXTの特徴】

リクナビネクストは最も多くの人に利用されている転職サイトです。

転職した人の8割がリクナビネクストを利用しています。転職を決めた人のほとんどが利用している転職サイトなので、まだ使っていない人は今すぐ無料会員登録しておくべきです。

66歳になると求人数が減りがちですが、最大手であるリクナビネクストならシニア向けの求人は数多く見つかります。無料のスカウト機能を使えば、非公開の求人まで見つけられますので、幅広く転職先を見つけられるはずです。

リクナビネクストはただ求人の情報が載っているだけではなく、ガイドブックがあるので、一人でも悩むことなく転職活動できるのも魅力の1つといえるでしょう。

履歴書や職務経歴書の書き方、面接の注意点など転職者の気になるところはガイドブックさえ読めば迷うことはありません

情報豊富なガイドブックのあるリクナビネクストだからこそ、転職決定数No.1の実績を持っているのでしょう。

また企業からオファーが来るスカウト登録をしておけば、自ら求人を探しに行く暇がなくても、企業の方から面接の連絡をくれるので、求人を探すのに苦労はいりません。

ちなみに登録する際に勤務先の企業を設定すれば、登録したことが会社にばれることはありませんので安心です。

完全無料で転職活動ができますので、まずは無料会員で登録して求人を探してみるようおすすめします。

リクナビNEXTの無料会員登録はこちら

 

2位 DODA

ジャンル:転職サイト+転職エージェントのハイブリッド型
運営会社:パーソルキャリア
登録者数:約402万人
利用料金:無料

【DODA(デューダ)の特徴】

DODAは転職サイトと転職エージェントの良いところを足したような転職支援サービスとなっています。自分で求人を探すこともできれば、アドバイザーからのサポートも受けることが可能です。

またDODAは前職のスキルを生かした求人紹介に特化している傾向にありますので、これまでの経験を元に仕事を選びたいという方におすすめの転職支援サービスと言えるでしょう。

DODAでは「60代のベテランを採用したい」と考える企業の非公開求人を取り扱っていますので、66歳でも登録すればあなたの経験を生かした転職先をアドバイザーが紹介してくれるはずです。シニア向けの公開求人もありますので、登録して探してみてはいかがでしょうか?

転職活動はだいたい2~3か月ですので早めに活動しておくと安心です。

またDODAは転職者からの満足度が最も高いことで評判のサービスでもあります。紹介される求人の数や質、アドバイザーの的確な転職活動ノウハウが聞けるなど、無料登録するだけで得られるものは大きいです。

ちなみに東京や大阪、名古屋、福岡などの都市部では転職フェアをよく開催していますので、現場の社員の話を直接聞くことができる機会もあります。

大企業から中小企業まで幅広い企業が来ていますし、現地ではガイドさんがあなたにおすすめする企業を直接アドバイスしてくれますので、行ってみて適職が見つかった転職者も珍しくありません

DODAも完全無料で利用できますので、まずは無料会員でどんな求人があるのかチェックしてみるのをおすすめします。

DODA(デューダ)の無料会員登録はこちら

 

3位 ビズリーチ

ジャンル:転職サイト
運営会社:ビズリーチ
登録者数:100万人突破
利用料金:無料会員でも転職活動は可能
年収750万円未満:30日間2,980円(税抜)
年収750万円以上:30日間4,980円(税抜)

【ビズリーチの特徴】

ビズリーチは高収入の求人が多いことで人気のある転職サイトです。

年収600~1,000万円クラスの求人が珍しくないほど高い年収の求人を取り揃えていますので、年収アップを目指して転職したい人におすすめします。

転職サイトの中でも年収600万円以上の方が支持しているNo.1の転職サイトですので、年収600万以上で転職を考えている人はビズリーチが無難です。

一般の転職サイトだと年収600万円以上の求人は限られてきますので、なかなか好みの求人は見つかりません。今よりも年収を下げたくない場合はビズリーチの登録は欠かせないです。

ビズリーチでは転職を決めている人のうち40~50代が過半数を占めています。つまりほかの若手有利な転職サイトと違って、66歳という年齢でもビズリーチならそれなりの求人を見つけられるといっても間違いではありません。

アルバイトではなく、まだまだ現役で働きたい方はビズリーチで求人を探してみるのがおすすめです。

他の転職サイトと比べると、有料会員の制度があるのはデメリットのように感じるかもしれませんが、お金を払うからこそのメリットもあるのはご存知でしょうか?

転職サイトの運営側は基本的に求人を出す企業側からもらうお金で経営しています。そのため企業側の要望を優先的に聞いてしまう傾向があるので、企業優先のサービスとなりがちです。

しかしビズリーチは求職者もお金を払うため、運営は求職者と企業のどちらも優先してサービス提供をしてくれますので、低い質の求人はほとんどありません

お金を払うからこそ、一生を左右する転職活動が後悔しないものになります。

有料会員の方が有利に転職できるものの、無料会員で転職活動ができないわけではありません。本格的に転職活動する際は有料会員へなればよいので、最初は無料会員として登録することをおすすめします。

ビズリーチの無料会員登録はこちら

 

「土日休みを取れる仕事へ転職できました」66歳男性Cさん

年収や職種など転職前と転職後の違い

転職前 転職後
年収 200~400万円 200万円未満(20~50万円ダウン)
職種 派遣会社のスタッフ管理 広告の審査業務

転職前の会社ではどのように働いていましたか?

中途で入社して、本社希望でしたが地元の支店に配属され社員3人の支社で働いていました。

業務に関しては派遣会社のスタッフ管理として企業からもらった仕事に対して、必要な人数や業務内容のヒアリングとスケジュールの設定、やり取りが完了した後に、スタッフ(スタッフは主に学生がメインでした)へ電話で連絡をして、仕事に入れるかの確認。仕事に入れる人に対して業務の割り振りや仕事に必要な備品の準備をしてスタッフの家へ発送業務を行っていました。

業務が終わった後は、スタッフに業務状況の確認や給料の支払い手続き業務、その他企業へのヒアリングを行って依頼の継続を行うか、同じスタッフを入れ込んだほうがいいかなど電話もしくは営業所に立ち寄って営業に似た業務も行っていました。

 

転職を考えたきっかけはなんでしたか?

時間が不安定であることと、業務量が多く残業時間が多くなってしまったことです。

時間が不安定だったことについては、例えば朝早く始まるイベントであった場合、スタッフの点呼のために大体2時間前には現場についていなくてはならず、また業務が長引いたりしたときは4時出社深夜に帰宅をする生活を行っていました。

イベントを多く取り扱っていた会社であったため、長いときは2週間くらいの間4時出社からの深夜帰宅を休みなしで行っていました。

また、スタッフが当日現場に来なかった場合欠員に対して埋め合わせをしなければならず、代わりのスタッフが見つからなかった場合、自分自身がスタッフとして業務に入らなくてはいけないため、スタッフと同等の業務をしつつ休憩時間に企業とのやり取りや代わりのスタッフの手配を行っていました。

もちろん、代わりに入ったからと言って手当や残業手当はつかず、残業時間が多くなると本社から通知が来るためタイムカードを早めに報告をしていました。

 

転職活動中はどのように活動されていましたか?

全国規模で求人を出していて、名前の効いたことのある転職サイトをメインに探していました

また、アドバイザーのサービスを取り扱っている企業を使って、自分に合った企業は何かを考えながら転職活動を行っていました。

しかし、大手の転職サイトを使ってみて思ったのはある程度転職サイトによって特色はあるものの、大多数の企業がどのサイトでも見たようなことのある企業でした

同じ企業が出てきているということは、常に募集をしている企業であり個人的に良いイメージを持っていなかったため大手の転職サイトから地元企業メインの転職サイトに切り替えました。

地元企業がメインの転職サイトはフォローなどは大手の転職サイトと比較すると若干見劣りする部分もありましたが、大手にはない求人が多くまた地方であったため東京から誘致できた企業の求人など大手では紹介していないような企業も多いため、地元中心の転職サイトをメインに転職活動を行いました

 

転職時に重視していたことは何でしたか?

一番重要視していたのは、休日についてです。

これまで、土日休みのカレンダー通りの休みがもらえる企業に勤めたことがなかったため、しっかりと休みがもらえるところをメインにして探していました。

また、休日に関連して有給がしっかりと取得できるところ

これについては、急遽休みが必要となった際にこれまで有給を取れたことがなかったため、しっかりと有給が付与され取得率が高いところをメインに探していました。

正直なところ、給料に関してはそこまでこだわっていませんでした。

もちろんある程度の給料は必要でしたが、もともと給料が低い会社にいたため、給料の高い企業は激務なのではないかというイメージが強く躊躇していた部分もありました。

なので、多少現在より給料が減ったとしても自分の時間を作れるという点を重点的に探していました。

 

転職した結果良かったことはなんですか?

土日休みをしっかりとれる企業へ転職できたことです。

給料としては、少し減ってしまいましたが自分の時間を作ることができ有意義に休日を使えるようになりました。

また、友人の誘いにこれまで仕事で断っていたことが多かったのですが、スケジュールの調整がしやすくなったため積極的に参加をすることができました

有給の取得に関しても、事前に申請をしていれば却下されることはなく今のところ有給が必要となった際にはしっかりと取得をすることができています。

業務時間も多少残業はあるものの深夜にまでかかることはほとんどなく、遅くまで残業をしていると早く帰るように指示が出て残業時間が45時間近くになると、上司のほうから退社時間の設定をされるため、残業時間が多くなるということがなくなりました。

業務に関しても、これまでの業務量と比較しても少なくもちろん繁忙期は忙しいですが、これまでの忙しさとは全然比較にならないためメンタルも保ったまま業務に向き合うことができています。

また、重視していたことではなかったのですが今務めている会社は東京から支社を設立した形となっていたため全員がオープニングメンバーとなり同じスタートであったため全員が同じ目標をもっており、とても働きやすい職場だったということです。

そして、今現在はリーダー職として今まで一番下っ端として働いていた自分ですが初めて部下ができ、とても充実した日々を送れています。

企業としても、大手の企業が出資をしている下請けの企業であるためとても安定していて、それもあってある程度福利厚生もしっかりしていて、有給や残業についてもしっかりと整地がされているのではないかと思います。

 

「希望していた成果主義の企業へ転職できました」66歳男性Yさん

年収や職種など転職前と転職後の違い

転職前 転職後
年収 200~400万円 200~400万円
職種 食品製造業営業職 販売職

転職前の会社ではどのように働いていましたか?

転職前の会社では、食品メーカーの営業職として働いていました。

主に取引先への商談や改装応援など社外で仕事をすることが多く、取引先のメーカーや同じカテゴリーの他メーカーの営業担当者との関係が深くプライベートで遊ぶ際も社内の人よりも社外で仕事を通じて知り合った人と過ごす時間が多い環境でした。

仕事はカレンダー通りの勤務体系でお盆休みや年末年始の休暇もあったので仕事とプライベートを両立することができました。

また、食品メーカーに勤務したことをきっかけにこれまで一切料理をしてこなかった私が、自社製品に対する理解を深める意味も含めて自炊をするようになりました。

入社してからできなかったことができるようになり、商談でも商品知識や市場分析ができるようになるにつれて説得力の増したトークができるようになりました。

 

転職を考えたきっかけはなんでしたか?

私が転職を考えたきっかけは、人事制度に疑問を感じたことでした。

あるとき担当を持たせてもらえるようになり前任の先輩から取引先を引き継ぎました。

とにかく先輩が築き上げてきバイヤーとの人間関係を崩さないように頼まれたことは最優先で取り組んでいました。

その姿勢が評価され自社製品が次々と導入されて行くようになり、1年が終わった頃には年間売り上げが前年の2.3倍にまで成績を伸ばすことができました。

販売実績を伸ばしたことに達成感を感じ、ボーナスアップに期待をしていたのですが結果は人事査定が並の評価となっており、ボーナスは前年と同じ金額でした。

流石に人事制度に疑問を持ったのでどうすれば評価が上がるのか?

会社はどこに評価の軸を置いているのか尋ねたところ、売上や導入アイテム増加も大事だけれど仕事の姿勢や周囲との協力関係をもっと重視している。と言われました。

営業部として実績よりも周囲との関係性や姿勢など具体的に評価の軸がない査定に疑問を持ち、一生懸命自社製品の提案をしてきたことがバカみたいに感じてしまいモチベーションが下がりました

頑張っても評価されずボーナスに反映されないことを知りこの会社で働くやりがいを失い、成果主義の企業が自分には向いていると思うようになり転職を意識し始めました。

 

転職活動中はどのように活動されていましたか?

転職活動中は、マイナビ転職やリクナビNEXTを利用していました。

転職サイトはネットを調べればたくさん出てくるのですが、主要どころの方が掲載企業も多く転職の幅が広がると思い始めからこの2社に絞って転職活動を行なっていました。

主な転職活動は、会員登録したマイナビとリクナビにweb履歴書を作成し気になる企業エントリーしたらすぐにweb履歴書を提出して一次選考をスタートしていました

一次選考を通過すると2次選考で面接を行い通過すると最終面接という流れでした。

履歴書を郵送して書類審査を行うと時間と費用がかかってしまうのでこのシステムはとても便利でよかった思いました。

また転職活動中はジャンルは絞らずに興味の湧いた企業にとにかくエントリーすることを心掛けていました。

理由は知名度や業種に先入観を持ってしまうと本当に自分に向いている企業を見逃しているかもしれないと思い、情報の何もない状態で先入観なく企業と向き合い次の職場を決めたいと思っていたのでこのようなスタイルで転職活動をおこないました。

ほかには、毎日転職活動をすると気持ちがすり減ってしまうため、本屋さんに行って面接対策本を読んで参考にしたり、話題の小説などを読むなど興味を持ったことには後悔しないように今できることや思いついたことには挑戦するようにしてリフレッシュをしてセルフコントールを行なっていました。

 

転職時に重視していたことは何でしたか?

転職時に重視していたことは成果主義の人事制度を採用している企業であることでした。

前職での成果主義ではなく年功序列のような昔ながらの人事制度ではなく頑張った分だけ評価され、給与に反映される方針を強く望んでいました。

また、前職では社内の人と深い関わりを気づくことができず、社外の人との関係を深めることが多くなってしまったので、仕事をよりスムーズに進めて行くためにも社内の人と関わりが多く社内イベントなどがもしあれば参加したいと思っていました。

そのほかにも給与日数は前職と同じく110日以上は確保したいと思っており、仕事だけでなくプライベートがあってこそ心も体にも余裕を持って仕事を行うことができると思っていたので休日体系にも重視していました。

シフト制で連休が取得しにくいとされている業界には事前に希望を伝えた上で希望に添えなければ妥協できない範囲に限りこちらからお断りをすることもありました。

給与面については、前職で300万円をいただいておりましたが、成果主義ということもありますが前職の300万円以上の金額を希望として持っており、達成するためにも自分の頑張り次第ということに魅力を感じていました。

 

転職した結果良かったことはなんですか?

転職した結果、無事に第一希望だった成果主義の人事制度を採用している企業に就職することができました

1年目でも結果次第では先輩社員よりも多くの給与を手にするチャンスがあることは働くことに夢を持つことができ頑張ろうというモチベーションアップにつなげることができ、本当に自分が成果主義の企業が合っていたんだと前職で働いたからこそ気づけた自分の仕事に対するスタイルを発見することができました。

また、転職しましたが再びカレンダー通りの仕事ではなくシフト制の業種となりましたが、帰って混み合わない平日に休みが取れることで遊びに行っても待ち時間もなくまた休日料金で食事などを楽しむことができることを知り、得をした気分になることができシフト制も悪くないなと考えを変えることができました。

転職したことでお給料も現在は変わらないときや結果によってはアップするときもあるので日々の営業や販売に対する意味街がお金に直結いていると思うと常にポジティブな気持ちで仕事に向き合うことができるようになり、転職をしてよかったと思いました

 

他の年齢の人におすすめの転職支援サービス

【66歳以下の人におすすめの転職支援サービス】

61歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
62歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
63歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
64歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
65歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び

【66歳以上の人におすすめの転職支援サービス】

67歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
68歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
69歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び
70歳の人におすすめ転職サイト3選!失敗しない転職サイト選び

-年齢

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 All Rights Reserved.