転職サイト

ファーストリテイリングへ転職したい人必見!口コミ・評判まとめ

投稿日:

「ファーストリテイリングに転職したいと思うけど、実際のところどうなの?」

「ファーストリテイリングで働いている人の口コミや評判を知りたい」

転職したい先の候補がいくつか決まっていても、本当に転職していいのか悩んでしまうものです。

そこで今回はファーストリテイリングがどういう企業なのかを口コミや評判と一緒にまとめてみました

ファーストリテイリングへ転職するのにおすすめの転職エージェントはこちら

 

目次

ファーストリテイリングの転職についての結論

ファーストリテイリングは転職先としてかなり人気の高い企業です。

第二新卒用の求人は少なく、3年以上の実務経験を求めている求人が多い傾向にあります。

求人数は多いものの、それなりのスキルを求められると考えた方が良いです。

ただユニクロやGUなど店舗勤務の求人もありますので、職種を選ばなければそれほどスキルを求められることはありません。

公式ホームページから求人に応募することも可能ですが、倍率が高いファーストリテイリングなので自分の力だけで転職するのは難しいです。

また公式ホームページにもない非公開の求人は転職エージェントが抱えていることが多いため、あなたに最適なファーストリテイリングの求人を見つけたいのであれば、転職エージェントを利用するようおすすめします。

ファーストリテイリングへ転職するのにおすすめの転職エージェントはこちら

 

ファーストリテイリングの企業情報

ファーストリテイリングの主力事業

  • 本当に良い服、今までにない新しい価値を持つ服を創造し、世界中のあらゆる人々に、良い服を着る喜び、幸せ、満足を提供します。
  • 独自の企業活動を通じて人々の暮らしの充実に貢献し、社会との調和ある発展を目指します。
    (公式サイトより引用)

服には着心地のいい服もあるし、着心地の悪い服もあります。逆にセンスがいい服もあるしセンスの悪い服もあります。

世代やいろんな人に向けていい服を作り出したり管理したりしているのがファーストリテイリングです。

 

ファーストリテイリングトップメッセージ

服を変え、常識を変え、世界を変えていく。
(公式サイトより引用)

服を変えたり作ることも難しいことでもありますが、もっと難しいのは服で世界を変えることです。

世界の流行りの服を作る、世界に向けて発展していくのは大変なことですが、それを実現するために働けるのがファーストリテイリングという企業です。

 

ファーストリテイリング社長{柳井正さん}の発言・エピソード

新しい産業を創る

上期の業績は、海外ユニクロ事業の飛躍により、大幅な増収増益を達成しました。2018年8月期通期では、グループの売上収益が2兆円の大台に初めて乗る見込みです。また、グローバルで拡大するユニクロ事業の収益性が改善傾向にあるため、営業利益も過去最高を更新する見込みです。
この好業績は、世界中の市場でユニクロがお客様から高く評価されていることによるものです。LifeWearという唯一のコンセプトを構築したユニクロは、高品質な生活の道具、人が個性をつくり出すための「部品」としての服を提供し続けています。高い品質や機能性、着心地の良さ、リーズナブルな価格、豊富なカラーやサイズを展開するユニクロの服は、世界中でファンを増やし続けています。グローバル化、デジタル化がめまぐるしいスピードで進む今、国・産業・企業という既存の枠組みを超えて、人・モノ・情報が自在に動き、企業は情報を軸に、グローバルで競争する時代になっています。こうした時代の変化のなかで、我々はどのような企業になるべきか、どうやって新しい次元の競争に勝ち残るのかということを真剣に考えました。我々は、情報を基軸とする新しい産業「情報製造小売業」になることを決心しました。
「情報製造小売業」になるために立ち上げたのが、有明プロジェクトです。有明プロジェクトを本格的に稼働させてから1年がたちます。会社のすべての仕組みを大きく変革すると同時に、全社員の働き方を根底から変えています。大きな成果の一つは、グローバルヘッドクォーターが常に世界中の各地域の本部や店舗と連携を取り、可視化された情報をベースに、一体化した組織として仕事をする体制ができたことです。まだ道半ばではありますが、有明プロジェクトの成果は確実に現れてきています。
2018年8月期の海外ユニクロ事業は、売上収益が国内ユニクロ事業を超え、営業利益は国内ユニクロ事業に迫る水準になる見込みです。グレーターチャイナ、韓国、東南アジア・オセアニアといったエリアの事業の拡大には目を見張るものがあり、米国では西海岸を中心に次の成長市場としての芽が育ちつつあります。ユニクロは、グレーターチャイナから、韓国、東南アジア・オセアニア、インド、米国西海岸までの環太平洋地域の経済発展とともに、これからもビジネスを拡大できるチャンスがあると思います。
我々はグローバルでの事業拡大とともに、サステナブル(持続可能)な世界の実現にも力を注いでいます。服を製造する過程で、工場の労働環境、人権尊重、環境保全に取り組むほか、全商品リサイクル活動、女性活躍、障がい者雇用などをさらに積極化させていきます。
「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」。我々のビジネスはお客様のためにあり、社会を豊かにするためにあるという目的を忘れず、より良い世界を実現するための努力をこれからも続けていきます。
(公式サイトより引用)

世界を変えていくのはお客さんだけではなく、働く人の障碍者や女性にも力を入れているのが分かります。

また世界に力を入れるのはお客さんだけではなく、全ての人が満足出来るように作り上げていく姿勢ができている企業です。

 

ファーストリテイリングの事業計画

〇私たちの価値観
・お客様の立場に立脚
・革新と挑戦
・個の尊重、会社と個人の成長
・正しさへのこだわり
〇私の行動規範
・お客様のために、あらゆる活動を行います
・卓越性を追求し、最高水準を目指します
・多様性を活かし、チームワークによって高い成果を上げます
・何事もスピーディに実行します
・現場・現物・現実に基づき、リアルなビジネス活動を行います
・高い倫理観を持った地球市民として行動します
(公式サイトより引用)

どこの会社でも新しいことを目指しますが、特にファーストリテイリングでは応対力、スピード、挑戦といった形で実現させることを目指していることが分かります。

またチームワークと書かれていることからチームワークや働く環境なども優れているのがファーストリテイリングの特徴です。

 

ファーストリテイリングの社内制度は?

【休暇が取りやすい企業】
産休や育児休暇はもちろんのこと、一年に一回リフレッシュ休暇という制度があり、休みを取ることができるだけではなく、その後、取得したことを報告することで、3万円の手当がもらえるなど、社員が休みを取ることを積極的に促しています。

これは、プライベートが充実していないと、仕事でも良い成果を上げられないという考えの下、作られている制度で、休みを許可する課長や係長クラスにもこの考えが浸透しています。

 

【住宅補助の厚さ】
仕事をする上で気になるのは、自分の住居のことですが、店舗勤務となると、自宅周辺の店舗に派遣されるとは限らず、普通なら賃貸などで住む場所の費用を自分で支払わなければなりません。

しかし、この会社では、店舗勤務の場合は家賃の約7割を会社が負担することで、社員の負担を最小限にしています

また、本部社員となると、住宅補助として10万支給されるので、安心して仕事に取り組める環境が整っています。

 

ファーストリテイリングではどんな社員が働いているの?

【女性が多い】
やはりアパレル関係の部門が多いので、服飾に興味のある女性が多く在籍しています。
ただ、男女平等の精神があるので、女性だからといって給与や昇進の面で不利になることはありません。
実際重要なポストについている女性も多く居ます。

【やる気のある人が多い】
店舗スタッフなどはアルバイトが多く、本部には正社員が多いのですが、どんなスタッフでも、自分の意見を聞いてもらう機会があり、やる気のあるスタッフなら昇進、昇格ということがよくある環境なので、やる気のある人が多いです。

 

従業員数、平均年齢、平均勤続年数

2018年現在
従業員数:44,424人
平均年齢:37.4歳

 

社員インタビュー

名前:半林亨さん
柳井氏は、倫理観も高く、たぐいまれな経営者でありますが、ファーストリテイリング(FR) にとって「My CompanyからYour Company へ」という課題は大変重要です。今後もステークホルダーに代わり、FRが健全な体制で成長を継続しているかどうかを厳しく評価していきます。FRがめざしている「世界No.1になる」という目標の実現のために、しっかりとフォローしていきたいと思っています。
(公式サイトより引用)

世界を目指すだけではなくトップに立つことを目指すことはかなり大変なことが分かります。
しかし負けない精神やフォローしたりするチームワークが整っていることを感じて少しずついい方向に進んでいるのは間違いありません。

 

名前:新宅正明さん
グループ化・グローバル化の次の成長シナリオである「情報製造小売業」へと動き出し、物流改革やIT改革などの新しい分野に確実な投資がされていると思います。こうした事業の変革期においては成長の原動力となる真の経営者の育成が重要であり、チャレンジ精神をもつ人材が着実に増えていると思います。取締役会というチームも、会社の進化を加速させる役割を担い、今後の成長に貢献していきたいと思います。
(公式サイトより引用)

どの人もチャレンジ精神に力を入れていることを感じました。
服はどんなのを好むかというのは時代や人とでも異なるしこれからもより大変です。
しかし折れない精神を持っていることがいいところですね。

 

名前:名和高司さん
グローバル企業となったファーストリテイリング(FR)にとって、事業の成長(事業的価値の向上)とともに不可欠なのは、社会的価値の向上です。FRが社会に対してどんな価値を提供できる存在なのかを、研き直す必要があると思います。FRがより大きな視点で社会課題に取り組むことで、新たな成長の芽が生まれる可能性もあります。社外取締役として、ESG(環境・社会・ガバナンス)の観点からも、客観的かつ適切な助言を行っていきます。
(公式サイトより引用)

確かに服を単なる作ったり管理するだけではなく、社会の価値というのも大切です。

お客さんがどういう服を求めているか、他にもお客さんがどういうニーズを求めているなどを視点に置いていることが分かります。

 

ファーストリテイリングの採用情報は?

ファーストリテイリングの採用職種は?

  • デザイナー・パタンナー
  • MD・VMD
  • 店舗運営・店舗支援
  • 生産・物流
  • IT
  • マーケティング・PR
  • 本部管理部門
  • 店舗開発
  • EC
  • アシスタント
  • 店舗運営スタッフ(地域正社員)

グローバルリーダー社員:世界に通用する実力を身につけグローバルで活躍したい人。全国勤務(海外の可能性あり)

店舗運営スタッフ(地域正社員):働く仲間とともに地域のお客様に貢献しながら長期的に活躍したい人。特定の地域に勤務。

 

ファーストリテイリングの平均年収は?

役職別の年収

平均年収:539万円

職種別平均年収

職種 平均年齢 平均年収
営業系
(営業、MR、営業企画 他)
27.3歳 450万
企画・事務・管理系
(経営企画、広報、人事、事務 他)
37.5歳 782万
販売・サービス系
(ファッション、フード、小売 他)
28.3歳 407万
専門サービス系
(医療、福祉、教育、ブライダル 他)
33.0歳 450万
クリエイティブ系
(WEB・ゲーム制作、プランナー 他)
28.0歳 650万
IT系エンジニア
(アプリ開発、ITコンサル 他)
31.0歳 950万
運輸・物流・設備系
(ドライバー、警備、清掃 他)
31.0歳 700万
その他
(公務員、団体職員 他)
33.0歳 650万

 

年齢別年収と月給及びボーナス予想

年代別平均年収と月給・ボーナス

年代 平均年収 推定ボーナス 最低年収 最高年収
20代 361万円 451,250円 300万円 400万円
30代 532万円 665,000円 427.5万円 612.5万円
40代 829万円 1,036,250円 576万円 1,075万円

目標シートを半期に1度作成してそれをもとに上司と面談し、目標達成についての評価やどのようなことをしてきたかの記入があります。

立場が上になってゆくと、達成すべき数字も出てくる体制です。

また、生産の場合は、納期を守る事や、不良品はない事、コストは原価率おさまっていることなどが必須となります。

ちなみに昇給は店舗勤務の方がシステムがしっかりしていて上がりやすいです。

昇給したい方は、店舗勤務から入って、昇給してから本部移動した方が年収は良いです。

 

ファーストリテイリングの労働環境

【きれいで清潔なオフィス】

本部では、オフィス全体が新しく、また清潔に保たれているので、いつでも気持ちよく仕事ができる環境が整っています

清掃も徹底されているので、気持ちが明るくなるようなオフィスです。

また、清掃担当の人に任せるのではなく、社員が率先して清潔にしようという気持ちがあり、気がついた人が綺麗にするというような精神を、みんなが自然と持っています。

 

【きちんと守られている労働時間】

長時間の残業などがないように、建物自体の設備で、18時になると電気が消えます。
そして最長でも20時にはゲートを出なければならないというルールがあります。

また人事の方からも現在の残業時間について教えてもらえたり、会社のホームページのトップのページにも自分の労働時間が出たりすることで、きちんと労働時間内で仕事をしようという気持ちになります

また、残業代についても、一分単位で支給されるので、安心して働くことができます。

 

ファーストリテイリングの中途採用メッセージ

GU:地域正社員。店舗というチームをまとめるリーダー。
ユニクロ:地域正社員。ユニクロの個店経営を支える主役。

GUで求めているのはリーダーになって取りまとめていく人を求めています。
人に言われたりただ作業するだけではなく、これからどうやっていくか世界をどう変えていくか考えていける人材を求めています。
つまりリーダーシップや自分の考えをしっかり持ちながらチャレンジ精神がある人を求めています。

ユニクロも同じでリーダシップが出来る人材を求めています
ただ働くだけではないし、もっと先を見ている人が好ましいです。
さらにユニクロではユニクロの経営をしっかりしてくれてリーダーとして支えてくれる人を望みます。
サービス精神や人との対話、服のことはもちろんさらにその上を目指した考えをしている人はなお良いです。

もちろんこれから皆が安心して働ける世界を考えながら服のことも考えていきます。全てのことを取りまとめて上手くやり、海外にも行ける健康を持っている人を望みます。

ただ働くだけではなくユニクロやGUで先のことを考えて働ける人を望み、これから先に力を入れていける人が良いです。

中途採用でも採用を募集していますが、根気やチャレンジ精神をしっかり持っていないと大変なこととなります。ときには人の意見も聞き入れ自分としての意見も持ちながら上手くやっていける人が向いていると言えるでしょう。

 

ファーストリテイリングに転職したいのであれば、まずはリクルートエージェントへ登録しておくことをおすすめします。

リクルートエージェントは約10万件もの案件を扱っており、幅広い職種の求人を扱っており、ファーストリテイリングの求人が多いです。

またリクルートエージェントは約80%が非公開案件なので、実際にアドバイザーへ相談することで、他の人が応募できないような好条件でファーストリテイリングへの転職活動ができます

またリクルートエージェントでは年収交渉もアドバイザーの方がしてくれるので、待遇への心配はほとんどありません。

履歴書や職務経歴書などもファーストリテイリングに特化した内容になるよう添削してくれるので、自分一人で転職活動するよりも転職成功率が高くなるのは間違いないです。

無料で相談できますし、遠方に住んでいる方であれば電話相談もできます。

相談申し込みから転職成功までお金がかかることは一切ありません。まずは無料相談の申し込みをしてみるようおすすめします。

ファーストリテイリングに転職したい人におすすめの転職エージェントはこちら

 

ファーストリテイリングの中途採用試験の難易度は?

大学卒業等の学歴はそこまで重視はされていませんが、男性の方より、女性の方が若干優遇されているように見受けられます。

採用人数は例年、数百名とかなり多い為、中途採用としては、難易度が高いと思われます。

応募者数に応じて学歴が重視されることはありますので注意が必要です。

 

ファーストリテイリングの採用試験のフローは?

採用はホームページより、そこでエントリ—シートを記載、その後、セミナーへ行きグループディスカッションがあります。

そこから面接ですが、人により回数が異なるので2〜4回ぐらいはあると見た方が良いでしょう。

 

ファーストリテイリングが求める人物像は?

大きく分けて5項目あります。

  1. 成長志向
  2. チームワーク
  3. 共感
  4. 主体性リーダーシップ
  5. サービス精神

店舗の代行者として、店舗を盛り上げていきユニクロの経営理念に共感ができて提案行動をしてサービス精神が感じられる人。

 

ファーストリテイリングの面接では何をアピールすればいいの?

将来のビジョンを中心に質問されるので、ファーストリテイリングに入社したあと、どのようなことをしていきたいか、進めていきたいか、自分自身は今後どのようになっていきたいかの自己アピールがあったほうが望ましい。

 

ファーストリテイリングの倍率は高い?

倍率は非常に高いです。ユニクロとしての知名度が高いからでしょう。

また高校卒業からでも入社することができる為、採用幅が広く、学歴だけでない人材を求めているのは明白です。

面接も集団の場合で終わらせる場合と個人面接の場合があり、応募人数に応じて分けることもあります。

 

ファーストリテイリングは学歴が関係する?

学歴はそこまで重視していないので、入社後、将来展望がどこまであるか、自分自身の熱意を面接者へ伝えられるかが大きいです。

応募者内で学歴が高いから優遇されるていたり、入社がしやすくなったりするなどのケースはほとんどないです。

 

ファーストリテイリングは英語を喋れる必要がある?

選考の際に話せるかどうかの基準はありませんが、キャリアアップの為に必要になってきます。

国際化が進む中で海外とやりとりが増えていく為、自分自身の武器として習得しておくことをすすめます。

入社後に提携期間で、習得する機会もあるので、絶対必須ということはありません。

 

ファーストリテイリングは実務経験が必要?

IT関連など職種によっては必要になっているところもありますが、ユニクロの実店舗で働く場合であれば必須ではありません。

実務経験が必要になってくるのは、開発・企画立案・デザイン・製作施工管理などが挙げられるでしょう。

 

ちなみにリクルートエージェントで頼めば、面倒な採用試験の申込を無料でやってくれますし、面接対策もしてくれるので、一般で申し込むよりはエージェントを頼った方が良いです。

ファーストリテイリングは倍率も高いので、他の人より入念に対策する必要があります。

リクルートエージェントはその面、これまで多くの転職成功実績がありますので、任せておけば自力でやるより転職成功への可能性が高まるのは間違いありません

リクルートエージェントの無料申し込みはこちら

 

ファーストリテイリングの求人情報

ここでは転職エージェントで検索をかけた結果、募集されている求人情報を一部載せています。

ただリクルートエージェントであれば8割は非公開求人なので、ここで紹介しているのは2割のほんの一部です。

エージェントへ実際に登録すれば、もっと多くの求人が出てくる可能性は高いので、まずは無料で相談してみるのをおすすめします。

リクルートエージェントでファーストリテイリングの非公開求人を知りたい方はこちら

 

ファーストリテイリングで「運輸・物流・設備系」の求人情報

ファーストリテイリングは物流関連の求人も募集しています。

想定年収は580万円~1,500万円で実務経験を求められている求人が多いです。

実務経験によって年収も左右されるので、実際に面接で話を聞いてみる必要があるでしょう。

フレックスタイム制を採用しているので、業務さえしっかりこなせば自由に働ける環境です。

配送領域や倉庫領域など、同じ物流関連でも様々な業務内容がありますので、転職エージェントを使って詳しく話を聞いてみるとよいでしょう。

 

ファーストリテイリングで「IT系エンジニア」の求人情報

ファーストリテイリングではIT系の求人が非常に多いです。

社内SEとしての勤務が多く、様々な業務内容で募集されています。

想定年収も幅広く600万円~1,500万円です。

SEとしての求人も経験者を募っていることが多いため、どれだけ業務をこなせるかで年収が変わってくると言えるでしょう

 

ファーストリテイリングで「クリエイティブ系」の求人情報

ファーストリテイリングはクリエイティブ系の求人も募集しています

WEBコンテンツ企画開発の職種では大卒・高専レベルの人材を募集しており、年間休日は120日です。

フレックスタイム制を採用しているため、しっかり業務さえこなせば自由の多い仕事と言えます。

公開している求人はこれだけですが、非公開求人もあわせれば、他にもクリエイティブ系の求人が見つかる可能性は高いです。

 

ファーストリテイリングの第二新卒募集状況

第2新卒の募集は応募資格に何らかの実務経験3年以上という項目があり、多くはありません。

ファーストリテイリングはそれなりに実務経験を持った人しか中途採用しないとも言えます。

 

ファーストリテイリングの口コミまとめ

ファーストリテイリングの給与・福利厚生・待遇に関する口コミ

育休や有給は取りやすいと思います。子供の風邪で急に休んでもあまり支障はでないように人事をくんであると思います。(カイシャの評判より引用)

残業は1分単位で出る為、サービス残業などの心配はなく働けば働いただけ給料に反映される為働き甲斐があった。また業務を評価も点数制のため評価内容が分かりやすかった。(カイシャの評判より引用)

昇給は店舗勤務の人の方が、システムがしっかりしていて上がりやすいと思います。本部勤務は、昇給条件が曖昧というか、全然わかりませんでした。ただし他のアパレル企業に比べると全体的に年収は良いと感じていました。(カイシャの評判より引用)

給与や福利厚生は不満よりも満足している人が多いです。

休暇はもちろん、残業に対する会社の姿勢や昇級に関してもしっかりしています。

ブラック企業が多いと言われる世間と比べると、非常に好待遇です。

 

ファーストリテイリングの仕事のやりがい・成長に関する口コミ

覚えることがたくさんありますが、ルールなどはしっかりしているため、やりがいはあります。厳しくもある。

女性でも完全実力主義のため、実績、成果を出せば認めてもらえる会社だと思う。特に男だから昇格が早いとは感じなかった。

有休休暇の消化に積極的なのでこれはすごく良かった。仕事の励みにもなる。やりがいは以前来られたお客様が自社の製品を着て来店されるとやりがいを感じる。

女性だからといって昇級しにくい会社と違って、ファーストリテイリングは実力主義な面が強いです。

ただ覚える仕事量が多いものの、休暇はしっかりとっていたり、給与に反映されたりすることから、ファーストリテイリングの仕事にやりがいを感じている人はたくさんいます

 

ファーストリテイリングの人間関係・社員の雰囲気に関する口コミ

上司に理解がありません。女性は使いづらいと話す上司が多いです。復職後すぐ辞めそうとか、こちらからやめてくれと言えない等、特に男性上司がそのように話すことが多々あります。(カイシャの評判より引用)

体育会気質がかなり強く、新入社員にも会社のそういった風土に馴染むよう圧力がすごく強い。(カイシャの評判より引用)

人手が足りず常に忙しいためとても雰囲気が悪いです。八つ当たりのような仕打ちも何度か経験しました。(カイシャの評判より引用)

給与ややりがいに関しては満足な意見が多いものの、人間関係で不満のある人は多いようです。

実力主義な一面があるため、体育会気質がある職場もあったり、人手が足りないところでは忙しさからストレスがたまることもあったりします。

ただこういった不満は店舗勤務の人が多い傾向にあり、店舗勤務だとアルバイターさんも多いです。なかなか人員確保できないところはこういった人間関係の悪化が目立つとも言えます。

 

ファーストリテイリングのその他に関する口コミ

ファッションで世界の人たちを元気にするという所はまさに感じる。トレンドファッションを安く買えてハッピーな気持ちになれる、そんなお店に、数年前よりも確実に近づいていると思う。(カイシャの評判より引用)

お客様を第一に考えるという所で、接客業として一番大事な部分なのですごく良いと思う。自分がお客様の立場に立った時にそうしてくれたら嬉しいだろうな、と思うことを常に考えられるようになる。(カイシャの評判より引用)

物流、在庫管理、広告。生半可な気持ちで流行っていない。どのように社会に貢献するか真面目に考えている。(カイシャの評判より引用)

ファーストリテイリングの他の口コミをまとめてみましたが、大企業で倍率が高いのも納得です。

社員の多くに当事者意識があり、社会に貢献したい気持ちで働ています。

ただ坦々と事務作業をこなすというよりは、やりがいを持って仕事したい人向けの企業と言えるでしょう。

 

ファーストリテイリングに興味がある人におすすめな企業は?

株式会社ワールドストアパートナーズ

兵庫県に本社を置くアパレルの会社です。
この会社は、ワールドというアパレルメーカーの連結子会社で、ワールド直営店の衣服や雑貨など多岐にわたって、販売を行っていて、100以上ものブランド数を持っています。
また、日本全国で2,400店舗以上を展開しています。

 

株式会社ファイブフォックス

東京都に本社を置くアパレルの会社です。
コムサ・デ・モードというブランドで有名なアパレルメーカーです。
近年では、コムサイズムという低価格化を打ち出したブランドも展開しています。

 

ファーストリテイリングへの転職を成功させるためには?

ファーストリテイリングへの転職は倍率も高く、難しいです。

公式ホームページから求人情報を探して応募することもできますが、転職エージェントを使って応募した方が、良い条件の求人があるのはもちろん、転職成功率も高められます

転職エージェントを使った方が良い理由を具体的にまとめてみましたので、参考にしてみてください。

 

ファーストリテイリングの非公開求人情報を貰える

ファーストリテイリングでは公式ホームページでも求人情報をチェックできますが、ファーストリテイリングの全求人とは限りません。

というのも何十人と採用口のある求人は公開求人として公式ホームページや転職サイトで掲載しますが、たった一人二人の採用が欲しい求人に関しては非公開求人として転職エージェントに集まりやすいです。

特にマネジメント経験を要する管理職タイプの求人や高いスキルを持った人向けの求人が非公開となっているため、高収入ややりがいを仕事で見つけたい人は転職エージェントで転職活動した方が良いでしょう。

好条件の求人というのはほとんど公開されません。
公開すれば応募が殺到し、面接が大変なことは企業側も分かっているためです。
しかし転職エージェントで非公開求人として出せば、エージェント側がマッチしている人材を選んで紹介するため、大事な求人を転職エージェントに預けるのは当然と言えるでしょう。

 

ファーストリテイリングに特化した対策(職務経歴書・面接など)が可能

転職エージェントではほとんどのところが、履歴書や職務経歴書の作成、面接などの面倒も見てくれます。

一般的なセミナーと違って、あなたとマンツーマンで職務経歴書を書いたり、面接対策をしてくれますので、ファーストリテイリングに特化した対策をしてくれるのも転職エージェントの強みです。

万人受けする書類づくりや面接対策ではなく、ファーストリテイリングが求める人物像に合わせて作りますので、転職エージェントを利用することでファーストリテイリングへの転職成功率は間違いなく上がります。

本来なら受けらないと思ったような求人でも、転職エージェントの特化対策で転職成功するケースも珍しくありませんので、少しでも好条件で転職したいのであれば、転職エージェントの利用は欠かせません。

 

ファーストリテイリングの年収アップなど待遇の交渉もお願いできる

転職成功するまでの面倒を見るだけではなく、転職後のことも考えてあなたを支援してくれるのも転職エージェントの魅力です。

例えば転職するうえで自分からは言い出しにくい年収アップや福利厚生に関する交渉をエージェントがすべて引き受けてくれます

実際に提示された求人情報よりも好条件で転職できることも多いです。

自分で年収アップの交渉ができるほど自信があるのであれば必要ありませんが、万が一失礼なことを言って転職内定が取り消しされてしまわないかと不安にもなります。

転職エージェントを利用すれば非公開求人だけでなく、こういった年収交渉もしてくれるぶん、好条件で転職できる可能性が高まるのは間違いありません

 

ファーストリテイリングの転職時に必ず登録するべき転職エージェント

「転職エージェントを使った方がいいのは分かったけどファーストリテイリングに転職するならどこを使えばいいの?」

転職エージェントの数は多く、いったいどこの転職エージェントを使えばいいのか、悩んでしまうものです。

そこで今回はファーストリテイリングへ転職したい人向けにおすすめの転職エージェントをいくつかまとめてみました

 

業界No.1のリクルートエージェント

転職エージェント界の中でも最大手と言われるのがリクルートエージェントです。

求人数や転職成功実績はピカイチの転職エージェントなので、エージェント選びに迷ったらリクルートエージェントを使っておけば間違いありません。

求人数は10万件を超えており、そのうちの8割は非公開求人ですので、ファーストリテイリングの非公開求人も探しやすいです。

また最大手なだけあって、様々な職種を取り扱っている分、あなたの希望する求人が見つかる可能性も高いと言えます。

そもそも求人の数が多くないと、登録してもあなたが転職したいと思える求人に出会えません。

ファーストリテイリングに転職するなら、まずはリクルートエージェントへ登録して、どんな求人があるのか無料相談して聞いてみるのをおすすめします。

リクルートエージェントはこれまで多くの転職成功者を見てきているため、どういう職務経歴書を作ればよいのかやどういう面接対策をしておけばいよいのかなど、ファーストリテイリングに特化した対策もとれる転職エージェントです。

リクルートエージェントは最初の相談から転職成功まで、すべて無料でサポートしてもらえますので、まずは無料で申し込んでみましょう。

リクルートエージェントの無料登録はこちら

 

転職サポートが評判のDODA

DODAはリクルートエージェントと同じくらい高いレベルの転職支援サービスです。

リクルートエージェントと同じように求人数は10万件を超えており、DODAにしかない求人もあります。
もちろんリクルートエージェントにしかない求人もありますので、リクルートエージェントとDODAを合わせて利用して納得のいく求人を出してくれた方に力を入れて転職活動するのが良いでしょう。

DODAはアンケートで転職者満足度No.1を記録していることもあり、サポートも充実しています。

またDODAは転職エージェントとしてだけでなく、自分で求人を見て応募ができる転職サイトとして利用することもできるハイブリッド型です。

「まずはエージェントの力を借りずに自分の力でゆっくり転職活動したい」というかたはDODAから始めるのをおすすめします。

自分の好きなタイミングでエージェントサービスを利用できますので、徐々に転職活動へ力を入れていきたいならDODAほどおすすめできる転職支援サービスは他にありません。

DODAへの無料登録はこちら

 

転職サポート実績の高いパソナキャリア

パソナキャリアはリクルートエージェントやDODAに比べると、求人数が少ないものの、サポートの質が高いことで定評のある転職エージェントです。

リクルートエージェントやDODAは大規模なエージェントであるぶん、アドバイザーの引きが悪いとそっけない対応をされることもあります。

しかしパソナキャリアは中小エージェントであるものの、その分社内教育が徹底しており、親身にサポートしてくれると評判です。

求人数が少ないので、あなたにベストな求人は見つけにくいかもしれませんが
「初めての転職活動で不安しかない」
「サポートを丁寧位してくれるところがいい」
と言った方にはパソナキャリアをおすすめします。

パソナキャリアの求人数が少ないのであれば、大手のリクルートエージェントやDODAにも登録して求人を探せばよいので、問題はないです。

例えばリクルートエージェントとパソナキャリアを登録して、求人探しはリクルートエージェント、細かいサポートを受けるのはパソナキャリア、という風に使い分けて転職活動すれば、初めての転職でも安心です。

パソナキャリアの無料申し込みはこちら

 

転職エージェントを使いこなすポイント

転職エージェントはアドバイザーに任せておけば何とかなる部分も多いですが、こちらがしっかり使い方を把握しておけば、スムーズに転職活動できます。

  • 1週間に1回は連絡を入れる
  • 最初に意欲を伝える
  • 担当が合わなければ変更をお願いする
  • 経歴やスキルに嘘をつかない
  • 推薦文は確認する
  • 同じ案件に複数のエージェントから応募しない
  • 内定が出たら別の転職エージェントに相談する
  • 丁寧にマナーを守る

転職エージェントを使いこなすためには、主に8つのポイントに注意しておけば大丈夫です。

転職活動で職務経歴書や面接など難しいところはエージェントに任せてよいのですが、任せるということはエージェント側がどのように動いてくれるかであなたの転職結果は決まります。

エージェント側も仕事なので当たり前なのですが、アドバイザーもあなたと同じ人間です。

こちらが簡単なことをするだけで、あちら側のやる気も変わってきますので、転職エージェントの力を引き出すために大事な8つの簡単ポイントを押さえておきましょう。

 

1週間に1回は連絡を入れる

転職エージェントは一度任せてしまえばと、とんとん拍子で転職が決まりますので、ついつい任せがちになってしまいます。

ただ「全面的に任せる」という雰囲気を出さないように、こちらからも1週間に1回は連絡を入れるようにしましょう。

アドバイザーとは密に連絡を取っていた方が良いです。

アドバイザーの方も連絡をもらえると、あなたの熱意を感じて一生懸命仕事してくれます。

また頻繁にコミュニケーションをとった方があなたの経験や希望を把握しやすくなるので、転職活動にも生きてくるのは間違いありません。

週に1回は連絡を入れるようにしましょう。

 

最初に意欲を伝える

最初の無料相談のときには転職したい意思をしっかり伝えましょう。

転職エージェント側からすると、企業へ転職成功した際に会社へ売り上げとしてお金が入るので、転職意思の固い人から優先的に力を入れてくれます。

転職意思の弱い人をいい加減に扱うわけではありませんが、優先的にサポートしてくれるので転職成功までの期間も短くなるのは間違いありません。

アドバイザー側も転職意思の強い人の方がやる気も出ますので、転職に対して積極的な姿勢を伝えていきましょう。

分からないことはすぐに相談すれば、アドバイザー側も「意欲がある」と感じ取ってくれます。

 

担当が合わなければ変更をお願いする

転職エージェントはアドバイザーとのコミュニケーションが肝心です。

しかし人間対人間なので、どうしても合う合わないが出てきてしまいます。

もしアドバイザーに不信感があるのであれば、すぐに担当アドバイザーの変更をお願いしましょう。

うまくコミュニケーションが取れないまま転職活動を続けるのは、希望に合う転職ができない原因にもなりえますので、無理して付き合う必要はありません。

転職エージェント側も担当の変更は珍しいことじゃないので、快く引き受けてくれます。

 

経歴やスキルに嘘をつかない

「できるだけいい条件のところに転職したい」と考えて、まれに経歴やスキルにうそをつく人もいますが、うそをついたところで転職活動はうまくいきませんので、経歴やスキルに関して嘘はつかないようにしましょう。

アドバイザーはあなたの力量を見て、あなたに最適な求人を紹介してくれます。

もし経歴やスキルで嘘をついていれば、面接でうまくいかないことがあるのはもちろん、転職成功しても転職先でうまく仕事ができなくて辞めてしまうケースも珍しくありません。

経歴やスキルに嘘をついても、いい方向へ転ぶことはほとんどありませんし、途中でアドバイザーに嘘がバレた時点であなたに対する不信感は大きくなります。

不信感があれば、エージェントのサポートを受けられなくなる可能性もあるので、アドバイザーとの信頼感を大切にして嘘はつかないようにしましょう。

 

推薦文は確認する

転職エージェントを利用した場合、選考を受けるにあたって、推薦状を企業へ提出します。

この推薦状は転職エージェントが書くため、転職者であるあなたはノータッチなのですが、念のため企業へ提出する前に確認しておきましょう。

推薦状にはあなたの人物像や転職理由、経験やスキル、推薦する理由などが書いてあるのですが、その中に誤って虚偽の情報が書いてあった場合、後で苦労します。

企業側としても欲しかったスキルを持っていると思って採用したのに、それが虚偽だったとなれば、あなたへの心象が下がってしまう可能性も否めません

よっぽどのことがない限りは推薦文に誤りがあることはありませんが、念のため転職エージェント側に推薦文の確認をしても良いか提案しておくことをおすすめします。

封がしてあるので、勝手に読んではいけませんが、お願いすればだいたいどんな内容が書いてあるのか教えてくれます。

 

同じ案件に複数のエージェントから応募しない

転職エージェントを利用する人は基本的に複数のエージェントを利用していますが、複数のエージェントから同じ案件に応募することはないようにしましょう。

重複応募してしまうと、必ず企業側からお叱りのメールを受けてしまいます。

複数のエージェントから応募したことは企業側にもちろん知られてしまうので、あなたへの心象が悪くなってしまうことは間違いありません。

転職エージェントはほとんどの作業を担当のアドバイザーがしてくれるため、どのエージェントでどの案件に応募したのか把握漏れしてしまうこともあります。

重複応募すると転職できるものもできなくなってしまう可能性がありますので、自分がどの案件をどのエージェントの推薦で受けるのかはしっかり把握しておきましょう。

 

内定が出たら別の転職エージェントに相談する

転職エージェントのアドバイザーによっては、内定が出たとたん、その内定先に転職するよう薦めてくることがあります

転職エージェント側からすると、そのまま転職してくれたほうが1つの案件を片付けられるために都合が良いからです。

もしその転職先があなたの希望にマッチしているのであれば、そのまま転職しても良いでしょう。しかし本当に転職すべきか迷ってしまう場合は、別のエージェントに相談してみるのがおすすめです

内定が出たエージェントに相談して教えてくれなくても、他のエージェントであれば、その内定先があなたに本当に合っているのかどうか教えてくれます。

転職エージェントを複数利用するメリットは求人数やサポート力をカバーするためだけではなく、こういった使い方もありますので、エージェントのサポートは内定後も積極的に使っていきましょう。

 

丁寧にマナーを守る

転職エージェントは無料で利用できるため、たまに勘違いして上から目線で転職先を斡旋してもらおうという人もいますが、アドバイザーの方も一人の人間です。

丁寧に最低限のマナーは守るようにしましょう。

確かにエージェントはあなたがどんな態度でも転職支援してくれるかもしれませんが、アドバイザーのあなたに対する心象によってサポートの手厚さに違いが出てきます

人によってサポートの手厚さが変わるのは仕事としてよくない、という意見もあると思いますが、アドバイザーも人間なので、モチベーションで仕事ぶりが変わってしまうのは仕方ありません。

転職は今後の人生を大きく変える可能性のある一大イベントです。

あなたの転職活動がうまくいくかどうかは転職エージェントとのコミュニケーションによるところが大きくなりますので、丁寧にマナーを守って納得のいく転職を決めましょう。

 

まずは無料で転職エージェントに登録

ファーストリテイリングは自力で転職活動するよりも転職エージェントを活用した方が、絶対に転職成功率は高まります

今回紹介した転職エージェントは完全無料で利用できますし、使わないデメリットはあっても、エージェントを使うデメリットはありません。

確かにアドバイザーとの合う合わないは出てくるかもしれませんが、相談時に信用できるアドバイザーかどうかを見ることができますので、ファーストリテイリングへ転職活動を始めるのであれば、まずは転職エージェントへ無料登録しておくようおすすめします。

特にリクルートエージェントは求人数が多く、サポートも手厚いです。

遠方の方であれば電話相談も受け付けていますので、まずはリクルートエージェントのアドバイザーと無料相談してみてから、今後の転職活動について考えるようにしましょう。

リクルートエージェントの無料登録はこちら

この記事が気に入ったらフォローしよう

-転職サイト

Copyright© 転職サイトFolk(フォーク) , 2018 All Rights Reserved.